• タグ別アーカイブ: 自動
  • (ちょっと進化した?)簡単な自動釣り機

    以前本当に簡単に作れる自動釣り機の
    穴掘るだけ10分!のタイプのものと、
    もうちょっと見た目を…ってことで
    地上版にしたものを紹介しましたが…

    レッドストーンとか使ったタイプのって
    ちょっとハイテクっぽくてカッコイイよね(?)

    という謎心理から
    今回はレッドストーンを使うバージョンを作ってみました。

    調べてみると結構難しそうで…
    一番簡単そうなものをチョイスいたしまして…

    今回は役に立つと思っている様
    【マイクラ】簡単に作れる放置型自動釣り装置が目から鱗
    を参考にさせていただいて作ってみました(`・ω・´)

    ホントはこれでも足りない
    ホントはこれでも足りない

    まずはチェストを設置いたしまして
    チェストに向かってホッパーを接続します。

    ラージチェスト3つなんて
    まるっと一晩放置したら全然足りないんですが
    あんまり積み重ねるのも邪魔ですし
    無限チェストにすると全部取り出すのが大変なので
    溢れた分は消えるから良しってことにして3つほど。

    左右にブロック
    左右にブロック

    チェストを重ねたので少し高さがありますが
    一番上のホッパーの左右にブロックを置きます。

    ハーフブロック
    ハーフブロック

    チェストの上にハーフブロックを置きます。

    ハーフブロックならチェストはちゃんと開きます(๑•̀ㅂ•́)و✧

    手前にハーフブロック
    手前にハーフブロック

    ちょっと画像が見づらかったですね…ごめんなさい(;´∀`)

    チェストの手前に下付きハーフブロックを置きます。

    上下どちらのハーフブロックも下付きです。
    MOBが湧かない方ですね(`・ω・´)

    左右にブロックを追加
    左右にブロックを追加

    ホッパーの左右にあるブロックの1つ外側にブロックを追加します。

    スライムブロックとかで仮置きするといいです(๑•̀ㅂ•́)و✧
    別にこの状態に浮いている必要はないので
    普通に置きやすいように下にブロックを置いても大丈夫です。

    トリップワイヤーフック
    トリップワイヤーフック

    今追加したブロックにトリップワイヤーフックを付けます。

    後ろを伸ばす
    後ろを伸ばす

    ホッパーの左右にあるブロックと同じ高さで
    今度は後ろ側へブロックを2個ずつ追加します。

    後ろにブロック
    後ろにブロック

    ホッパーの真後ろの場所に高さ2マスでブロックを置きます。

    チェストの数が違う場合は高さが違うと思うので
    ホッパーより1段下になる形で調整してください。

    鉄のドア
    鉄のドア

    今置いたブロックの上に鉄のドアを設置します。

    ホッパーにドアがくっつく向きになるように注意してください。

    音符ブロック
    音符ブロック

    その後ろに音符ブロックを設置します。

    高さは一番上に揃うようにします。

    レッドストーン
    レッドストーン

    鉄のドアの横にレッドストーンを置きます。

    水を入れる
    水を入れる

    ホッパーの上に水を入れます。

    手前がハーフブロックなのでちょっとシュールな見た目にw

    上にブロック
    上にブロック

    鉄のドアの上にブロックを置きます。

    なんか画像が間違い探しみたいになってる気がします…。

    糸

    トリップワイヤーフックに糸を付けます。

    これで一応完成ですヽ(´ー`)ノ
    とっても簡単!

    投げる位置
    投げる位置

    では実際に釣ってみます(`・ω・´)

    立ち位置は低い方のハーフブロックの上です。
    少し後ろに下がる感じに立ったほうが投げやすいです。

    画像で丸をつけた水面ギリギリくらいの場所に投げます。
    右クリックしっぱなしで投げ直しになっちゃわない場所を探してください。
    以前作ったものよりはポイントがシビアでない気がします。

    釣果確認
    釣果確認

    ある程度釣れましたらチェストを確認してみます。

    入ってる入ってる( ̄ー ̄)

    で…

    これで完成でもいいのですが、
    音符ブロックなのでボンボンうるさいですよね…(;´∀`)

    カーペット
    カーペット

    ということで音符ブロックの上にカーペットを乗せます。

    これで音が出なくなります( ̄ー ̄)ニヤリ

    音符ブロックの意味…と思われた方もいらっしゃるでしょうが
    これでも動きますので問題ないです(キッパリ

    全体図
    全体図

    全体を横から見るとこんな感じになりました。
    立ち位置まで登れるように階段を付けました。
    海底に自動釣り機があるというのはちょっとシュールでした…。

    これでディスペンサーに使える弓とか
    なにげいいエンチャントの本とか
    あって困らない名札やトリップワイヤーフックとか
    水中呼吸のポーションに使うフグなどなどが…

    取り放題です!ヽ(´ー`)ノ

    何気に馬鹿にできない経験値が手に入りますので
    寝るときとかPCを使わない時に放置してみると
    かなーり便利だと思います(`・ω・´)

    右クリック押しっぱなしというのはちょっと固定が難しいので
    ゲームメニュー→設定→操作設定から
    アイテムの使用/ブロックの設置のところを
    右クリックから別のキーへ変更して
    セロテープなどで固定しやすいテンキーなどがいいと思いますが
    その辺でいい感じに…

    というのを前の記事では書きましたが、
    フリーソフトなどで連打ツールを使うというのが
    一番楽な方法だと思います(`・ω・´)

    色々なやり方があると思いますが
    自己責任でお願いします<(_ _)>

    ちょっといいエンチャントがあると保管して
    倉庫が大変なことになっております…。
    ついでに予備の弓を…なんてやってたら
    うっかり経験値を100くらい消費しておりました。

    でも放置で取り戻せる!(`・ω・´)

    魚が必要なくても是非作ってみてください(๑•̀ㅂ•́)و✧


  • ネザーからオーバーワールドのチェストにアイテム自動運搬

    ものぐさを発揮してネザーからオーバーワールド(地上)まで
    アイテムを輸送する仕組みを考えてしまいました。

    ブレイズトラップで大量になってしまったポテトを
    シュルカーボックスに入れて持ち帰ろうと思ったけど
    シュルカーボックスを忘れた!
    取りに戻るの面倒!

    なんてことありませんか?
    (え?Nanoだけ?)

    ネザーの整地にコツコツ掘っていたけどもう持てない!
    一度荷物整理に戻らないとだけど面倒!

    なんてことありませんか?
    (え?やっぱりNanoだけ?)

    アイテムをドロッパーでネザーゲートに投げて
    オーバーワールドで受け取る仕組みなのですが
    必須条件がございます。

    ネザーゲートはオーバーワールド側、ネザー側共に
    背面をブロックで塞いでおくこと。
    です。

    どちら側にも飛んでしまいますと
    回収が大変なのです。。。

    このネザー・オーバーワルド間運搬システムですが
    メリット・デメリットございます。

    メリットは

    • 荷物が一杯になってもいちいち戻らなくていい
    • 最初から大量になるとわかっている場所に作れる
    • 構造は簡単

    デメリットは

    • 運搬が終わる前にネザーから出てしまうと壊れやすい(主にトロッコが止まったり増えたり)
    • 1個ずつ吐き出すのでわりと時間はかかる
    • オーバーワールドの目的地(格納したいチェスト)の場所によっては作業量が…
    • ネザーの出発地から目的のゲートまで距離があると作業量が…
    • たまに回収しきれなかったり増えたり(謎)することがある

    あれ?デメリット多いですね…?()

    尚、あくまで仮保管を想定して作りましたので
    持ち帰るものが決まっている場合は
    自動仕分けなどを作ってもいいかもしれません(๑•̀ㅂ•́)و✧

    ざっくり内容をお話したところで
    とりあえずネザー側から作っていきます(`・ω・´)

    一番大量になって持ち帰りが面倒なポテト…
    もとい、ブレイズロッドを自動運搬したかったので
    ブレイズトラップのチェストからトロッコでゲートまで運びます。

    チェストからホッパー
    チェストからホッパー

    チェスト付きトロッコにブレイズロッドが送られるように
    チェストからホッパーを繋ぎます。

    ブレイズロッドに限らず、
    ここに持ってくればとりあえず荷物は送っておけるので
    満タンの資源をチェストにぽいぽいすればいいかなと。

    発車は手動
    発車は手動

    チェスト付きトロッコにアイテムを入れて
    目的地のゲートまで走らせるのですが、
    ずっとぐるぐる走るタイプとか
    上のチェスト内のアイテムを全部回収し切るまで行ったり来たりするタイプですと
    ネザーで走っている時間が長くなります。

    ネザーにいつも長居するとは限らないので
    とりあえず1往復分…
    ということができるように発車は手動にいたしました。

    ボタンをポチッとすると発車します。

    チェスト付きトロッコの下にはパワードレールを、
    線路上にもかなり多めにパワードレールを敷いてあります。

    人が乗るトロッコよりも
    アイテム輸送のトロッコのほうが止まりやすいんですよね。

    入ってる入ってる…
    入ってる入ってる…

    上のチェストからチェスト付きトロッコに
    ブレイズロッドが送られてきていますね。

    ホッパーで送られてくるのが遅くて
    さっさと詰め込みたい場合は手動で…w

    ゴーゴー!
    ゴーゴー!

    暗視のポーション飲めばよかったかな…。

    恐怖の溶岩海の上空を海底神殿拠点のゲートまで
    ガストの恐怖に怯えつつ線路を繋げました。
    (((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル

    このトロッコで移動したい場所があんまりにも遠いと
    途中で止まってしまうことがありますので
    かなり遠方からの輸送はオススメしません。

    到着ー
    到着ー

    さて、ゲート前に到着でございます。

    ここからはちょいと回路の説明などしていきますね(*‘ω‘ *)

    この場所で何をしたいかといいますと

    到着したチェスト付きトロッコから中身を吸い出し
    ドロッパーでネザーゲートに向かって吐き出します。
    そしてチェスト付きトロッコが空になったら
    自動で出発地点に戻ってもらいます(๑•̀ㅂ•́)و✧

    まずはじめに…
    まずはじめに…

    ネザーゲートに向かってアイテムが飛ぶ向きで
    ドロッパーをネザーゲートから1マス離して設置します。

    ドロッパーに向かってホッパーを繋げていきます。
    チェスト付きトロッコが止まる位置まで繋げます。

    チェスト付きトロッコが走ってくるレールから
    1マス下げて止まるようにしたいので
    ホッパーは普通のレールのあるブロックより1マス下です。

    ホッパーの上2マスにパワードレールを敷きます。

    画像ではチェスト付きトロッコがいない=中身がないので
    パワードレールはオンになっていますが
    アイテムが入っているチェスト付きトロッコが到着するとオフになり
    アイテムを全て吸い出すまで停止する仕組みにします。

    パワードレールの先にブロック
    パワードレールの先にブロック

    チェスト付きトロッコを止めるためのブロックを
    パワードレールの先に設置します。
    これがないと少し先まで行ってしまう…。

    トロッコ運搬回路
    トロッコ運搬回路

    奥(ブロックを置いた側)のホッパーの後ろにコンパレーター、
    その後ろにブロックを1つ、
    そのブロックにレッドストーントーチを刺して
    手前(もう片方のホッパー側)にブロックを1つ、
    その上にリピーターを設置します。

    文字にするとなんかややこしいですが
    奥のホッパー側から
    コンパレーター、トーチ、リピーターで
    手前のホッパーまでくるんと信号を送ってやるイメージです。

    トーチの上にブロック
    トーチの上にブロック

    レッドストーントーチの上にブロックを置きます。

    奥に写っているシーランタンはただの照明ですので気にしないでください(;´∀`)

    これでチェスト付きトロッコの中身が空になったら
    出発地点までUターンする回路の完成ですヽ(´ー`)ノ

    お次はドロッパーからアイテムを吐き出す回路です。

    ドロッパー位置確認
    ドロッパー位置確認

    オーバーワールドで受け取る位置と一致するように
    ドロッパーの位置が合っているか確認してください。

    あんまりゲートの真ん中に作ると
    自分の通行のじゃまになるのでオススメしません(;´∀`)

    ゲートからは1マス離して
    ドロッパーの顔がゲートに向いていることを確認してください。

    よく見る回路
    よく見る回路

    簡易アイテムエレベーターにも使った回路です。

    ネザーだと挙動が違うのか、
    カチッ…カチカチカチッ…カチカチ…
    ってな具合でなんか一定の速さじゃなかったりするんですが…

    まぁ(・ε・)キニシナイ!!

    ドロッパーの後ろに
    コンパレーター、リピーター、コンパレーターと置いて
    奥のコンパレーターを1回右クリック。
    光ればOKです。

    その後ろからレッドストーンを
    くるんと手前まで敷きまして
    コンパレーターの横にリピーターを置きます。

    それぞれの向きは画像のとおりに…
    (あ、説明諦めちゃったよ

    最後にドロッパーの横にブロックを置いて完成です。

    これでネザー側の作業は完了です。
    試運転してみましょう。

    消えるポテト
    消えるポテト

    チェスト付きトロッコにいくつかアイテムを入れて
    ボタンをポチッとして発車させたら
    アイテムの吐き出しが終わる前に急いでゲートまで行きます(@_@。

    ちょっと見えづらいかもですが
    ドロッパーからポテトブレイズロッドが吐き出されて
    ネザーゲートに消えていってますね。

    後ろが壁でないとゲートに消える前に飛び越えることがあり
    ネザーゲート背面は塞いでおくことが必要なんですね(๑•̀ㅂ•́)و✧

    ネザー側は正常に動作いたしましたので
    次はオーバーワールドに戻って
    アイテム回収部分を作っていきます。

    Nanoの場合地下の倉庫まで繋げているので
    結構ホッパーを使っていますが
    ゲート近くで大丈夫な場合は節約できます(๑•̀ㅂ•́)و✧

    まずは確認
    まずは確認

    いきなりがっつり掘って作って…して
    場所違ったぁぁぁ!!ってなるとしんどいので
    まずはアイテムが飛ぶ範囲を確認します。

    ちょっと行ったり来たりになりますが
    ドロッパーにアイテムを多めに入れて
    オーバーワールドに戻り
    回収しきれる範囲を確認してホッパーを敷いてみます。

    ドロッパーに入れた数と
    オーバーワールドのチェストに入った数が一緒ならOKですね。

    ちなみにこの画像の範囲だとちょっと狭かったです。
    意外と飛び散ります…。

    仮置き場
    仮置き場

    手持ちの持ちきれない荷物も入れる前提なので
    Nanoは仮置き場としてチェストを設置しましたが
    入れるものが決まっている場合は自動仕分けなどを作ってもいいかもしれません。

    運んできたい場所にチェストを設置して
    チェストに向かってホッパーを…
    回収場所付近まで繋げておきます。

    何故「付近」なのかというと、
    これから回収部分を掘って作るのでそこから繋ぐためです。
    (この作業を後からやろうとすると出口がなくなる)

    地下通路
    地下通路

    地下倉庫まで繋げると結構な数のホッパーが…(;´∀`)

    ホッパーの上はMOBが湧きますので
    壁にはシーランタンを埋めています。

    ここからMOBは出てこれないし湧いてもいいんだけどさ…
    気分的に…ね…(;´∀`)

    回収部作成開始
    回収部作成開始

    吐き出されたアイテムが意外と遠くまで飛ぶこと、
    ネザーゲートの黒曜石の上にも乗ることを踏まえて
    このくらいのサイズは必要でした。

    床から3マス掘りまして
    黒曜石の下を含めて必要範囲にホッパーを敷き詰めます。

    先に作ったチェストから繋がっているホッパーに繋げてください。

    パワードレールを敷く
    パワードレールを敷く

    ホッパーの上にパワードレールを敷きます。

    手前の方をもうちょっと拡張しないといけない…とか
    改修工事が必要になったときのことを考えると
    パワードレールの向きは横のほうがいいんですが…

    並べると方角によって向きが決まっちゃうから
    まぁ、しょうがないよね(´ー`)┌フッ

    ってことにして細かいことは気にせず進みます。

    ホッパー付きトロッコ
    ホッパー付きトロッコ

    パワードレールの上にホッパー付きトロッコを敷き詰めます。

    尚、この作業は床がフルブロックだからなのですが
    床がハーフブロックの場合はホッパーだけで吸い込めますので
    鉄の節約ができます(๑•̀ㅂ•́)و✧
    その場合は深さは床の下にホッパーが来るように調整してください。

    埋める
    埋める

    何事もなかったかのように床のブロックで覆いまして
    あちこちにアイテムを投げてみて
    ちゃんとすべての場所で吸い込むか確認します。

    完成!
    完成!

    チェストを確認しに行きまして…

    うんうん、入ってる入ってるヽ(´ー`)ノ

    これでネザーからオーバーワールドのチェストに
    アイテムを自動で運搬するシステムの完成です(ノ´∀`*)

    たまに予想より飛びすぎて回収漏れがあったり
    送った数より増えてる謎があったりしますので
    貴重品を送るのはオススメしません。

    余談ですが…

    パワードレール繋げたらトロッコごと送れないかなぁ…
    なんてのも試してみたのですが
    (案の定)ゲートで止まってしまってダメでした。

    めんどくさがりにも限度ってものがあるよ?
    という声が聞こえてきそうな気がいたしますが
    次はどんな手抜きをしようかな?


  • 自動サボテン収穫機を追加

    まず滅多に使うことはない…
    というか
    そんなに大量に頻繁に使うこともない…
    サボテンですが。

    緑の染料として使う時は一度にある程度の量使うこともあり
    少しはストックしておきたいなという感じで
    サボテンの自動収穫機を作ることにいたしました。

    ちょうどサトウキビ自動収穫機の下が空いてまして
    いい感じに角が使えたのでくっつける形で追加です。

    以上!(ぇ
    以上!(ぇ

    そんなに急いで育てなくてもいいので
    サボテンの数は2個だけにしました。

    サボテンは横にブロックがあるとアイテム化しますので
    サトウキビ自動栽培機の黄緑の羊毛の部分が
    ちょうどサボテンが2段目まで育った高さになりまして
    育つとアイテム化するというものです。

    特にギミック的なものは一切ありません…(;´∀`)

    アイテム化したサボテンが
    植えてあるサボテンに当たって消滅ってことは多く、
    効率を考えるとブロックではなく板ガラスの方がいいのですが…。

    板ガラスを1枚だけ設置すると細い棒になりますので
    ぶつかる場所がすくなくなるんですよね(๑•̀ㅂ•́)و✧

    まぁ…めったに使わないサボテンに効率とかいいし…
    ということでついで感漂う収穫機でございます(;´∀`)

    左右の奥2マスから水を流しまして
    中央にサボテンが流れてくるようにしました。

    そのままホッパーで吸い込まれてチェストに収納されます。

    横から見た図
    横から見た図

    土台部分が緑のガラスで、上が普通のガラスです。

    横から見ると無理矢理感溢れております(;´∀`)

    ちょうどサボテンの斜め上に黄緑の羊毛がありますので
    サボテンが育つとアイテム化して
    水に流されチェストにインってわけですね(๑•̀ㅂ•́)و✧

    大丈夫そう
    大丈夫そう

    サボテンの成長はゆっくりですし、
    跳ね返る場所が1列ある非効率的な作りですが
    水流が滞って流れない場所はないみたいです。

    うんうん、ゆっくりそのうち貯まればいいさー(´▽`*)アハハ

    Nanoタウンにあるサボテン自動収穫機は
    かなりロストを減少させてますし
    数もそこそこ植えているので思いっきり溢れてます(;´∀`)

    なので、そんなにいっぱいいらないよなー…
    という印象が強くてついでな感じで作ってみました(ノ´∀`*)

    ちゃんとしたサボテン自動栽培を見たいんだけど…
    という方は「全自動サボテン収穫機」をご覧になってください。


  • ニワトリ式?!サトウキビ自動収穫機

    海底神殿拠点の地下2階もできたことですし
    地図やロケット花火に必要な紙を確保するために
    自動サトウキビを作ろうと思います(`・ω・´)

    畑は手動でざざーっと収穫するの楽しいんですけどね。
    サトウキビはちょっとめんどい(;´∀`)

    で…
    海底神殿拠点には村がありませんので
    取引のために大量の紙が必要になることはありません。

    つまり効率は無視していいということです(`・ω・´)

    いつもお世話になっているアルト様の動画で
    ニワトリ式のサトウキビ自動収穫機を知ったので
    これは面白い!と真似させていただきました(ノ´∀`*)

    地下室には高さに限りがありますので
    何段か重ねるということができませんので
    横に長くしようと思います(`・ω・´)

    植える部分を作る
    植える部分を作る

    すっかり気に入ってしまった無限チェストを使っておりますので
    少々高さがありまして浮いてますが…。

    無限チェストの作り方は
    無限レール増殖無限カーペット
    の記事を見ていただければと思います。

    で…
    上のチェストに向かってホッパーを繋ぎまして
    このホッパーの位置が中央になるように
    左右に2列ずつサトウキビを植える土ブロックを設置します。

    ホッパーと同じ高さに水流用のブロックを。
    1段上に土ブロックです。
    水流の延長は面倒なので片側1列の土ブロックは8マスです。
    水を流せるように両端はブロックで塞ぎます。

    反対側も
    反対側も

    反対側も同じように水を流せるようにして
    土ブロックを置きます。

    土ブロックを左右に8マスずつ、
    真ん中がホッパーで両端がブロックなので
    この時点で幅は19マスです。

    水を流す
    水を流す

    中央の1段低いところに両端のブロックから水を流します。
    ちょうどホッパーのところで水が止まっていると思います。

    サトウキビを植える
    サトウキビを植える

    土ブロックにサトウキビを植えていきます。

    サトウキビは水辺じゃないと植えられないので
    全部のマスが水に隣接している必要があるんですよね。

    土ブロックじゃなくて砂でもいいのですが
    砂は落下してしまうため、
    砂を使いたい場合はその下にブロックが必要です。

    ブロックとピストン
    ブロックとピストン

    サトウキビの後ろにブロックを置いていきます。
    育ってるのが見えたほうがいいなぁ…と思ってガラスにしました。

    その上にピストンを設置していきます。
    ホッパーの上はピストンじゃなくていいので
    飛び散らないようにブロックを設置します。

    もう1段ピストン
    もう1段ピストン

    もう1段ピストンを設置していきます。

    サトウキビは3段まで成長しますが
    ピストンを2段目だけにすると
    3段まで育ってしまってしまったサトウキビが
    ピストンの上に乗ってしまい
    ピストンが引っ込む時に土ブロックの上に落ちて回収できません。

    ピストン2段にしても土ブロックの上に落ちますし
    飛び散りで反対側の土ブロックの上にも落ちますし
    回収率はホッパー付きトロッコより低いですが
    今回は効率を無視して楽に作れるのを選びました(`・ω・´)

    外側にぐるっと
    外側にぐるっと

    ピストンを動かすためのレッドストーンを敷くために
    ピストンの外側にブロックを置いていきます。

    飛び散らないように片側の端もブロックで塞いでおきます。

     

    回路スペースなどを作る
    回路スペースなどを作る

    ピストン側両サイドに1段下げてブロック1個、
    もう1段下げてブロックを繋げます。

    中央にはチェストを置くためにもう1マス外側にブロックを置きます。

    うっ…言葉で説明するの難しいかも(;´∀`)

    チェストとホッパー
    チェストとホッパー

    1マス外側に置いたブロックの上にチェストを。
    チェストに向かってホッパーを繋ぎます。

    レッドストーンとリピーター
    レッドストーンとリピーター

    ピストンを動かすためにピストンの外側のブロックに
    レッドストーンを敷いていきます。

    長さがちょっと長すぎますので
    延長するために中央にリピーターを設置します。

    向きが合っているかはレッドストーンの横に
    レッドストーントーチを置いてみて動けばOKです。

    …ざっくりだなぁ(;´∀`)

    動かす回路
    動かす回路

    ホッパーにアイテムが入るとピストンが動くようにするので
    ホッパーの横にコンパレーター、リピーター、
    そしてピストンの後ろのレッドストーンから
    階段に場になっているブロックにレッドストーンを置いて繋げます。

    反対側も
    反対側も

    反対側も同じように置いていきます。
    向きに注意(๑•̀ㅂ•́)و✧

    ニワトリさんスペース
    ニワトリさんスペース

    ホッパーの上にニワトリを入れるスペースを作ります。
    見えたほうがいいなってことでガラスで。

    もう1段高くしてニワトリを
    もう1段高くしてニワトリを

    逃げないようにもう1段ガラスを積み上げまして
    中に卵をぽんぽん投げてニワトリさん召喚!

    ちょっと天井という高さの限界につき
    ガラスが1ブロック欠けてますけどお気になさらず(;´∀`)

    あとはこのニワトリさんが育ってくれるのを待つだけです。
    さっさと育てたい場合は種をいっぱいあげるといいかもw

    で…
    説明してなかったですよね…

    ニワトリで何をするのかといいますと、
    ニワトリは卵を産んでくれるので
    卵がホッパーに入ってピストンが動き
    サトウキビが収穫されるという仕組みでございます。

    サトウキビが育ったのを検知して動かすオブザーバー式は
    Nanoのワールドでは壊れやすく、
    夜になったら動かす日照センサーは光量の変わらない地下では使えず
    粘着ピストン感知式は回路が面倒なので…

    ニワトリ優秀!!

    というわけで成長を待っている間に周りを囲います。

    天井を作る
    天井を作る

    サトウキビはかなり勢い良く飛び散りますので
    空いている場所がないように確認しつつ
    天井を作っていきます。

    3段よりは成長しないので
    ピストンの上の段に天井を付けて大丈夫です。

    スライム除け…
    スライム除け…

    レッドストーンを敷いていないブロックの上は
    スライムがスポーンしてしまうのでカーペットを。
    先日ピストンの上でもMOBはスポーンするということが判明したので
    ピストンの上にもガラスで湧き潰しをしておきます…。

    こんなにスライムに悩まされてる人っているのかな…(´-ω-`)

    下から見た感じ
    下から見た感じ

    ガラス部分が1マスしかないので見やすくはないですが
    一応中を覗くことができます(*´艸`*)

    ニワトリ追加
    ニワトリ追加

    サトウキビが育つのに対して卵を産むペースがちょっと遅かったので
    卵要員のニワトリさんを追加しました。

    2羽くらいでちょうどいい感じかな?

    収穫されてる
    収穫されてる

    しばらく見守っていると卵を産んでくれて
    ピストンがガッシャンと動きまして
    育っていたサトウキビが水流で流されていきました。

    ちょっと画像が見づらいですね(;´∀`)

    完成!
    完成!

    土地ブロックの上に落ちてしまうサトウキビもあり
    取りこぼしがあるわりには順調に貯まってます。

    (・∀・)イイネ!!

    とっても簡単で素敵です。

    気をつけることは
    チェストの中の卵をこまめに処分することでしょうか。

    階段にした
    階段にした

    卵の入るチェストがちょっと高い位置でしたので
    チェストで階段にしてみました。

    これなら放置魔のNanoでも安心です(ノ´∀`*)


  • 水流は止めなくてもいいかも

    小ネタ続きですみません(;´∀`)

    ゴーレムトラップとかスライムTTなどで
    処理にマグマブロックを使っている場合
    水流を止めずにマグマブロックが水に浸っていてもいいのか?

    という手抜きな疑問がございまして
    ちょうど手頃な海中のゴーレムトラップがあるので
    水を止めている看板を外して実験してみました(`・ω・´)

    看板撤去
    看板撤去

    こちらのゴーレムトラップは大きさが適当なので
    水流がちょうど途切れる長さになっていません。

    なので横に横に看板を設置して水流を止めていたのですが
    その看板を撤去してみました。

    下まで盛大に水ダバァ…w

    水中のゴーレム
    水中のゴーレム

    ゴーレムさんがスポーンするのを待ちまして
    マグマブロックの上に水がある状態で
    ゴーレムさんがダメージを受けてるのを確認できました。

    画像が暗くて見えにくくてごめんなさい…(;´∀`)

    見栄えがアレですけども、これは手抜きできそうですね?

    処理速度はどうなのかという問題は
    そもそもマグマブロックの処理速度は遅く
    さっさと倒したいなら溶岩使お!って感じなのでわかりませんでした。

    でも体感的には遅くなった気はしません。

    ゴーレムは体力もありますし
    それなりに処理に時間がかかりますが
    スライムはわりとさくさく処理されてくれるので
    水流止めるのめんどいねん…
    って場合は止めなくてもいいかもですね(*´艸`*)


  • 窒息回避!放置できるブレイズトラップ・改

    ブレイズトラップでポテトブレイズロッドを集めたいけど
    放置で貯めて一気に処理したい…

    などというズボラーが発揮されまして
    ブレイズトラップを改造いたしました(   ̄▽ ̄)ノ

    簡単に言いますと
    ブレイズが貯まっても窒息死しない
    という仕組みになります。

    無限に貯められますが、
    PCの悲鳴が聞こえるかもしれませんのでスペックと相談してください。

    ブレイズトラップの作り方は以前と変わっていません。
    スポナーのある上の方はそのままに
    下の方だけ改造していきます。
    作り方→「これなら簡単!ブレイズトラップの作り方解説

    貯まりすぎないバージョン(無限ではない)と
    無限に貯まるバージョンを載せていきますので
    (今回も)少し長いですがお付き合いいただけると嬉しいです。

    まずは無限ではないバージョンから。

    まずまず貯まる
    まずまず貯まる

    結構貯まりますが、上にも逃げられるため
    PCが動かなくなるほど本気では貯まりませんでした。
    一晩放置とかしたわけじゃないのでわかりませんが
    ある程度長時間放置しても大丈夫だと思います。

    窒息回避の仕方は幅3マスの両サイドにハシゴを付けることです。

    程々の数値
    程々の数値

    F3を押して表示される数値はこんな感じです。
    環境によると思いますが、そんなに重くなりませんでした。

    ハシゴ1個ずつ
    ハシゴ1個ずつ

    改造部分のキモはこの2つのハシゴだけです。

    mobがハシゴに張り付く感じになると
    窒息ダメージが入らないみたいなんですよね。

    でもピストンで押し付けてもいないし
    上にも逃げられるので貯まり加減はまぁまぁです。

    え、それだけ?って感じですが
    長時間放置する方はこちらのほうがオススメです。

    そして次は無限に貯められるように少し改造しました(   ̄▽ ̄)ノ
    ちょっと見たことない状態になったのがこちら

    ガチ盛り
    ガチ盛り

    しばらく放置して戻ってきたら大変なことになっていました。
    倒そうと思ってもカーソルがうまく動かず…
    本気で重くなりますので注意が必要です( ゚д゚)

    おかしな数値
    おかしな数値

    F3で表示される数値はこうなっていました。
    fps 1っていうのも初めて見ました…。

    これをせっせと倒しまして
    やっと動けるようになったー!と涙目でチェストを開けると…

    大盛りポテト
    大盛りポテト

    しばらくはブレイズトラップに来なくていいかなっていう量の
    ポテト…ブレイズロッドが貯まってましたヽ(´ー`)ノ

    では色々と覚悟して作り方を…
    オーバーワールドに模型を作ってみましたので
    そちらで解説したいと思います(   ̄▽ ̄)ノ

    処理層の仕組み
    処理層の仕組み

    ホッパーの上のハーフブロックを撤去します。
    このため、ブレイズへ攻撃する隙間が1マスになりますので
    待機場所がブレイズから見えないように気を付けてください。

    赤紫の羊毛の部分が粘着ピストンで動くブロックです。
    ピストンを使わないと1マスになってしまう処理部へ
    ブレイズがなかなか入ってくれませんでした。

    処理層の3マスの部分の両端にハシゴを設置します。
    このハシゴにブレイズがくっつくようにします。
    自主的に( ゚д゚ )クワッ!!

    この両端2マスに集まってもらうために
    感圧板に乗ると中央のマスに送られるようになっております。

    ブレイズの流れ
    ブレイズの流れ

    ピストンで中央に集められたブレイズが
    自主的に左右へ逃れても
    上はガラスで塞がっていて動けない!

    ハシゴに密着して窒息回避、という仕組みです。

    水色のマスがガラス、
    オレンジのマスがハシゴ設置マス、
    灰色はホッパーです。
    わかりやすいかなと思って描いたらわかりやすくなかった!()

    なお、ピストンの隙間に挟まったりして度々ブレイズが死にます
    事故の数が気にならないくらい貯まりますのでそこはスルーします。

    ハシゴ
    ハシゴ

    ハシゴを設置する場所は両端の2マスのみです。

    回路
    回路

    回路…というほどでもない回路…(;´∀`)

    処理層の1マス上の1マス奥を3マス足場として確保。
    感圧板を置きます。

    その奥にリピーターを設置します。
    中央のマスに立ってそれぞれ設置。

    粘着ピストン
    粘着ピストン

    リピーターの奥にブロックを2段、
    その上に粘着ピストンを置いて、
    粘着ピストンにくっつくようにブロックを置きます。

    感圧板を踏むと押し出されて中央のマスに突き落とされると思います。

    ガラス
    ガラス

    動くブロックと同じ高さで両端にガラスブロックを置きます。
    ハシゴを設置してある場所に
    高さ2マスの空洞ができてガラスで蓋がされた状態になります。

    逃げないように
    逃げないように

    あとは逃げないように覆って完成です(   ̄▽ ̄)ノ

    灰色のガラスの部分は何のブロックでもいい部分です。
    石レンガの部分は省けないブロックです。
    赤紫の羊毛の部分が動く部分です。

    これで下まで降りてきたブレイズを中央に集めて
    集められたブレイズは自主的にハシゴにくっつくようになります(・∀・)

    本当に本当にPCと相談してご利用は計画的に…ですが
    せっかくなのでもっと効率化してみます。

    ピストン押し出し式に改造
    ピストン押し出し式に改造

    今まで自由落下でしたが
    もっとスムーズに下まで降りてきてもらうのに
    感圧板を踏むと押し出される方式に改造してみました。

    上の方までやればやるほど効率アップですが
    そんなリスクを犯さなくても下の方だけで十分だと思います。
    放置型ですし…。

    黄色い羊毛の部分は普通のブロックです。
    階層がわかりやすいように色を変えてみました。

    ぐるっと感圧板を敷いて
    それぞれに乗ると中央に押し出されるように
    リピーターを外周に設置していきます。
    ブレイズがピストン部分に挟まれるのが気になる場合は四隅を省いてください。

    場所
    場所

    横から見るとこんな感じになります。

    粘着ピストンの段
    粘着ピストンの段

    リピーターの1段上に動く部分を作ります。

    奥に粘着ピストンを設置してブロックをくっつけます。
    赤紫の羊毛の部分が動く部分です。

    感圧板を踏むと押し出されて中央に集められます。

    上にブロック
    上にブロック

    1段ブロックを重ねます。
    上まで効率化する場合も同じように繰り返せばOKです(   ̄▽ ̄)ノ

    横から見た図
    横から見た図

    横から見るとこんな感じ。

    ろうとの下のほうがスムーズに流れて時間短縮になります。
    ピースフルにするとか、
    上の方をスライムブロックで塞いでおくとか、
    安全に作業できるように気をつけてください(`・ω・´)

    これで窒息死の音を気にしないで放置できます(*´艸`*)
    本気で重くなりますので自己責任でお願いします。。。


  • 海にゴーレムトラップを作ったら効率がヤバかった

    すっかり海底神殿暮らしが長くなっております。
    そして凄い勢いで鉄を消費しております。

    これは…

    ここにいる間も鉄が貯められたらいいよね!

    でも海上へ登ったら背の高い妙な建物が…
    というのはちょっと嫌なんですよね。

    というわけでアイアンゴーレムトラップを
    海の中に作ってしまおう(`・ω・´)
    でも面倒だから大きさとか適当で!

    というなんとも雑なプランで建設開始でございます(`・ω・´)

    場所を決める
    場所を決める

    うっかりこの海底神殿の天井であるガラスの上に
    ゴーレムさんがスポーンしちゃいましたとか
    ゾンビ襲撃イベントが発生して
    エレベーターの穴から落ちてきましたとか…

    それだけは困るので:(;゙゚’ω゚’):

    水の壁から少し離れた場所に作ろうと思います。
    でもあんまり離れると面倒なので少しだけ。

    うん、あのへんかなー…

    砂を積んでく
    砂を積んでく

    ここを端っこにして浮島を作ります(`・ω・´)

    砂を積んでいきまして…

    上は土
    上は土

    完成すると見えないんですが、
    一応島なので…
    表面は土で(;´∀`)

    ここに土ブロックを付け足していって
    土台を作ります。
    とりあえずなので小さめで。

    潜る
    潜る

    ここに作るよーという目印的な島?足場?を作ったので
    積み上げた砂を回収いたします。

    浮いてる
    浮いてる

    ほい。浮きました。

    じゃなくて(;´∀`)

    ここからスタートですね。
    ゴーレムTTの水流の部分をこの浮島にしようというわけです。

    大きさは適当
    大きさは適当

    ドアの枚数は多いほうがいいので幅は適当に大きめで。
    真ん中2列がゴーレムを処理層まで流す場所になります。

    両サイドはドアから真ん中まで水流を作りますので
    延長とか面倒だしここだけはちゃんと数えて8マスです。

    適当に大きめの辺×水流用の8マスの長方形を2つ、
    中央を2マス空けて作りました。

    気分的に草ブロックがいいなぁ…
    と思ったので草ブロックを1つ移植しておいたので
    そのうち伝播して草ブロックになるでしょうw

    作業している間にMOBが湧いても嫌なので
    湧き潰し用シーランタンも埋めておきました。

    枠を作る
    枠を作る

    そんなことを言っている間に夜ですが
    MOBがスポーンできるブロックは近くにないので
    なんにも気にせず作業を続けます(   ̄▽ ̄)ノ

    ドアハウス…天井なし…うーん(。ŏ﹏ŏ)
    と悩んだ結果、なんとなくダークオークにしました。
    なんとなく…。

    土の土台の周りにぐるっとダークオークの木材を設置。
    枠を作ります。

    ドア設置
    ドア設置

    その枠にドアを設置していきます。

    土の部分が海面と一緒の高さなので
    木材の枠の部分に海中から直接登れないので
    落ちたら枠をくぐって中央の水路予定場所から出入りですw

    落下の心配をしなくていいので
    海上の作業って意外と楽です(@_@。

    外枠
    外枠

    ドアのマスの後ろにもう1マス追加しまして
    そこから柱を3マス建てまして
    上をずーっと反対側まで、ブロックを置いていきます。

    水路を挟んで反対側も同じように作ります。

    村人ケース
    村人ケース

    深さ2マスの村人ケースを中央に作ります。

    …なんですが。
    ドアの数とか数えてなかったので()
    中央っぽいところに作ります(;´∀`)

    内側が2×3のスペースに作りましたが
    何らかの方法で村人を運んできて
    ドアの数で自然に増える数以上に詰め込みたい場合
    このサイズだとわりと窒息死します。

    微妙に中央ではないような気がしますので
    もう1マス横幅があってもよかった気がいたします。

    間は3マス
    間は3マス

    村人ケースは地面から4マス目、
    何もない空間が3マスあるという高さになります。

    湧き潰しを忘れずに
    湧き潰しを忘れずに

    MOBが湧いても困るので…
    特に匠さんとか来てほしくないので…
    ダークオークの天井に適当な間隔でシーランタンを埋めました。

    …なんでも適当でごめんなさい(´-ω-`)

    壁を作る
    壁を作る

    ゴーレムさんが脱走しないようにぐるっと壁を作ります。

    作ってから思ったのですけど、
    別にここ壁にしないで
    全部ドアと屋根のぐるっとドアハウスでもいいのでは?

    ま、まぁ、なんとなくドアの数は十分そうなので
    いいことにしましょうか(;´∀`)

    さてさて。
    村人ケースに村人を入れなくてはいけませんね。

    はい。コマンドのお時間です(・∀・)

    このワールドではサバイバルで使えるコマンドは使ってOK
    というマイルールがございますので
    コマンドで村人を召喚してしまいます(   ̄▽ ̄)ノ

    村人を召喚
    村人を召喚

    /summon villager ~ ~1 ~ {Profession:0}

    こちらが農民系の村人を召喚するコマンドです。
    職業はなんでもいいのでとりあえず農民系になっただけです…。

    summon が何かを召喚するコマンドです。
    村人だけでなく、動物やMOBまでいろんな動くものを召喚できます。

    villager が村人です。
    この後に様々なオプションを付与できます。
    光らせたり変な見た目にしたりそれはもう色々と…。
    ただし、サバイバルではコマンドブロックが使えませんので
    文字数制限であまり色々なものは付けられません。

    コマンドブロックを使って村人で遊んでみると大変なことに…
    というのに興味がございましたらぜひ
    「コマンドで遊ぼう:村人編」をご覧になってください。

    閑話休題(;´∀`)

    Profession は村人の職業のジャンルです。
    0が農民系の茶色い服の人になります。
    このまま召喚すると農民だったり羊飼いだったり…
    ランダムで召喚されます。

    今回は本当に何の職業でもいいのでこのまま召喚!

    2人召喚
    2人召喚

    この時注意しなくてはいけないのは、
    コマンドブロックで召喚する時は
    コマンドブロックの上に立ちますが、
    サバイバルで召喚した時は
    自分と同じ場所に召喚されますので…

    村人ケースの外側に落とさないように
    できるだけケースの内側に近いところに立って召喚することです。

    鉄がイマイチ…だったら村人を追加するとして
    とりあえずこのお二人にパンを投げ込んで
    仲良く繁殖していただきます(ノ´∀`*)

    ラブラブ
    ラブラブ

    ちゃんとハートが出ているのを確認できました。
    ドアの設置の仕方は合ってたみたいε-(´∀`*)ホッ

    床に水流
    床に水流

    ではどんどん増えてゴーレムさんが湧いてしまう前に
    床に水流を作って中央の水路へ流します。

    ドアを設置したブロックから水を流します。
    全部のマスから、流します。
    真ん中はまだ海だから楽ですw

    出入り用はしご
    出入り用はしご

    これからいよいよ水路と処理層を作っていきますので
    内側への出入りがしやすいようにハシゴを設置しておきました。

    水路上段
    水路上段

    深さ2マス、長さ8マスの水路になるように床を設置します。

    水路下段
    水路下段

    そこから1マス下げて下段の床を設置していきます。

    壁際の2列(4マス)はゴーレムに落下してもらう場所なので塞がずに。

    大きさを計算していなかったので
    自然に水流が終わりませんが止めればいいのでほっときまして…。

    ゴーレム落下位置
    ゴーレム落下位置

    このように4マスの落とし穴ができます。
    見えやすいように処理層までガラス張りにしようと思います。

    水を抜く
    水を抜く

    とりあえず水流を作らなくてはなりませんので
    一旦水路の水を抜きます。

    スポンジでぽんとな( *´艸`)

    水流設置
    水流設置

    一番奥の2マスから水を流して水流を設置します。

    見上げれば子供が
    見上げれば子供が

    見上げると子供が誕生していました。
    亀のペースですが順調に増えていってくれそうです(*‘ω‘ *)

    増えきる前に処理層まで仕上げねば(@_@。

    水流を延長
    水流を延長

    1段下がっているところからも水を流して水流を延長します。

    これで下まで落とすところまでは完成です。
    あとは…

    潜ります(`・ω・´)

    ガラスで囲う
    ガラスで囲う

    4マスの落下スペースの周りをぐるっと
    ガラスブロックで囲います。
    海底までとりあえずはまっすぐに。

    後で収納スペースや出入り口やらなんやらの
    人がいられるスペースも作りますが
    まずはゴーレムが落ちてこないうちに囲います(;´∀`)

    上に戻る
    上に戻る

    大きさが適当でしたので
    上に戻って落下場所を見ると水がダバァ…。

    この状態になるように(水源になってないように)
    水を抜いておきまして…
    えーっと…

    このままでも問題ないのですが
    気分的にアレなので後で水は止めましょうか(;´∀`)

    回収場所
    回収場所

    ひとまず見た目とか気分的にとかよりも
    ゴーレムは落ちてくる前に処理層を完成させたいので
    水流は気にせずアイテムの回収場所にチェストを設置します。

    いくらものぐさなNanoでもラージチェスト6つあれば…
    移動させずに放置しまくっても大丈夫でしょう。

    ホッパーを接続
    ホッパーを接続

    チェストに向かってホッパーを接続します。
    全部チェストに向かってです。
    そうすると下のチェストから順に貯まってくれます。
    (ほんの少し1番上に入りますけど)

    処理層下のホッパー
    処理層下のホッパー

    一番上のホッパーは4マスです。

    横から見ると
    横から見ると

    横から見るとこんな感じになります。
    この上に処理部分が乗っかります。

    ………なんか凄い水中作業をしているように見えますが
    すぐそばは水の壁で息継ぎ楽々ですし、
    足元のシーランタンで視界も確保されていてとても楽です。

    何より!

    地上だと登ったり降りたりってスライム積み上げたり
    失敗して何度も行ったり来たり…
    落下してみたり…
    と、高所になればなるほど面倒だと思いますが…

    海上から海底まで、かなりの高さがあるにも関わらず
    落下を一切気にすることなく、
    登り降りも自由でとっても快適に作業できます。

    水中呼吸と水中歩行のエンチャントは必須ですけどね(๑•̀ㅂ•́)و✧

    さて、作業に戻りまして…。
    ホッパーの上にパワードレールを敷きたいので
    水がダバァしているのは困るんですよね。

    看板で止める
    看板で止める

    というわけで上に戻りまして
    画像のように看板を両サイドに設置して
    水流を止めます。

    ここが一番危険!!

    水路の水に流された先はもう水のない空洞です。
    そのままホッパーの上まで自由落下すると………
    はい、命の危機です(;´∀`)

    予め荷物置き場その他のスペースを拡張して
    ホッパーの上にスライムブロックを敷き詰めておく…
    なんてことは思い付きませんでした(ノ´∀`*)エヘ

    水源のマスには置かないように、
    スライムブロックを積み上げて
    上に登って脱出します(;´∀`)
    (積み上げたスライムは壊します)

    下からの眺め
    下からの眺め

    お空が綺麗だな~(´▽`*)アハハ

    って…
    すごい高さです。
    地上ではやりたくないですね…。

    残念ながらゴーレムさんは落下ダメージを受けませんので
    このままでは処理できません。

    というわけで処理部分を作っていきます。
    と、その前に…

    そろそろ空気がほしいのでw
    ちゃんと小屋にするとしましょう(;´∀`)

    ちゃんと?
    ちゃんと?

    ちゃんとと言いましたがまぁ…
    空気のある部屋です。はい。

    出入り口は海底神殿に向いていまして
    海底神殿からすぐにここに入れるようになっております。

    スムーズな足場
    スムーズな足場

    水の壁は段差がねぇ…
    いちいちスペース押さないといけないから…

    というわけで足元はハーフブロックを前後に敷いて
    どちら側からもスムーズに出入りできるようにいたしました。

    パワードレール
    パワードレール

    やっと作業再開ですね(;´∀`)

    ホッパーの上にパワードレールを敷きます。
    方角の問題で縦になってますが大丈夫です。

    階段ブロック
    階段ブロック

    ホッパー付きトロッコを乗せる前に
    ズレてこないように階段ブロックを設置します。
    チェストの上なので、チェストが開けられるように階段にしました。

    ホッパー付きトロッコ
    ホッパー付きトロッコ

    パワードレールの上にホッパー付きトロッコを乗せます。

    マグマブロック
    マグマブロック

    溶岩嫌いなNanoの大好きマグマブロックを乗せます。

    覆う
    覆う

    ゴーレムさんが脱走しないように
    しっかり全面を塞ぎまして完成ですヽ(´ー`)ノ

    海中ゴーレムトラップ!!

    見た目
    見た目

    全く景観を損ねないというわけにはいきませんが
    Nano的には許容範囲かなという感じにできました。

    早速落ちてきた
    早速落ちてきた

    早速ゴーレムさんが落ちてきました。
    間に合ってよかったー(;´∀`)

    入ってる
    入ってる

    うんうん、ちゃんとチェストに鉄が入ってますね。
    成功♪成功♪

    なお…
    景観を損ねたくないとぶつぶつ言っていた海上はといいますと…

    不自然www
    不自然www

    どうにもならない不自然さを醸し出しておりますが
    ビルみたいになってしまうよりはいいかな(;´∀`)

    海底神殿には壁がないし
    海底に妙な装置があるし
    海にドアハウス浮いてるし…
    なんだか変な拠点になってきましたね(*´艸`*)

    で…

    非常に長くなってしまいましたが
    タイトルに書いた効率がヤバかったというお話。

    Nanoタウンにあるゴーレムトラップより
    随分鉄の貯まる速度が早いのです。
    約1日放置でラージチェスト1列半でした。

    数えてみましたところ、
    ゴレームが2体スポーンするほどドアはなく、
    落雷で村人が減っても勝手に増えるくらいしか
    特に意味がなさそうなのですが…

    どういうわけかよくゴーレムが降ってくるんですね。
    その理由を調べてみましたところ…

    アイアンゴーレムが家の床よりも下へ7ブロック以上落ちた場合、村の境界の外にすぐに出て、「村」から独立したことになる。よって前のゴーレムが死ぬ前であっても新しいゴーレムがスポーンできるようになる。

    Minecraft Wikiより

    床になる部分がY63でマグマブロックがY40でしたので…
    めっちゃ落下したな!(´∇`)ケラケラ

    というわけで、溶岩より処理の遅いマグマブロックですが
    処理待ちの時間を無視してどんどんスポーンしてくれていた
    というのが原因でございました。

    今まで高さとか考えたことなかったので
    これは偶然にもいいことを知りました(*‘ω‘ *)

    蛇足的な小ネタがあったのですが
    あまりにも長くなってしまったのでそれは次回にさせていただきます。

    長々とお付き合い下さりありがとうございますm(_ _)m
    何かのお役に立てれば幸いです(*‘ω‘ *)


  • カーペット無限増殖と簡易アイテムエレベーターの改修

    レールを無限増殖したり
    カーペットを無限増殖して無限かまどに接続して燃料にしたり
    カーペットの無限増殖を量産したり…
    すっかり無限増殖ネタばかりになっておりますが…

    どれも保管に無限チェストを使っているので
    鉄をすごい量消費しております。

    で…

    カーペットの無限増殖機には
    スライムブロックを3段の逆T字にしておりましたが
    2段のL字でできるということを教えていただきましたので
    試してみようと思います(`・ω・´)

    教えていただいたのは
    工業系MODを駆使してバニラとは別世界のことたくさん!な
    YouTube Liveが楽しい木下様でございます。
    Twitterでもいつも色々教えていただいてます(ノ´∀`*)

    自動かまどに接続しているせいで高さがあり
    簡易アイテムエレベーターを使っている
    白のカーペット無限増殖機を手直ししてみたいと思います。
    回路も教えていただいたのでそちらも試してみます。

    粘着ピストンにスライラム
    粘着ピストンにスライラム

    自動かまど、無限チェストの部分は変わりませんので
    そこの部分は今回は説明を省きまして…

    粘着ピストンにスライムブロックをくっつけた状態で
    下の方(カーペットがあった部分)を一度壊しました。
    上の方の相互に向き合うホッパーも邪魔なので一旦撤去。
    (あとで再設置します)

    さぁ、作ろうか(`・ω・´)

    L字
    L字

    前回は逆T字で作りましたが
    もっとコンパクトなL字でできちゃいます。
    ※バージョンによってなのか動かないこともあるみたいです。

    粘着ピストンにくっついているスライムブロックの下に
    スライムブロックを2個追加。
    そこから前方(装置のない方)にスライムブロックを1個。

    パワードレールとカーペット
    パワードレールとカーペット

    パワードレールを敷いて
    カーペットを1個乗せます。

    これだけ!(@_@。
    最小サイズですねぇ。

    レバーを付ける
    レバーを付ける

    後は一度撤去したコンパレーターとホッパーを設置して
    ブロックとレッドストーントーチを重ねて
    下にレバーを設置して完成です。

    レバーをオンにするとガシャガシャと動きます。
    細かい作り方は
    カーペット無限増殖&無限チェスト+自動かまど
    の記事を見ていただければと思います(*‘ω‘ *)

    さて、無限増殖が少しコンパクトになったところで
    お次は簡易アイテムエレベーターの回路を修正してみます。

    撤去してスペースを作る
    撤去してスペースを作る

    ドロッパーに繋がる回路を撤去しまして
    新たに回路スペースを確保いたします。
    シーランタンの上には置けないのでプリズマリンにしました。

    ホッパーの上にカーペットが敷いてあるのは
    ここがスライムチャンクでして
    中でスライムがわーいわーいしていたからです…(´-ω-`)
    ホッパーの上にMOBは湧きます。

    回路
    回路

    ドロッパーからコンパレーター、リピーター、
    コンパレーター(1回右クリックして減算モード)、
    レッドストーンと置きまして
    隣の列にレッドストーンを繋げまして
    コンパレーターの横にリピーターで完成です。

    とてもコンパクト!(ノ゚ο゚)ノ

    最初のL字にしていた回路よりもわかりやすいですね。
    限られたスペースで回路をどうにかしようとすると
    結構難しくてNanoはとても苦手なのですが
    このサイズならどこにでも作れそうです。

    実は相互に向き合うホッパー式ではなく
    オブザーバーを使った方法を教えていただきまして
    そちらのほうが高速に動作するのですが
    Nanoのワールドでは動作が安定しなかったので
    今回はホッパー式にしました。

    他にも動く場合と動かない場合があるようで
    原因は不明なのですが
    スライムブロック2段で動かなかったら3段とか、
    ホッパー式が動かなかったら別の…とか、
    環境に合わせて試してみてください(   ̄▽ ̄)ノ


  • カーペット無限増殖機を量産するよ!

    以前書いたカーペット無限増殖&無限チェスト
    今回は自動かまどなしで白色以外の色を作ってみます。
    色はよく使う色と染料が大変な色だけ作ります。
    全色は…なくていいかな…(;´∀`)

    まずは白色のと同じ作り方で青を。
    前回と同じ作り方ですが自動かまどがないので
    少し簡単になっているのですがさらっと載せていきます(`・ω・´)

    チェストとホッパー
    チェストとホッパー

    まずは無限チェストの部分から。
    無限チェストはチェスト付きトロッコの分だけ
    いくらでも収納できるスグレモノです(๑•̀ㅂ•́)و✧

    チェストを置いて
    チェストに向かってホッパーを設置します。
    その周りをブロックで囲みます。
    青のカーペットなので青い羊毛にしました。

    パワードレールとホッパー
    パワードレールとホッパー

    ホッパーの上にパワードレールを敷きます。
    Shiftを押しながらぽんと。

    そのパワードレールに向かってホッパーを設置します。
    微妙な当たり判定があるので
    Shiftを押しながらぽんと。

    ディスペンサー
    ディスペンサー

    ホッパーの周りをぐるっとブロックで囲んで
    パワードレールの方に顔が向くように
    ディスペンサーを設置します。

    チェスト付きトロッコを詰める
    チェスト付きトロッコを詰める

    ディスペンサーの中にお好きなだけ
    チェスト付きトロッコを詰めます。

    このチェスト付きトロッコの数だけ
    チェストが増えるということなので
    足りなくなったら後からどんどん増やせます。

    レバーを設置
    レバーを設置

    横にレバーを設置して(後で画像の位置からはずらしてます)
    オン・オフしてパワードレールの上に
    チェスト付きトロッコを乗せていきます。

    1マスの上に乗るので
    見た目で何個乗ってるかわからないのですが
    ここにうっかり落ちると圧迫死されて死亡しますので
    上の方で作業をする時は注意が必要です(;´∀`)

    チェスト
    チェスト

    ホッパーの上にチェストを設置します。
    このチェストに増殖したカーペットが入ります。

    上のチェストに入ったアイテムが
    ホッパーを通してチェスト付きトロッコに入り、
    下のホッパーを通って下のチェストに入ります。
    チェストがいっぱいだと
    チェスト付きトロッコに貯まっていくので
    チェスト付きトロッコの数だけ収納できる仕組みです。

    ホッパーを繋ぐ
    ホッパーを繋ぐ

    上のチェストに向かってホッパーを繋ぎます。
    このホッパーにカーペットを回収するホッパーを
    ずらっと繋いでいきます。

    ぐるっと
    ぐるっと

    先程のホッパーへぐるっとホッパーを繋いでいきます。
    中央の列はスライムブロックがくっついてしまうので
    中央をあけてぐるっとホッパーを繋ぎます。

    ここから青のカーペット装置から画像は移りまして…
    作り方は同じなので続きを…と。

    上から見た感じ
    上から見た感じ

    このように真ん中の列が空いた状態になります。
    カーペットは前方にしか飛び散らないので
    手前のホッパーはなくていいのですが
    なんとなく繋いでます。
    (なのでホッパーの節約に手前の方は付けなくて大丈夫です)

    スライムブロックにパワードレール
    スライムブロックにパワードレール

    真ん中の列のホッパーの1段上に
    スライムブロックを3つ並べ
    両端にパワードレールを乗せます。

    と、この時はこう作ったのですが…
    手前のスライムブロックとパワードレールは
    設置しなくて大丈夫でした。
    バージョンによってなのか不明なのですが
    動作しないこともあるようなので
    動かしてみて動かなかったら付けてみてください。

    縦にスライムブロック
    縦にスライムブロック

    中央にスライムブロックを3つ重ねます。
    ………。
    実は2個で大丈夫でした。
    これも動作しない場合があるようなので
    正常に動作する方で…という感じで(;´∀`)

    カーペットを重ねる
    カーペットを重ねる

    前方(チェストのない方)のパワードレールの上に
    カーペットを乗せていきます。

    スライムブロックを3段にした場合は
    画像と同じようにカーペットを2段に、
    スライムブロックを2段にした場合は
    カーペットを1枚乗せてください。

    粘着ピストン
    粘着ピストン

    粘着ピストンをスライムブロックにくっつくように設置します。

    コンパレーター
    コンパレーター

    粘着ピストンの後ろにコンパレーターを設置します。
    向きに注意です。

    ブロックを置いて
    ブロックを置いて

    コンパレーターの後ろに何かブロックを仮置きしまして…

    ホッパーを付ける
    ホッパーを付ける

    仮置きしたブロックに向かってホッパーを設置します。

    相互に向き合うホッパー
    相互に向き合うホッパー

    そのホッパーに向かってホッパーを設置します。
    Shiftを押しながらぽんと。

    両方のホッパーがお互いを向いているようにします。

    何か1つ入れる
    何か1つ入れる

    ホッパーに何か一つアイテムを入れます。
    どんなものでも大丈夫です(๑•̀ㅂ•́)و✧

    動きます
    動きます

    アイテムを入れるとガシャガシャと動きまして
    カーペットがどんどん飛び散っていきます(ノ゚ο゚)ノ

    スイッチを作る
    スイッチを作る

    ホッパーにレッドストーンの信号が入ると
    ホッパーは動かなくなりますので
    下からブロック、レッドストーントーチ、ブロック…
    と交互に重ねていき、
    下にレバーを付けてオンオフできるようにします。

    場所はお好きな高さで(๑•̀ㅂ•́)و✧

    囲う
    囲う

    あとはぐるっと囲ったホッパーから
    増殖したカーペットが飛び出さないように
    お好みのブロックでしっかり囲ったら完成ですヽ(´ー`)ノ

    チェストを確認
    チェストを確認

    また別の色になっておりますが…

    無限チェストの下のチェストまで
    ちゃんとアイテムが入っているか確認してください。
    入っていない場合はどこかのホッパーが繋がっていないかも。

    ずらっとな
    ずらっとな

    そして量産された無限カーペットの群れがこちら(・∀・)

    色ごとにわかりやすくしてあります。
    デザインは………
    まぁ、隠すための地下室だし?(;´∀`)
    いいかなって…(;´∀`)

    さて、これでNanoが使う色は揃ったのですが
    この相互に向き合ったホッパー式ではない作り方を
    Twitterで教えてもらいましたので
    そちらの方も後で試してみようと思います(`・ω・´)

    お察しかと思いますが…
    こんなことをやると鉄がすごい勢いで消えていきます☆彡