未探検の洞窟やたくさんのムーシュルームに後ろ髪惹かれつつ
愛馬を迎えに行って帰宅することにいたします。

あ、その前にネザーゲートだけでも作っておかねばなりませんね。

牛専用
牛専用

ムーシュルームを連れて入りやすいように少し幅広にしました。
このあたりをムーシュルームがうろうろしていたので
小麦でホイホイすればきっとスムーズに入ってくれることでしょう。

一応ゲートをくぐったら溶岩の海の上だったなんてことがないように
確認のために中に入ってみましたが
かなりラッキーなことに倉庫拠点と高さが一緒でした。

しかもちゃんと足場があります。
ネザー経由でも900マスちょい離れてますので
かなーり遠いですし空中に足場を作っていくのもかなり大変です。

ここはもちろん自分に甘いNanoでございます。
足場だけはクリエイティブで作ることにいたします。

鉄道にするかはまだ悩み中ですが
安全のためにガラスで囲うのは決定事項です。
こちらはサバイバルで頑張ろうと思います。
砂もいっぱいあることですしね!

さて。
場所も確認できましたので帰路につきます。
ムーシュルーム拠点の裏口から出て海を眺めるとちょうど帰り方向です。

すっかり忘れてた氷渡り
すっかり忘れてた氷渡り

ここでようやく思い出しました。
Nanoは氷渡りを持っていたのです!
何故今まで気が付かなかったんだ…(´;ω;`)

氷渡りを使ってみるのも初めてでございまして
おー…凍る…歩ける…ほぉー…
と立ち止まってキョロキョロしていたら沈みました(;´∀`)

氷渡りって水に接した時に凍ってわりとすぐ溶けるんですね。
ずっと立っていられるわけじゃなかったんですね。
知りませんでした。

しかしこれは本当に便利!

すんなり愛馬の待つ海岸へ辿り着き
陸地は愛馬で木の上を駆け
川はリードで馬を引っ張りながら氷渡り効果ですいすいと…
驚きの速さで帰ってこれました。

とはいえ、7キロオーバーの距離ですから…
そんなにすぐにってわけではないんですけどね。

雪山の不審物
雪山の不審物

道中の雪山で不思議なものを発見しました。
ベッドにかまどにカーペット?
こんなところに来た覚えはないけど?

よく見るとベッドは1マスです。
これはなんだろう…。

帰宅したから調べてみたところ
これはイグルーというレアな建造物だそうで
カーペットの下には隠し扉があって地下室があるそうです。

そして村人と村人ゾンビが閉じ込められていて
金のリンゴと弱化のポーションとか醸造台とかなんとかかんとか…
が揃っているとか。

つまり、村人ゾンビをここで治療して
ここに村を作れちゃうよってことなんですね。

雪山の…というか…氷ばっかりの山の…
何一つ豊かじゃない土地に村!

いやぁ…ちょっと大変そうですが
今度余裕ができたら挑戦したみたいです。
もう一度探せるかは分かりませんが…。

わりと倉庫拠点の近くでしたから
彷徨ってればまた見つけられる気がします。
1マスのベッド…すごくお持ち帰りしたいです

そんなわけで長旅も終了でございます。
俊足の白馬、ポドゾル、菌糸、ムーシュルーム島…
大変実りの多い旅でございました(*^^*)

やることも盛大に増えちゃったなw