洞窟クモスポナー

廃坑冒険記

前回のイグルーを発見した続きでございます。
村人ゾンビの治療が終わったのにゾンビ音がするので
何処かに隙間でもあるのかなと少し壁を壊して掘ってみたら…
なんと渓谷に繋がっていた!
というお話でございます。

ま、まぁ、渓谷と言ってもそんなに広くはなさそうですし…
松明の補充はできる材料を持ってますし、
困ったときのエンダーチェストもありますし、
荷物が持ちきれなくなったら戻ればいいので
このままゴーゴー♪

なんとかなるさ。
それがイッツマイスタイル。

早速溶岩
早速溶岩

天井の高い場所、小さな通路、いろいろございます。
ごく普通の小さな渓谷ですね。
洞窟を進んでいくと早速溶岩がお出迎え。
い…いやだ…。
丸石で足場を作れば1マスの隙間は確保できそうです。
溶岩は上から流れてるようなので止めなくては…。

続く洞窟
続く洞窟

小さな洞窟を進むと金が!
ゾン豚さん(ゾンビクッぐマン)の狩り過ぎでそんなに困ってないですが
それでも嬉しい金が露出しておりました。
もちろんお持ち帰りです。

え…まさかこれは…
え…まさかこれは…

洞窟から辿り着いた先は…
木材に蜘蛛の巣…
こ、これは廃坑?!
ゾンビ、スケルトン、クモ…あらゆるMOBの音がします。
大分怖いです。

でも廃坑ってドキドキしますね。
いいものがいっぱい手に入る予感がいたします。
こんな予定じゃなかったけど進みましょう。

お宝チェスト付きトロッコ
お宝チェスト付きトロッコ

廃坑の名物、チェスト付きトロッコも発見しました。
道中足元にレールが結構敷いてありまして
このトロッコを入口付近に運んでおけば荷物置き場にできますね。
廃坑、便利じゃないですか!
さて、中身は…

なかなかまずまず
なかなかまずまず

エンチャントの本は貴重ですし、
手持ちの食料が尽きてもこのパンでしばらく過ごせそうです。
少しですが石炭があるのでこれで松明も作れます。
いや、石炭はそこら中にあるんですけども。
レールは足りない時に使えるのであって困らないですね。

なかなか美味しいです。

入り口に運びます
入り口に運びます

道中拾ってきたレールを敷いて
このチェスト付きトロッコを廃坑入り口付近へ運びます。
そして入口の目印&荷物入れになっていただきましょう。
持ち歩かなくていいものは一旦チェストの中へ…。

水流れてたり
水流れてたり

廃坑の中は水が流れていたり、
すっごいMOBの音がするけど上なんだろうか下なんだろうか…
ってなってたり、
結構スリルがあります。
一番の恐怖はこの迷路みたいな視界の悪い場所でクリーパーに爆破されることですね…。

こんなところにもある
こんなところにもある

さすが廃坑。
どこかから水が入ってきちゃっててもチェスト付きトロッコは残っております。
水を止めてから戻るとしましょう。

嫌なもの見た…
嫌なもの見た…

先程からすごくクモの音がいっぱいしてたんですね。
そりゃあ廃坑ですからいっぱいいるでしょうが。
歩き進めていくとクモの巣がごっそりある空間が…。
これは…多分…

洞窟クモスポナー
洞窟クモスポナー

やはりスポーンブロックでした。
しかも洞窟クモのスポナー。
こいつらは厄介です。
やたら足が速くて少し小さい気がいたします。
うっわ!いっぱいおる!
ちょっと一旦逃げて…
なんて後ろを向いてはいけません。
こちらが逃げる速度より奴らの動きは機敏です。
見てしまったら殺るしかない。
それが洞窟クモでございます。

倉庫拠点の周りで農業したり羊毛刈ったり…という
日常裝備で来たのが幸いしました。
壊すと結構面倒なクモの巣ですが
ハサミを持っていたのでどんどん壊しまして…
何かの飾りに使えるかもしれませんのでお持ち帰りです。

こちらのクモの巣、ただの不気味な飾りではなくて
ひっかかるとくっついてなかなか動けなくなる厄介な代物です。
ノロノロしてるところを匠(クリーパー)に発見されたらおしまいです。
廃坑内にはいたるところにクモの巣がありますので
それらも全てきっちり取っていきます。
頭にクモの巣がひっかかって動けないとか想像するだけで気持ち悪いですね。

レッドストーン
レッドストーン

こちらはレッドストーンがありました。
鉄もございます。
あとレールも。
レッドストーンは使用頻度も高く
長距離移動が常でレールを敷きまくるNanoにとっては貴重な品。
レッドストーンブロックにして使うので結構な数必要なんですよね。
ありがたくお持ち帰りです。

ラピスラズリ
ラピスラズリ

こちらにはラピスラズリが。
そんなに使用頻度は高くないですが、
染料として使用する時ラピスラズリ現物が染料になるので
なんだかやたらコストが高い気がしますし
貯めておいて損はありません。
こういうちょこっと見えているところって
掘ってみると奥にまだあったり、
その周囲に鉄とかレッドストーンとか他の鉱石があることも多いんですよね。

廃坑美味しいです!

嫌なものが見える
嫌なものが見える

石の隙間からすごく遭遇したくないものが見えます…。
幸いこちらに流れているわけではないので
丸石で塞いで何もなかったことにします・3・

上も下も
上も下も

さっきからおかしいなとは思っていたんです。
廃坑ならではの木材がありませんし、
地形も平らではありませんし…。
なんとも面倒なことに廃坑からまた別の洞窟に繋がっていたんですね。
しかも上にも暗がりが…。
これは湧き潰しが大変そうです。

見慣れてきた溶岩
見慣れてきた溶岩

1マスのところから流れる溶岩、上は洞窟っぽい。
これは多分この1マスを埋めれば奥には繋がってなさそうですね。
丸石で塞いで上に登らなくては。
登るときって結構怖いですね。
こちらの視界に入る前に攻撃されることがよくあります。
クリーパーだけはいませんように…クリーパーだけは…。
恐怖の象徴。それはクリーパー。

盛大な水漏れ
盛大な水漏れ

なんかすっごく水漏れしてます。
バイオームを確認しますと川で海でもないので
うっかり1マス掘ったら大惨事ってことはなさそうです。
とにかく水を止めなくては。
だってこの水の行き着くところは溶岩じゃないですか!
………。
そろそろ廃坑に戻りたいです…。
洞窟探検とか後回しでも…
なんならしなくてもいいので帰りたいです…。

出ちゃった渓谷
出ちゃった渓谷

開けたところに出たと思ったら案の定渓谷でした。
やはり渓谷にはたくさんの洞窟が繋がっていますね。
下を見下ろすとどうやら最初に入ってきたのと同じ渓谷のようです。
一体中をどう歩いてきたのかわかりませんが
渓谷から廃坑に入ってまた渓谷に出てきたようです。

まだほぼ未探検の廃坑へ帰りたいです…。
帰ればいいじゃないかって?
そんなの…できわけないじゃないですかぁ。
Nanoは迷子の達人であります。
もう道など分かりません。

松明の置き方で平面ならどっちから来たのかわかるんですが
上にも下にも横にも…って入り組んでしまうと…
もうどっち向いていたのかさえわからなくなります。

洞窟怖いです…。
地下怖いです…。

スケルトンスポナー
スケルトンスポナー

おや?苔石が?と思ったらやっぱりスポーンブロックでした。
こちらはスケルトンスポナー。
洞窟クモのときは涙目になるほどいっぱい湧いてたのですが
こちらはスケルトンなんてそんなにいたっけ?ってくらい。
ちゃんと稼働する前にさくっと見つけてしまったんでしょうね。
ささっと松明で制圧してお宝チェストを確認。
うーん…。
種とか石炭とか鉄の馬鎧とか小麦とか微妙な品ばかりでした。
残念。

スケルトンがいる、クリーパーがいる、
こんな場所に来るならわんことにゃんこを連れてくればよかったです。
オオカミはスケルトンを追いかけ回して攻撃してくれるし
ネコはクリーパー避けになるので狭い洞窟内では重宝します。
まぁ、高確率で勝手に溶岩にダイブしてお亡くなりになるので
予め子孫を残しておくことは必須ですが。
洞窟探検の予定なんてなかったからなぁ…。
連れてこなかったことが悔やまれます。
いてくれたら心強かったのに…。

ただいま!廃坑!
ただいま!廃坑!

やっと廃坑に戻ってこれまして、早速ラピスラズリです。
洞窟も十分荷物いっぱいになりますが、
廃坑となると荷物の量は跳ね上がります。
ラピスラズリとかレッドストーンとか石炭とか…
壊すと増える物をそのまま掘っては大変なことになります。
持っててよかったシルクタッチのツルハシ♪
鉱石のままお持ち帰りして自宅の安全なところで壊すことにいたします。

なんだここは
なんだここは

突然開けた何もない空間がありました。
ここはなんだろう?
特に何があるわけでもなく、木材があるわけでもない、
本当にただのがらんとした部屋です。
炭鉱として稼働していた時に従業員が休むための部屋だったとか?
謎と妄想が膨らみます。

チェストいっぱい
チェストいっぱい

お宝チェスト付きトロッコいっぱいです。
かなりあちこちにあります。
荷物いっぱいになっても(迷子で)そんな簡単には帰れないんじゃ…
と心配していましたがこれなら安心という感じ。
持ちきれない荷物はこの中に入れて
分かりやすい場所まで線路を敷いて運んでおけばいいのです。
廃坑って便利~♪
石炭の横にはレッドストーンもチラリしていますね。
豊富な資源!

むき出しの金
むき出しの金

このようにむき出しの状態で金やレッドストーンやラピスラズリや…
実はSS撮り忘れてたんですがダイヤまでありました!
えっとですね…
廃坑内ってホントにMOBが多くてですね…
涙目で撃退しながら湧き潰し、採掘しながら進んでたので
結構SS撮り忘れてたんです。
余裕がない…余裕が…。

迷子対策
迷子対策

MOBの音もしなくなりましたし、一通り探索できたでしょうか。
次は平和になった(と思われる)廃坑内の資源をくまなくお持ち帰りします。
廃坑を構成しているオークの木材やフェンスなんかも
ぜーんぶ撤去です。
もう余りまくってるけど村人の取引にも使える石炭も
いくらあっても足りなくなる鉄も
他の素敵な鉱石、宝石類も全部掘っていきます。

で、行き止まりまで来ましたら引き返しまして
この道はもう終わったよ。という目印に
丸石で塞いで(困ったときに通れるように1段だけ)
偶然じゃなくて意図的に塞いだんだからね!と言わんばかりに真ん中に松明。
こうして道を1つずつ減らしていくのが一番だと思っております。
取り残しも見つけやすいですしね。

見晴らしが良くなった
見晴らしが良くなった

木材などの障害物をどけていくとかなり見晴らしが良くなりました。
スポーンブロックもむき出しです。
奥に木材が残っていますが、あそこは帰り道です。
わからなくなるのであえて残してあります。

ゾンビスポナー
ゾンビスポナー

どこからどこまでが廃坑かわからなくなる勢いで洞窟と合体してまして
ゾンビのスポーンブロックも発見しました。
この部屋の作りからいってここは廃坑ではないようですね。
廃坑内のスポーンブロックの周りには苔石はありません。
お宝チェストもありません。
廃坑内にはそこら辺にお宝チェスト付きトロッコがありますが
スポーンブロックの周りにこういった空間はないんですね。

それにしてもすごい数のスポーンブロックを発見いたしました。

洞窟クモのスポーンブロック4つ
ゾンビのスポーンブロック1つ
スケルトンのスポーンブロック1つ

合計で6つですね。

………(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル
死ななかったのが奇跡でございます。

こんなに大量の洞窟クモ(毒蜘蛛)スポナーがあると
経験値トラップを作りたくなります。
ここまで来るのは結構遠いですが…。
4つの洞窟クモスポナーは場所もかなり近く、
やろうと思えばいくつかまとめて巨大な経験値トラップを作れそうです。
すごい効率になりそうな予感がいたします。

そのためにはこの空間の障害物を全部掘らなくてはなりませんね。
さすがに疲れたのでそれはまた別の機会にいたしまして
大量の資源の搬出作業に移ります。

また来る可能性が高くなりましたので廃坑入り口にエンダーチェストを設置。
焼く物が大量なのでかまどもいくつか。
イグルーまでがそんなに近くないので仮置き用チェストも設置。

で、なんとかイグルーに戻りまして
ここには小屋を立てる必要がある(確信
ということで…

イグルーの小屋
イグルーの小屋

廃坑で調達した資材で簡単に小屋を建てました。
なんの計画性もなく、サイズも向きも適当に…
とりあえず建てました。
デザインがアレですが小屋なので許してください…。
ちゃんとラバを繋いでおくフェンスもありますよ。

でもなんでこの向きを玄関にしたんだろう…。
帰り道、こっちじゃないんですけど()

溢れる即席感
溢れる即席感

砂をあまり入手していなかったので窓は少なめです。
壁を石レンガにすると圧迫感がねぇ…と
廃坑のおかげで大量になってしまったオークの木材にしましたが
同じ建材で屋根はちょっと…と
屋根を石レンガにしてしまったのがいけなかったのでしょうか。
なんかすごく重苦しい違和感が…。
サイズも特に計算せずに作ったので窓も含めると中途半端サイズ。
で、何か飾りになるものは…と
磨かれた花崗岩をちょいと。
あとは恒例のトラップドアですね。

内装
内装

床中央にあるトラップドアがイグルー地下への出入り口です。
ここから出てきた時にひょっこり匠とこんにちはしたくないので
安全地帯必要!とこの小屋を建てたと言っても過言ではありません。
1マスの穴を降りるのってあまり得意ではないので
はしごの正面にフェンスを設置して入りやすくいたしました。
他は必要最低限に
作業台、かまど、ラージチェスト、ベッドを配置。

本当は場所が分かりやすいように地図を貼っておきたかったのですが
額縁を持っていなかったのでそれはまた今度来た時に貼ろうと思います。
その辺に手頃な牛でもいれば革を入手して額縁を作れたんですけどね。
見当たらなかったので次回に見送りです。

そんなわけで
どうしてもイグルーが気になるから見に来ちゃった!
だけのはずが大幅に予定が狂って廃坑探検までしてしまった長旅の終わりでございます。
これでしばらくは様々な物資が困らないのでよかったのですが。
かなり予定外でしたし防具は壊れる寸前になりましたし
いやぁ…
大変でしたw

経験値トラップを作るかどうするか、
イグルーの村人をどうするか、
保留なことも多々ありますが、
いい加減倉庫住まいの家なき子から卒業したいので
そろそろ拠点予定地の整地作業も進めたいと思います。


コメントは受け付けていません