正面玄関

ムーシュルーム拠点を作る

夢の島ムーシュルーム島をさらっと散策いたしまして
まずは拠点を作ろうと思います。
拠点。つまり家です。

どんな家にしようかなぁ…
どんな家にしようかなぁ…

整地して平らになったところに家を建てる。
入り口は島を向いてる方と、帰り方向の海側の2ヶ所。
あとは適当に!
という相変わらずのノープランでございます。
なんとかなるさ。
それがイッツマイスタイル。

適当な大きさに土台を作って
照明はジャック・オ・ランタンを床に埋め込んで
在庫過剰なダークオークの木材を多めに使って…
うーん…
MOBが湧かないってことは変なところに影ができちゃっても
実は乗れちゃうんだよねっていうブロックがあっても
問題なし!ってことですよね。
なんてすてき☆彡

正面玄関
正面玄関

いつもどおりの無計画にほんのり自由度がプラスされた拠点ができました。
湧き潰しがいらないと申しましても暗いのは見た目的によくありません。
というか、遠くから見た時に自宅が分かりやすい方がいいです。
なのでわりと照明は使っております。

屋根は低めにいたしましたが、小さな屋根裏部屋?を設置。
ジャック・オ・ランタンが顔を覗かせているあたりでもう屋根裏部屋じゃありません。
窓辺の葉っぱや花壇のボタンなんかは
ここへ来るまでの間にたまたま拾っていたものが利用できました。
なんでもとってみるものですね(*^^*)

裏口
裏口

正面玄関と何が違うのかというか、普通にこれ玄関だよねっていう裏口でございます。
海を渡って帰るときはこちらから出てまっすぐです。
裏口にはオブジェ化された松明を置いてみました。
…基本的に玄関と作り一緒なんですよね。
全然裏口っぽくない…。
まぁ、細かいことは気にしてはいけません。

家の裏
家の裏

こちらがホントの家の裏でございます。
屋内の壁に地図を設置するために窓を作りませんでした。
なので溢れ出るのっぺり感をどうしようかと…
頭を悩ませた結果、出窓っぽくしちゃえ!となりました。

オブジェ化された松明は定番として
中央にハーフブロックとフェンスででっぱりを。
その中には葉っぱブロックとジャック・オ・ランタン。
出窓っぽくと言っても裏が見えてしまってはただの壁ですからね…。
ちょっとした遊び心のある目隠しです。
両脇にはトラップドアで飾りを。
なんとなく閉められそうで閉められなそうな出窓の完成です。

え?出窓が閉められるわけないだろって?
細かいことを気にしてはいけません。
センスのないNanoにしては結構頑張ったのです。
わりとお気に入りなのです。

横

こちらが裏口の裏になる家の横です。
あれ…なんかすっごいわかりにくい表現なような…。
こちらは空きスペースが中途半端で悩んだんですよね。
窓の横が中途半端に空いてしまうという。
で、なんとなく飾りました☆彡
まったく無意味なトラップドアとボタンです。
なんの飾りだかさっぱりわかりませんが
のっぺり感は解消されたかと…。

あちこちに花や緑やジャック・オ・ランタンを多用しているのは
このムーシュルーム島にはないものだからです。
ちなみに土ブロックをトラップドアで目隠しした花壇ですが
近くの土が菌糸になっていると伝播して花壇も菌糸になってしまいます。
すると植えてあった花がブロック化してしまいます。
なので
花壇の周りはちゃんと掘って石レンガと入れ替えました。

内装
内装

特別家具とかいうものもなく…
ごく普通の倉庫というか事務所と言うか作業所と言うか………
でございます。
地下に洞窟がありましたし
探検してれば鉄くらい見つけられるかも…
松明もいるしそれなりに即席で何か作るかもだし…
そうそう、修理もするかもだし…
一度に運べない荷物はチェストに入れておきたいし…
あ、これだけの距離が離れてるとエンダーチェストは必須ですね。

というわけで
かまど、作業台、金床、ラージチェスト2、エンダーチェスト、ベッド
というなんとなく必要そうなものを設置しておきました。

で、このために窓のない壁を作ったんでしたね。
壁一面の地図でございます。
最大まで拡張した地図を使っております。
Nanoの行動範囲が広すぎるのです…。
最大じゃないと役に立たないのです…。
改めてすごいワールド引き当てちゃったなと思った瞬間でございます。

一番左上の赤い島が現在地です。
右から3番目の下のマップが倉庫拠点と砂漠の村と草原の村があります。
あんなに遠い村が同じ地図とかw
右端の緑がネコを捕まえに行ったジャングルです。
えー…つまり…
Nanoの現時点での行動範囲は…
大まかに14,000マスくらいってことですね☆彡

………マジか( ゚д゚)ポカーン

どれもこれも最後まで終わってないのに
次から次へとやりたいことを思い付いては手を付けてしまう。
そして思い立ったら行ってしまう。
これがNanoという人であります。
ちょっと文字にしたら泣けてきました…。

悲しいことは美味しいものを食べて忘れましょう。
ムーシュルームからはキノコシチューがとれるらしいじゃないですか。
ちょうど満腹ゲージも減っていたことですし
よく見ると若干気持ち悪い赤くて可愛い牛さんからシチューをいただきにまいりましょう。

キノコシチュー
キノコシチュー

ボウルをクラフトしてムーシュルームさんに使うだけでございます。
ムーシュルーム特製キノコシチュー。
いや、これ便利すぎだろ。
スタックできないから実用性はないけど。
そんなことをぶつくさ言いながらいただきました。
初キノコシチューを食べて元気も回復でございます。

それにしてもこのムーシュルーム…
絶対連れて帰りたいですよね(`・ω・´)
でも小麦で誘引するにしても、リードでひっぱるにしても…
あまりにも距離が長いし周りは海…。
こうなったらついにアレをやるしかありません。

ネザー通路です!
鉄道にするかは迷うところですが
とにかくネザーです!

まぁ、それは後で作るとして
今は遠くの岸で待っている愛馬の元へ急がねばなりません。
なんとしてもあの素晴らしい馬を連れて帰るのです!
というわけで次回は愛しの白馬を連れて帰宅いたします。


コメントは受け付けていません