• タグ別アーカイブ: 自動
  • 簡単な製氷機(氷製造機)

    水流を使う装置を作る時にあると便利な氷ブロック
    雪の降るバイオームを見つけていれば集めておくといいですよね。

    氷はシルクタッチのエンチャントが付いたツルハシで回収できます。
    普通に壊してしまうと水になってしまいます。
    氷集めにはシルクタッチが必須です(๑•̀ㅂ•́)و✧

    尚、樹氷のあるバイオームにある氷塊や
    氷渡りのエンチャントで凍ったときの薄氷は別物です。

    川など自然にできている氷を集めてもいいんですが
    時間がかかってしまうので
    今回は製氷機を作ってみました(`・ω・´)

    参考にさせていただいたのはMasayukiGames様の
    製氷機のご紹介【マイクラ】」です。
    Nanoは効率よりも楽が大事なので
    効率アップの難しいギミックは作りませんでした。

    では、早速作り方を…。

    サイズ
    サイズ

    地面にスライムブロックと鉄ブロックを5マスごとに置いて
    製氷機のサイズをわかりやすくしてみました。

    19×19のサイズになります。
    製氷機っていうか氷畑みたいですね(*´艸`*)

    ブロック部分
    ブロック部分

    完成したときの形は
    3つの角に2×2のブロックを置いて
    1ヶ所はギミックの場所になります。

    壁際にぐるっと水源を設置して
    水源を保護するためにぐるっと上にブロックを置いて
    ギミック部分に感圧板を設置して
    感圧板に乗ると角のブロックが引っ込んで水が流れて
    氷を回収した後にまた全部が水源になるという仕組みになります。

    掘っていく
    掘っていく

    では早速掘っていきます。
    高さは地面と一緒のほうがいいかなって…。

    先程目印に置いたブロックの位置、19×19サイズを掘ります。
    深さは1マスです。

    枠

    外枠にぐるっとブロックを置きます。
    そして3つの角に2×2でブロックを置きます。

    枠に使うブロックは氷を回収する時にツルハシで壊してしまうと困るので
    ツルハシで壊しにくいブロックを使います。
    木材がいいかなと思いますが他のブロックでもOKです。

    床も張替え
    床も張替え

    床も石や砂岩だと氷と一緒に壊してしまう可能性がありますので
    床を木材に張り替えます。

    この時ギミックを作る角は2×2で残しておきます。

    深さ2マス
    深さ2マス

    残したギミック部分を床下を1マス掘って
    外枠から深さ2マスになるように掘ります。
    床からは深さ1マスです。

    角にブロック
    角にブロック

    外枠側の角にブロックを1つ置きます。
    このブロックはなんでもOKです。

    RS
    RS

    ブロックの上にレッドストーンを置きます。
    ちょんと。

    粘着ピストン
    粘着ピストン

    反対側の角、床のある方に上向きに粘着ピストンを置きます。
    画像のように斜めの位置です。

    RSトーチ
    RSトーチ

    レッドストーンを置いたブロックにレッドストーントーチを付けます。
    付けた時にガシャンと粘着ピストンが伸びて
    粘着ピストンが床と同じ高さになります。

    ハーフブロック
    ハーフブロック

    空いている2マスに上付きハーフブロックを設置します。
    フルブロックではなくハーフブロックです。

    ここもツルハシで壊さないように木材を使います。

    こうなる
    こうなる

    上付きハーフブロックを2つ置いた状態です。
    床面がフラットになっています。

    ブロック
    ブロック

    粘着ピストンの上にブロックを置きます。
    ここも床面と同じように木材で。

    ブロックと感圧板
    ブロックと感圧板

    角のレッドストーンの上にブロックを置いて
    ブロックの上に感圧板を置きます。

    このブロックも木材で。

    乗ると平らになる
    乗ると平らになる

    感圧板に乗ってみます。
    ブロックが引っ込んで床が平らになればOKです。

    下りると出る
    下りると出る

    感圧板から下りるとブロックが出ます。

    水源を設置
    水源を設置

    現地調達した氷でぐるっと水源を置いていきます。

    水源の位置がわかりやすいように氷にしましたが
    水入りバケツで水を流してもOKです。

    外枠の内側にぐるっと水源を設置します。
    ギミックのあるところも忘れずに。

    ハーフブロック
    ハーフブロック

    水源が凍って氷になってしまうと水がなくなってしまうので
    水源の上にハーフブロックを置いて水源を保護します。

    ハーフブロックを置いていく時にもどんどん凍るので
    凍ってしまったら壊して水に戻してから保護します。

    ぐるっと
    ぐるっと

    全ての水源の上にハーフブロックを置きました。
    水流ができて中央1マスが水がない状態になっています。

    乗って広げる
    乗って広げる

    感圧板に乗るとブロックが引っ込んで
    角から水が流れて水が広がっていきます。

    水源になる
    水源になる

    水が全体に広がりまして
    全てが平らな水源になります。

    降りて放置
    降りて放置

    感圧板から下りるとブロックが出て
    四隅にブロックがある状態になります。

    氷はブロックに接しているところからできていくので
    四隅から氷が広がっていくことになります。

    というわけでしばし放置!

    できました
    できました

    暇なので待っている間に湧き潰しなどしておきました。

    氷は明るさ11から溶けてしまうので
    氷部分が明るさ10以下になるように調整しなければいけません。

    ただし、四隅にあるブロックが明るさ7以下になるとMOBが湧くので
    MOBが湧かないように明るさ8以上にしなければいけません。

    めっちゃシビアじゃないですか?!

    というわけで…
    氷から2マス空けてレッドストーンランプを埋め込みました。
    1マスおきにしてるのは見た目のためです。
    重要なのは四隅にあるブロックです。
    しっかり明るさを確認してください。

    そして全部凍ると画像のようになります。
    一面氷!ヽ(´ー`)ノ

    シルクタッチのエンチャントが付いたツルハシで回収しましょう。
    壊していくと保護してある水源から水が流れて
    拾えなかった氷ブロックは中央に集まります。
    それも忘れずに回収(`・ω・´)

    氷を全て回収したら感圧板に乗って
    また全てを平らな水源にして凍るまで放置です(๑•̀ㅂ•́)و✧

    凍るまで結構時間がかかりますので放置推奨です。
    動画では効率アップした改良版が紹介されていますので
    できるだけ待ちたくない方は動画をご覧になってください。

    作るのはとても簡単ですよね(*‘ω‘ *)
    気を付けなきゃいけないのは明るさだけでしょうか。
    水入りバケツと違ってスタックできるので便利な氷。
    在庫を持っておきたいですね(๑•̀ㅂ•́)و✧


  • 上り専用エレベーター

    以前作ったオブザーバーを使ったエレベーター
    何もしてないのに壊れてる…ということが多くて
    Nanoのワールドではオブザーバーが相性悪いので
    もっとシンプルなものを…と建て替えることにいたしました。

    参考にさせていただいたのはMumbo Junbo様の
    The Simplest PISTON ELEVATOR in Minecraft!」です。
    実はNanoは英語が全くわからないので作り方は見たままパクらせていただきました。
    何か大事なこと言ってるかもしれませんが…
    わからないので…(;´∀`)

    今回作ったエレベーターは

    • コンパクト
    • 作るのが簡単
    • 高さ自由
    • オブザーバー不使用なので壊れない
    • 上り専用
    • 大量にピストンを使用
    • (工夫しなかったので)乗り降りが原始的

    といった特徴があります。

    解体していくよー
    解体していくよー

    コンパクトで各階止まりの便利なエレベーターに別れを告げて
    同じ場所に作りますので解体します(`・ω・´)

    上空にある駅はできるだけいじりたくなかったので
    コンパクトなものを探したというのもあり…。

    さくっと壊しまして…。

    では、早速作っていきます(`・ω・´)

    3×3
    3×3

    今回必要な大きさは3×3です。
    とてもコンパクト!

    粘着ピストン
    粘着ピストン

    一番奥の中央のマスに粘着ピストンを置きます。
    向きは手前に粘着面が来るように置きます。

    積み上げる
    積み上げる

    この粘着ピストンを必要な高さまで積み上げいきます。
    ずらーっと。

    この時点でうわぁ…って思われた方もいらっしゃるかもしれませんが
    まだまだです( ̄ー ̄)ニヤリ

    上から2マス
    上から2マス

    目的地の床から2マス開けた位置まで粘着ピストンを積み上げたら
    一度下へ戻ります。

    こういう作業の時スライムブロックが大活躍しますね(*´艸`*)
    まだスライムTTを作っていない方は是非作ってみてください。
    建築とかとても楽になります(*‘ω‘ *)

    ピストン
    ピストン

    下まで戻りましたら中央のマスに上向きにピストンを置きます。
    粘着ではない普通のピストンです。

    積み上げる
    積み上げる

    こちらも粘着ピストンと同じ高さまで積み上げます

    上に乗ってジャンプしながらぽんぽん置いていけばOKです(๑•̀ㅂ•́)و✧

    こんな感じ
    こんな感じ

    そしてまた下に戻ります。

    で、見上げるとこんな感じです。
    ピストンの使用量は高さ次第ですが、
    高いところまで作ると相当な数になります(;´∀`)

    右にブロック
    右にブロック

    右1列にブロックを置きます。
    3個です。

    レッドストーン
    レッドストーン

    そのブロックの上にレッドストーンを敷きます。
    3つとも。

    1段上
    1段上

    左側は1段上に1列(3個)ブロックを置きます。

    そしてRS
    そしてRS

    そしてこちらも上にレッドストーンを敷きます。

    また右に
    また右に

    次は右側に…
    レッドストーンの上にブロックを置いていきます。

    見た目浮いてるように見えるかもですが
    レッドストーンの上に置いているだけなので簡単です(*‘ω‘ *)

    またRS
    またRS

    そしたらまたレッドストーンを敷きます。

    そろそろ飽きてきた画像ですよね(;´∀`)
    この繰り返しなんですが一応左側ももう1段貼っておきます(;´∀`)

    以降繰り返し
    以降繰り返し

    左側もレッドストーンの上にブロックを置いて
    その上にレッドストーンを敷きます。

    あとはこの繰り返しで一番上まで作っていきます。

    上まで来た
    上まで来た

    ほい。上までできました。

    左右の高さが1段ずつ交互になっている状態です。

    1段ブロック
    1段ブロック

    低い方のレッドストーンの上にブロックを1段置いて
    ピストンの奥にもブロックを1個置きます。
    L字に4個。

    左に1個
    左に1個

    高い方のレッドストーンの上の一番奥にブロックを1個置きます。

    RS
    RS

    L字に置いたブロックの手前にレッドストーンをちょんと。

    リピーター
    リピーター

    その奥にリピーターを設置して1回右クリックします。
    向きは画像の向きで。

    RS
    RS

    奥の2個のブロックにレッドストーンを敷きます。

    不動ブロック
    不動ブロック

    ピストンの上に不動ブロックを置きます。
    黒曜石なんかが普通でしょうか。

    ビーコンでも!
    ビーコンでも!

    光源にもなるビーコンも不動ブロックですので
    Nanoはビーコンを使うことにいたしました。

    ウィザスケトラップウィザー討伐部屋があるので
    ビーコンは全然もったいなくないんですよね(*´艸`*)

    実は完成です
    実は完成です

    実はもう上り専用エレベーターは完成です。
    お疲れ様でした。

    …じゃなくて(;´∀`)

    下りるときは落下ですので、その準備もしなくては。。。

    1マス掘る
    1マス掘る

    中央が登り口なのですが、落下するのもここが便利なので
    1マス掘りまして…

    水

    を入れます。

    これで安心して落下できますね(๑•̀ㅂ•́)و✧

    スイカ!
    スイカ!

    乗る場所はこのスイカの場所です。
    ここはスイカがベストだと思います。

    と言いますのも、
    ここに置いたブロックはピストンで押し出されます。
    不動ブロックは使えません。

    ということは変な取り残されたブロックができてしまうんですね。
    それを回避するのにピストンで押されるとアイテム化するものがいいかなと。

    アイテム化するものと言えばカボチャもそうなのですが
    現バージョンではカボチャを置くには下にブロックが必要です。
    水を消してしまうわけにはいかないので
    そのまま設置できるスイカがベストかな?というわけです。

    1回使うごとにスイカ1個消費がもったいない気もいたしますが
    自動スイカ栽培機があればそんなに困ることもないかなと。

    では使い方の説明です。

    RSブロックを持って…
    RSブロックを持って…

    スイカを設置したらレッドストーンブロックを持ってスイカの上に乗ります。

    そしてジャンプして足元のスイカの上にレッドストーンブロックを置きます。

    上ってく
    上ってく

    結構な速さで上に登っていきます。
    ガシャガシャうるさいですけども。

    結構な速さなので、
    レッドストーンブロックを置いてから急いで飛び乗るのは難しいです。

    到着
    到着

    無事上まで到着いたしました。

    今乗ってきたレッドストーンブロックを壊すと
    水の張ってある乗り口へ落下できます

    周りは埋める
    周りは埋める

    床に穴が空いていては危険ですので
    余計な部分を埋めて完成ですヽ(´ー`)ノ

    下り口
    下り口

    レッドストーンブロックを壊すと
    ガシャンとピストンの音がして真下まで障害物がなくなります。

    水があるので大丈夫と分かっていてもちょっと怖いですねw
    でも大丈夫なので落ちます()

    ちゃぷん
    ちゃぷん

    落下中に移動するキーを押さないことは重要です。
    真下の水にちゃんと落ちれないと危険です。

    レッドストーンブロックを壊してできるスペースは1マスですから
    まっすぐ何もせずに落ちましょう(;´∀`)

    チェストの中身
    チェストの中身

    1回使い捨てのスイカは予備をチェストに入れておきました。
    レッドストーンブロックは上ったら壊して下りるのでいらないのですけど
    なんとなく入れておきましたw

    普段ツルハシを持ち歩いていない方はツルハシも入れておくといいかもしれません。

    (英語がわからないばっかりに)
    こういう使い方が想定されていたかはわかりませんが
    シンプルで原始的()で壊れないエレベーターができました。

    完成
    完成

    出来上がりはこうなりました。

    Nanoは壁などはいらなかったのでそのままですが
    周りを装飾したり屋内に作るのもいいと思います(*‘ω‘ *)

    壊れない!
    コレ大事…w


  • 自動コンクリート製造機

    Nanoタウンには水辺が近くにあり
    海底神殿拠点はもちろんそこら中が水でして
    コンクリートを作るのに困ったことはないのですが…

    やっぱり並べて壊しての繰り返しは面倒ですね。

    というわけで今回は自動コンクリート製造機を作ってみました。
    自動と言ってもツルハシで壊すのは手動です。
    あと、コンクリートパウダーまで自動でクラフトはできません。

    作り方はちーちゃんねる様の
    【マインクラフト】超簡単!コンクリート製造機!!ちーのマイクラ実況!Part71
    を参考にさせていただきました。

    それでは作り方を。

    大きさ
    大きさ

    大きさは4×4です。
    とってもコンパクト!
    外装などは含まれてませんので必要なだけ足してください。

    回収用チェスト
    回収用チェスト

    左側に出来上がったコンクリートが入るチェストを設置します。

    ラージチェストを使ってますが
    コンクリートをそんなに大量生産することってまずなくない?
    って感じなので、小さい方のチェストでもいいかと思いますが
    とりあえずラージチェストでw

    チェストに向かってホッパー
    チェストに向かってホッパー

    ラージチェストに向かってホッパーを設置します。
    場所は前から見てラージチェストの右後ろです。

    後ろにブロック
    後ろにブロック

    ホッパーの後ろにブロックを置きます。
    ブロックはなんでもOKです。

    ガラス
    ガラス

    チェストの左側にガラスを置きます。
    チェストが開くためにガラスにしているだけなので
    ここは階段でもOKです。

    トラップドア
    トラップドア

    ガラスブロックの横にトラップドアを付けます。
    場所は内側です。

    木材
    木材

    ガラスブロックの後ろに木材を置きます。

    これはツルハシで壊しにくいようにするためなので
    原木でもいいですし、黒曜石でもいいです。
    ツルハシで簡単に壊せなければOKです。

    ディスペンサー
    ディスペンサー

    Nanoの嫌いなオブザーバーです…。
    でもこれは常時動かすものではないので
    気がついたら壊れてた!ってことはないかと思います。
    多分…。

    場所はホッパーの斜め右上です。
    ホッパーの上にスライムブロックを置いてくっつけると楽です。

    向きに注意
    向きに注意

    オブザーバーの向きは、
    顔がホッパー側に向くようにします。
    向きに注意してください。

    後ろにブロック
    後ろにブロック

    オブザーバーの後ろにブロックを置きます。
    オブザーバーのお尻側ですね。
    これも何のブロックでもOKです。

    レッドストーン
    レッドストーン

    今置いたブロックの真下にレッドストーンを置きます。

    Nanoの場合は床がシーランタンなので
    レッドストーンが置けないため、
    ここだけ床を変えてます。

    ドロッパー
    ドロッパー

    レッドストーンの横、手前側にドロッパーを設置します。

    このドロッパーにコンクリートパウダーを吐き出してもらって
    そのコンクリートパウダーを自分が自動的に拾うという仕組みです。

    ホッパー
    ホッパー

    ドロッパーに向かって、ドロッパーの上にホッパーを設置します。

    パウダー用チェスト
    パウダー用チェスト

    ホッパーの上にチェストを設置します。

    このチェストもラージじゃなくていいし…
    という場合は小さい方のチェストでいいかと思います。
    とりあえずラージチェストでw

    木材の上にブロック
    木材の上にブロック

    木材の上にブロックを置きます。
    これも何のブロックでもOKです。

    囲むように
    囲むように

    今置いたブロックと木材の後ろに2個ブロックを追加します。
    木材を囲む感じになります。

    後ろにブロック
    後ろにブロック

    今置いたブロックの後ろの列、
    下にブロックのある斜め上にブロックを2段積み上げます。
    下の隙間が気になる場合は下も埋めてしまって大丈夫です。

    屋根
    屋根

    特に必須ではないのですが凹みがわかりやすいように屋根を付けます。
    高さ2マスの空間が空いている上にブロックを置きます。

    反対側も覆う
    反対側も覆う

    オブザーバーのある方もブロックで囲います。
    凹みが完全に隙間のない状態になるように。

    水

    木材の奥のブロックに水を入れます。

    水が木材まで流れてトラップドアで止まると思います。
    この状態になっていればOKです。

    完成!
    完成!

    ほい。完成でございます。
    前から見るとこんな感じ。
    とっても簡単ですよね(๑•̀ㅂ•́)و✧

    あとは周りを囲ったり装飾したり自由に見た目を調整してくださいませ。

    一応付けてみた
    一応付けてみた

    上のチェストにはコンクリートパウダーを入れるので
    額縁にコンクリートパウダーを飾ってみました。

    下のチェストにもコンクリートを飾ってみたのですが
    パウダーと見分けがつかん!
    という理由でこっちだけに(;´∀`)

    手動で入れるのはここだけなのでいいかな(;´∀`)

    では使い方です。

    上にパウダー
    上にパウダー

    上のチェストにコンクリートパウダーを入れます。
    入れる量は作りたいだけ…なんですが、
    全部入れずに少しだけ残しておいてください。

    オフハンドに持つ
    オフハンドに持つ

    その少しだけ残したコンクリートパウダーをオフハンドに持ちます。
    右手にはツルハシを。

    あ…ツルハシが鉄だ…(;´∀`)
    ここは見栄張ってダイヤにすればよかった!w

    木材の部分
    木材の部分

    ドロッパーの横の隙間に立ちまして
    木材のところにカーソルを合わせて
    マウスの右と左を同時にクリック!

    連打しなくて押しっぱなしでOKです。

    ずっと壊せる
    ずっと壊せる

    するとオフハンドのコンクリートパウダーを置いたかと思ったら
    右手のツルハシで壊してしまいまして
    オブザーバーがブロックを感知しますので
    ドロッパーからコンクリートパウダーが吐き出されます。

    ドロッパーの前に立っているので
    ドロッパーから吐き出されたコンクリートパウダーは自動的に拾って
    既に手に持っているコンクリートパウダーに追加され
    延々と置く・掘るを繰り返すことができます。

    ちょっと画像が分かりにくい?(;´∀`)

    途中で止めてみた
    途中で止めてみた

    途中で止めてみました。

    奥から流れる水流によって
    木材の横に設置されたコンクリートパウダーがコンクリートになってます。

    これをわりと高速で繰り返すってことになります。
    効率強化の付いていないツルハシだとちょっと遅いかも。

    下のチェストに入る
    下のチェストに入る

    壊したコンクリートは下のホッパーに吸い込まれて
    下のチェストに入ります。

    これで簡単にコンクリートの大量生産が可能に!ヽ(´ー`)ノ

    囲ってみた
    囲ってみた

    ちょっと建築物らしくブロックで囲ってみました。

    床面の隙間など暗くなる部分は危険なので
    ブロックで埋めてしまった方がいいかもしれません。
    Nanoは床がシーランタンなので(・ε・)キニシナイ!!

    上のチェストが開かなくなると困りますので
    上側はガラスにいたしました。

    コンパクトで低コストかと思いますので
    是非作ってみてくださいね(*゚▽゚)ノ

    さて…
    何かコンクリートで建築してみたくなってまいりました…(*´艸`*)


  • ポーション自動製造機(醸造機)

    海底を整地していてポーションが大量に必要になり
    ちまちま手作業で作るのが面倒になりました。
    手抜きは正義!のNanoでございます。

    今回作ったのは
    ポーションの材料を順番にボタンでぽちぽちしていくと
    目的のポーションが出来上がる
    という自動醸造機です。

    回路ガーってなるので回収は手動です
    一気に大量生産はできません(´・ω・`)

    尚、よく使うもの以外はいらないかな…と思ったので
    全種類は揃えておりませんが
    種類を増やしたい場合は横に材料の数だけ増やせばOKです。

    では早速作り方を。

    目印
    目印

    目に優しくない床でごめんなさい(;´∀`)

    大きさは奥行き3マス、幅は必要なだけです。
    水入り瓶、醸造台、ネザーウォート、など必須なものもありますね。

    後から増やすこともできますので
    種類は必要なだけ作って大丈夫です。

    Nanoは暗視、水中呼吸、耐火のポーションに延長だけ作ります。
    水入り瓶、ネザーウォート、金のニンジン、フグ、マグマクリーム、レッドストーンとブレイズパウダーです。

    土台
    土台

    1番下は土台ですので省いても構いませんが
    後からここに1マス水を入れて水汲みスペースにしたいので
    できればあった方が便利だと思います。

    画像のスライムブロックのところが醸造台を置く場所です。
    醸造台に向かってホッパーを付ける時
    アタリ判定がシビアでかなり付けにくいので
    最初にスライムブロックに向かって作ってしまいます

    材料の数だけ
    材料の数だけ

    スライムブロックの右側には水入り瓶をセットしますので1マス、
    左側に材料をセットしますので
    左側は材料の数+1マス土台を作ります。
    周りを覆う場合はその分プラスしてください。

    ドロッパー
    ドロッパー

    材料の数だけドロッパーを用意して
    醸造台の横を1マス空けて上向きにドロッパーを設置します。

    ブロック
    ブロック

    ドロッパーの前はブロックで塞いでしまいます。
    このブロックにボタンを付けますので
    ボタンを付けることのできるブロックにしてください。

    ホッパー
    ホッパー

    ドロッパーに向かってホッパーを設置します。
    全てのドロッパーに向かってホッパーをシフトを押しながら付けます。

    これが2段目の高さになりますので
    先程の画像にはありませんでしたが
    下は土台のブロックを置いてます。

    チェスト
    チェスト

    ホッパーの上にチェストを設置します。
    この中に材料を入れます。

    ※この画像は間違いです。

    このようにチェストを並べたい場合、
    チェストとトラップチェストを交互に置くことになりますが
    トラップチェストは使えません。(信号が出てしまう)

    なので並べるためには

    1段上げる
    1段上げる

    交互にホッパーを1段追加して
    チェストを凸凹と並べます。

    後から気付きました。
    以下SSのチェスト部分がおかしいですがごめんなさい(;´∀`)

    上にホッパー
    上にホッパー

    後で醸造台に置き換えるスライムブロックに向かって
    上にホッパーを設置します。

    1列ホッパー
    1列ホッパー

    そのホッパーに向かってドロッパーの上にホッパーを設置します。
    向きはホッパーに向かって、横向きです。

    ドロッパーから吐き出された材料が
    このホッパーに入って醸造台まで流れるということです。

    右にホッパー
    右にホッパー

    後から醸造台に置き換えるスライムブロックの右側に
    スライムブロックに向かってホッパーを設置します。

    ホッパー追加
    ホッパー追加

    今設置したホッパーに向かって
    手前にホッパーをもう1つ追加します。

    チェスト
    チェスト

    ホッパーの上にチェストを設置します。
    このチェストには水入り瓶を入れます。

    後ろにホッパー
    後ろにホッパー

    スライムブロックの後ろ側
    スライムブロックに向かってホッパーを設置します。

    ブレイズパウダー用チェスト
    ブレイズパウダー用チェスト

    ホッパーの上にチェストを設置します。

    このチェストはブレイズパウダーを入れるチェストです。

    ボタンを設置
    ボタンを設置

    ドロッパーの前に置いたブロックにそれぞれボタンを付けます

    ついでに上も見えないようにブロックをもう1段追加してます。

    醸造台
    醸造台

    スライムブロックを撤去して醸造台を置きます

    醸造台に向かって横とか後ろとかにホッパーを付けるのが
    わりと難しいのでスライムブロックを置いてました。

    ホッパーの向きが合っているので
    後から醸造台に入れ替えればOKです。

    水用の穴
    水用の穴

    醸造台の隣の列の一番下に水を入れる場所を作りたいので
    土台のところを少し壊します。

    大釜だと大釜に水を入れなければいけないので
    何度も水を持って往復しなければなりませんが
    1マス水を用意しておけば無限に水入り瓶が作れます(๑•̀ㅂ•́)و✧

    看板
    看板

    手前に看板を設置して水が出てこないようにします。
    わかりやすく看板に水と書いておきましたw

    水の場所はここでなくてもいいので
    床に1マス掘るとか別の場所に作ってもいいですね(*‘ω‘ *)

    水を入れる
    水を入れる

    看板の後ろに水を入れます。

    汲みにくそうに見えるかもしれませんが
    やってみると意外とそんなことなかったです。

    いや、汲みにくい、という場合は別の場所にでも…(;´∀`)

    囲ったり貼ったり
    囲ったり貼ったり

    周りをブロックで囲ったりして目隠し目隠し(*´艸`*)

    材料の補充に上に登りますので
    後ろは階段状に登れるように残してあります。

    後ろ側に壁など何もない場合は後ろから補充できますので
    完全に塞いでしまっていいと思います。

    そしてここはブレイズパウダーのチェストなので
    わかりやすく額縁にブレイズパウダーを入れて手前に貼ってます。

    水入り瓶
    水入り瓶

    右側は水入り瓶のチェストですので
    ここには水入り瓶を額縁に入れて貼ってます。

    醸造台を確認
    醸造台を確認

    水入り瓶をチェストに入れると
    醸造台の下の枠に水入り瓶が3つセットされます。

    先程のブレイズパウダーのチェストにもブレイズパウダーを入れると
    左上の枠にブレイズパウダーが入っていると思います。

    画像では既に動作テストしてポーションを作った後なので
    ブレイズパウダーが燃えた後がありますが…(;´∀`)

    前もわかりやすく
    前もわかりやすく

    前面のボタンを付けた上に何の材料かわかるように
    額縁に材料を入れて貼ってます。

    ついでにその材料が何を作るものだったか忘れるので()
    ボタンの下にそれぞれポーションの名前を書いてます。

    右からベースとなる奇妙なポーション、
    その次に暗視、水中呼吸、耐火の材料、
    一番左はポーションを延長するのに使うレッドストーンです。

    ここまですればきっと忘れないでしょう…(;´∀`)

    チェストにも
    チェストにも

    材料を補充する時に間違ったものを入れたら意味がないので
    材料のチェストにもそれぞれ額縁に入れて貼っておきました。

    いや、ほら、場所忘れるし?(;´∀`)

    完成
    完成

    あとはもうちょっと覆うとかお好みで装飾して完成ですヽ(´ー`)ノ

    すっごーく簡単ですよね(`・ω・´)

    では使い方を。

    まずそれぞれのチェストに正しく材料を入れまして
    水入り瓶とブレイズパウダーが醸造台にセットされている状態です。
    暗視のポーションを作ってみます。

    暗視のポーションはまず奇妙なポーションを作って
    その後に金のニンジンで暗視のポーションを作って
    レッドストーンで8分のものに延長ですね。

    手動だとそれぞれの工程が終わるまで待って次…
    と作らなければなりませんが…

    最初にネザーウォートのボタンをぽち。
    次に金のニンジンのボタンをぽち。
    そしてレッドストーンのボタンをぽちっとします。

    作る順番通りにボタンを押すだけです(๑•̀ㅂ•́)و✧

    醸造が始まる
    醸造が始まる

    ボタンを押した順番に醸造台の上の枠に材料が入り
    順番に醸造が始まります。

    勝手に終わる
    勝手に終わる

    延長まで全部ほったらかしです。
    ボタンを押したら待ってるだけで完成です(*´艸`*)

    ホントは回収も自動でできたらいいのですけど
    下にホッパーを設置すると醸造台にセットされたそばから回収され…
    普通に水入り瓶のまま回収されてしまいます(;´∀`)

    そこで醸造にかかる時間だけホッパーをレッドストーントーチなどで止めておいて
    終わったら回収されるようにするとかできなくもないのですが
    そもそも何個ポーションを作るかとか
    材料の数とも連動しなければならないし…

    なんて考えて面倒になったのでやめました()

    というわけで、1回に作れる数は3個です。
    一度に大量生産する場合は完成するまで待機しないとですね(;´∀`)

    それでも手動でやるよりかなり楽だったので
    作るのも簡単だと思いますし是非お試しください。

    何かと使い道の多い暗視のポーションは金のニンジンを使いますが
    金鉱石を掘るのは面倒なので
    ゾンビピッグマントラップ
    ウィザースケルトントラップなどで集めるのが楽です。

    水アプデが来たらもっと使うことになるかもしれない水中呼吸は
    材料がフグなのでちょっと面倒ですが
    自動釣り機で放置中に集めるとか
    ガーディアントラップに手動で倒すスペースを作るとかが楽だと思います。

    ネザーで作業する時に便利な耐火のポーションは
    材料がマグマクリームなのでかなり面倒ですよね…。
    一応ウィザスケトラップでも少しは集まりますが
    スライムとブレイズパウダーで作ったほうが早いですね。

    スライムはスライムトラップで使い切れない量集まりますし
    ブレイズパウダーはブレイズトラップとか
    ウィザスケトラップで簡単に集まります。

    材料が…めんどいのは…どうしようもないかな…(;´∀`)

    そして完全に蛇足ですが…

    ヒエッ
    ヒエッ

    材料を取りに上の階に行ってる間に
    自動ポーション製造機の上にスライムが湧いてました( ゚д゚)

    スライムチャンクの存在を忘れていたよね…。
    明るくても油断できないよね…。

    湧き潰し…
    湧き潰し…

    スライムに悩まされている方は上にカーペットを敷くなど
    湧き潰しをお忘れなく…(´-ω-`)


  • ウィザースケルトントラップまとめ

    ウィザスケトラップの作り方記事がとても長くて
    何回も分割してしまったのでまとめ記事をば。

    今回のウィザスケトラップ作りは
    オロオロKT様の作り方を真似させていただきました。
    とてもわかりやすいので是非ご覧になってください。
    【マイクラ】ウィザースケルトントラップの作り方まとめ!

    1.ネザーの湧き潰し

    ネザーに平和が訪れました(`・ω・´)
    ネザーに平和が訪れました(`・ω・´)

    ウィザースケルトンをより多く湧かせるためには
    周囲の湧き潰しが必要不可欠です。

    作業中にガストに狙撃されて落下してマグマダイブ…
    なんてことがあったら目も当てられません(´;ω;`)

    とは言えネザーの湧き潰し作業はすごく大変です。
    Nanoはガストに襲われない程度には頑張りましたが
    上の方は雑だったり、至近距離の隣の要塞付近はやってなかったりと
    かなり挫けた部分があります。

    それでも効率はかなりいいので
    どこまで湧き潰しをするかは気力と相談で…(;´∀`)

    溶岩の海を埋め立てて陸地もハーフブロックで湧き潰し…
    のえっぐい作業はこちらの記事で書きました。
    心が折れない程度に見てやってくださいw

    →「ネザーに平和が訪れました(`・ω・´)

    2.ウィザスケトラップの床を作る

    ウィザースケルトントラップを作る~湧き層の床編~
    ウィザースケルトントラップを作る~湧き層の床編~

    ウィザスケトラップを作る場所を決めます。

    十字路が2つ続いている場所がいいみたいですが
    Nanoはちょうど広い屋内があったので
    屋内を掘って広げて作りました。

    ウィザースケルトンはネザー要塞のネザーレンガ部分の
    上下3マス程度なら湧くみたいなので
    床と天井があって2階建てだと結構高さは自由です。

    欲張って4層構造にしてしまいましたが
    そもそも湧く数に限りがあるのにその必要はあったのか疑問です()

    ただ、ウィザスケ以外もいっぱい湧きますから
    ゾンビピッグマンが落とす金とか
    ブレイズが落とすブレイズロッドとか
    いろんな素材が集まってとても便利です。

    湧き層の床は意外と広い以外に特に大変なこともなく
    作る場所と要塞の立地次第では足元注意なくらいで
    結構簡単にできます(*‘ω‘ *)

    詳しくはこちらの記事で書きました。

    →「ウィザースケルトントラップを作る~湧き層の床編~

    3.湧き層の内部を作っていく

    ウィザースケルトントラップを作る~湧き層内部編~
    ウィザースケルトントラップを作る~湧き層内部編~

    壁とMOBを下に落とす部分を作りながら
    湧き層の1番上まで行ってガラスの天井を作ります。

    ここで大変なのは彩釉テラコッタがかなりの量必要なことでしょうか。
    全体を通してスライムブロックを多用しますので
    スライムトラップをまだ作っていない方は
    先にスライムの確保をしたほうがいいですね(*‘ω‘ *)

    スライムトラップはピースフルにできれば簡単に作れます。
    NanoはMOBを飼っている()のでピースフルにできず
    掘ってるより戦ってるほうが多かったくらい大変でしたが…。

    スライムトラップも2連チャンクなんて欲張らなくても
    全然溢れかえるのでこんなことはしなくていいよ?な例ですが
    スライムトラップタワーを作る
    2チャンクのスライムトラップタワー完成
    が参考になれば幸いです。

    彩釉テラコッタはメサでテラコッタを掘りまくって
    お好みの色に染めてからかまどで焼けば作れます。

    無限の資源!な骨からクラフトできる骨粉が白の染料なので
    白色の彩釉テラコッタが簡単に作れる気がいたします。

    骨集めはついでに色々集めるし経験値も美味しい天空TTがいいかな?
    天空トラップがあると骨粉だけでなく
    牧師に持っていく腐った肉とか
    エリトラ移動に必須のロケット花火の材料になる火薬とか
    色々と手に入り便利です。

    Nanoの作った天空トラップは経験値と放置と
    切り替えることのできるタイプなのですが
    これがとても便利でしたのでよろしければご覧になってください。
    天空トラップの改装

    湧き層の内部を作るのはそんなに難しくありません。
    下の層を作って上に行ったらもう下ではMOBが湧いてますので
    下には戻れないと思って挑むということだけは忘れてはいけないですね。

    詳しくはこちらの記事で書きました。

    →「ウィザースケルトントラップを作る~湧き層内部編~

    4.回路を作る

    ウィザースケルトントラップを作る~回路編~
    ウィザースケルトントラップを作る~回路編~

    ここが鬼門です( ゚д゚ )クワッ!!

    すごくややこしい上に
    湧き層の壁の外側にはMOBが湧ける場所がありますので
    ゾン豚ならまだいい方で…
    ブレイズなんかが湧いたりします(´-ω-`)

    こればっかりはどうしようもないので
    撃退しながらの作業になります。

    加えて足場の少ない高所作業になりますので
    下が溶岩の海だと本当に危険だと思います…。

    回路を作り終えてしまえば壁にMOBは湧かないので
    ここは気合で乗り切りましょう(;´∀`)

    レッドストーンを大量に使いますので
    予め用意しておく必要があります。
    …何かと材料が大変なんですよね。ウィザスケトラップ。。

    難しい回路部分をうまく説明することができなかったのですが
    なんとなく画像で察していただけると嬉しいです。

    詳しくはこちらの記事で書きました。

    →「ウィザースケルトントラップを作る~回路編~

    5.処理層を作る

    ウィザースケルトントラップを作る~処理層編~
    ウィザースケルトントラップを作る~処理層編~

    処理層はそんなに難しくないです。
    回路まで作り上げたならもう終わったも同然って感じですね。

    Nanoはエンダーマンに苦しめられたので
    落下死を防ぐための仕組みとか
    ピストンで瀕死にしたりというのをあえて省きまして
    処理層の高さを工夫してみました。

    ウィザースケルトンの身長は2.5マスと意外と長身で、
    スポーンするためには高さ3マスが必要です。
    これはエンダーマンがスポーンできる高さなんですね。

    ネザーでエンダーマンがスポーンするのは稀らしいですが
    Nanoの体感的には全然稀じゃないです( ゚д゚ )クワッ!!
    黒い足がいっぱい…ひゃっほーい♪
    と思ったらエンダーマンだったとかよくあるもんね(´-ω-`)

    レアってなんだろう…(´-ω-`)
    と思いつつ、最早いつものことなのでこうなりました。

    Nanoはガストに襲われない程度には埋め立て&湧き潰しをしてるので
    待機場所も特に囲ったりはせず開けた場所になってますが
    安全が確保できない場合は
    ガラスなどで待機場所を囲っておくといいと思います。

    処理層を作るのに気をつけるポイントは
    サボテンの横にガラスを置かないこと…
    くらいでしょうか。

    ガラスで囲っていく時に1マス注意する場所があるんですよね。
    うっかりガラスを置いてしまうと
    サボテンがアイテム化してしまいます。

    処理層を作り終わったらウィザスケトラップの完成です。
    大変お疲れ様でした。

    場所は間違ってないのにあまり湧かない…
    という場合は周囲の湧き潰しが足りないかもしれません。
    一番時間がかかるのが湧き潰しですが
    これをしっかりやればやるほど効率アップです(๑•̀ㅂ•́)و✧

    ウィザスケトラップはスポナーではないため、
    MOBの上限というものがどうしてもありまして
    長時間放置でわんさか貯めるということができません。

    ちょいちょい覗いてざっしゅざっしゅ倒して…
    とやっていると1日でウィザースケルトンの頭蓋骨1スタック(64個)
    なんて貯まってしまうくらい効率いいです。

    経験値もかなり美味しいので
    修繕に立ち寄るのもオススメです(๑•̀ㅂ•́)و✧

    骨やブレイズロッドもふんだんに手に入るので
    ブレイズトラップや天空トラップの出番がなくなりそうです(;´∀`)

    詳しくはこちらの記事で書きました。

    →「ウィザースケルトントラップを作る~処理層編~

    さいごに…

    いろんなところにウィザスケw
    いろんなところにウィザスケw

    ウィザースケルトンの頭蓋骨ってそんなに必要?
    というそもそも論がございますね。

    ウィザースケルトンの頭蓋骨はウィザーを召喚するのに必要です。
    ウィザーを倒すとネザースターがゲットできて
    ネザースターを使ってビーコンが作れます。

    ウィザスケの頭をそのまま装飾に使ってもいいですし、
    ビーコンは光源にもなりますので装飾に使ってもいいですね。
    (贅沢!!)

    Nanoはビーコンを大量に使う予定はないので
    主に装飾のために集めています。
    ビーコンを装飾に使ったりもしていますし(*´艸`*)

    作るのは本当に大変ですが、
    作ってしまえば本当に美味しいウィザスケトラップ。
    是非チャレンジしてみてください。


  • ウィザースケルトントラップを作る~回路編~

    前回に引き続きウィザスケトラップを作っていきます。

    ガストの湧かない安全なネザー
    ウィザスケトラップの湧き層の床作り
    ウィザスケトラップの湧き層内部
    までが前回までに書いた記事です。
    よろしければご覧ください。
    (ネザーの埋め立ては必須じゃないです)

    今回も作り方はオロオロKT様の
    【マイクラ】ウィザースケルトントラップの作り方 回路編#410
    を丸パクリで()作っております。
    ここまでで違うのは湧き層が1段増えてるだけです(;´∀`)

    湧き層の外側に回路作っていきますので空中作業になります。
    足元に注意ですね(;´∀`)

    彩釉テラコッタを追加
    彩釉テラコッタを追加

    ガラスじゃない方の壁にある出っ張ってる彩釉テラコッタに
    彩釉テラコッタを4マス追加します。
    両端とも4マス追加します。

    黒曜石
    黒曜石

    斜め横…ガラスの壁がある方向に黒曜石を1個置きます。
    黒曜石の上は湧き潰しにハーフブロックを敷きます。

    真ん中にハーフブロック
    真ん中にハーフブロック

    真ん中にもハーフブロックを置きます。
    狭くてSSが撮りにくかった…ごめんなさい><;
    3マスの穴の中央の場所です。

    これを全部の層、もう片側も作ります。

    2層目からは真ん中が3マス空いているので
    空いているところをガラスで塞ぎます。

    レッドストーン
    レッドストーン

    端から端までレッドストーンを敷いていきます。
    ハーフブロックのところ以外ですね。

    ここからがややこしい…。

    中央にスライム
    中央にスライム

    湧き層の一番下はスライムブロックで塞いであります。
    そのスライムブロックの中心にスライムブロックを2個置きます。
    スライムブロックが出っ張る形になります。

    ハーフブロック
    ハーフブロック

    スライムブロックに上付きでハーフブロックを付けます。

    スライムは撤去
    スライムは撤去

    ハーフブロックを付けたらスライムブロック2つは撤去します。
    穴を塞いでいるスライムブロックを壊さないように注意…。

    ブロック追加
    ブロック追加

    今置いたハーフブロックを中心に
    左右にブロックを3つ、斜め上に1つ置きます。

    回路を繋げる
    回路を繋げる

    ハーフブロックの上にレッドストーン、
    左右にリピーター、レッドストーン、リピーター、
    斜め上のブロックにレッドストーンを置きます。

    そうすると画像のようにぐるっと繋がります。
    暗視のポーションのぐるぐるは気にしないでください…orz

    これを全部の段、反対側も作ります。
    落下注意ですね…’`,、(‘∀`) ‘`,、(Nanoは落ちました)

    スライムとハーフブロック
    スライムとハーフブロック

    2層目以降のガラスで塞いだところ、
    ガラスの中央にスライムブロックを1個付けます。
    そのスライムブロックに上付きでハーフブロックをつけます。

    そのハーフブロックを中心に先程作ったのと同じようにブロックを置いて
    回路を作ります。
    (スライムは撤去します)

    …ややこしいですよねぇ(;´∀`)

    ハーフブロックから1マスあける
    ハーフブロックから1マスあける

    一番下に戻りまして、中央のハーフブロックの下に
    1マス空けてブロックを置きます。

    それを中心にブロックを…
    それを中心にブロックを…

    最早なんと説明したらいいか分からない形ですが…
    えっと…

    ハーフブロックの1つ下、外側に1つ出っ張る形でブロック、
    その1段下、横に2つブロック、
    奥の中央のブロックの横にブロックを1つです。

    うっ…
    作るのも難しいけど説明するのも難しい。。。

    回路
    回路

    このぐねぐねしたブロックの高い部分にレッドストーン、
    横にコンパレーターを置いて右クリック、
    隣に動作確認用のレバー、
    奥の2つのブロックにレッドストーンを置きます。

    スライム
    スライム

    この回路の出っ張ってるブロックにスライムブロックを付けて
    上にあと2つ積み上げます。

    幅がギリギリで分かりにくいですね…
    ごめんなさい(;´∀`)

    そのスライムブロックに上付きでハーフブロックを付けます。

    レッドストーン
    レッドストーン

    ハーフブロックの上にレッドストーンを置きます。

    彩釉テラコッタにハーフブロック
    彩釉テラコッタにハーフブロック

    すぐ上にある彩釉テラコッタに上付きでハーフブロックを付けます。
    このハーフブロックにもレッドストーンを置きます。

    中央のハーフブロックと0.5マスの段差になる形です。

    繋がってればOK
    繋がってればOK

    そこからまたスライムブロックを2個積み上げて
    そのスライムブロックに上付きでハーフブロックを付けます。
    そしてまたレッドストーンを置きます。

    下から上にレッドストーンが繋がっていくので
    画像のようにレッドストーンは線になります。
    この状態になってればOKです。

    上まで作る
    上まで作る

    こんな感じで上まで作っていきます。
    全部が繋がるように…。

    ややこしくて禿げそうです()

    これを反対側も作ります。
    反対側も…(´;ω;`)

    動作確認
    動作確認

    作り終わったら動作確認用のレバーをオンにして
    スライムブロックのバーがちゃんと動くか確認してください。
    スライムブロックのバーは端まで行って戻ってきてを繰り返します。

    ちゃんと動いてMOBが下に落とされていれば湧き層は完成です。
    大変お疲れ様でした(;´∀`)

    これから処理層を作っていきます。

    が…

    おそらくスタンダードな処理層と
    改造した(というか省いた?)処理層、
    どちらを載せるか…(。ŏ﹏ŏ)

    両方載せましょうか(;´∀`)

    というわけで次回は処理層編になります。
    後から改造しているのでそれも後から載せます(`・ω・´)


  • ウィザースケルトントラップを作る~湧き層内部編~

    前回ウィザスケトラップの湧き層の床を作りました。
    今回はその続きです。
    今回もオロオロKT様の
    【マイクラ】ウィザースケルトントラップ モンスターを落とす装置作り #409
    を参考に…いや、もう丸パクリで()作らせていただきました。

    一番下を塞ぐ
    一番下を塞ぐ

    せっかく壊したのに?って感じですが
    処理層に落とすための3マス幅の列をスライムブロックで塞ぎます。
    塞ぐのは一番下の段だけです。

    これから湧き層を完成させるわけですが、
    ここを塞いでおかないと上からどんどんMOBが降ってきますので
    塞いでおくことが必要なんですね。

    じゃあ壊さなくてよかったじゃん…
    とも思っちゃうところですが、
    最終的にこれを壊してMOBが落ちてくるようにするので
    隙間から急いで壊す必要があるんです。
    なので簡単に壊せるスライムブロックが大事なのです。

    <の形に不動ブロック
    <の形に不動ブロック

    スライムで塞いだ穴を - の形に見える方向から見て
    左側から作っています。(分かりづらいかも…)

    ハーフブロックとシーランタンの下がエメラルドの床になっています。
    この床の左上に1つ、その左上にもう1つ、右上にもう1つと
    < の形になるように不動ブロックを置きます。

    不動ブロックとはスライムにくっつかないブロックで
    彩釉テラコッタを使いましたが
    黒曜石などでも大丈夫です。

    集めるの大変だし、間違えて置いた時に壊すの大変だし、
    暗いところで黒いブロックは見えにくいし…
    オススメしませんw
    ちょっと手間ですが彩釉テラコッタが使いやすいと思います。

    端まで作る
    端まで作る

    これをずらっと端まで作ります。
    模様を揃えたい方は頑張ってください…()
    Nanoはトラップにそこまで愛を注げませんでした(;´∀`)

    反対側も
    反対側も

    反対側も同じように作ります。
    穴が-に見える方向から見て、
    両サイドが< >の形になります。

    ちなみに彩釉テラコッタはすんごい数使いますので
    結構頑張って焼いておいたほうがいいです(;´∀`)

    端に2個
    端に2個

    今度は塞がってない前後の壁を作ります。

    床の斜め上と天井になっているところの斜め下、
    <の壁の彩釉テラコッタの上下と同じ高さに
    1個ずつ彩釉テラコッタを置きます。

    角が空いていますが、空いていて正解です。

    反対側の端も同じように2個彩釉テラコッタを置きます。
    4隅に先にこれを置いておいたほうがわからなくなりにくいです。

    ガラスと彩釉テラコッタ
    ガラスと彩釉テラコッタ

    上下の彩釉テラコッタの横にガラスを、
    真ん中に彩釉テラコッタを置きます。

    ちょっとややこしいでしょうか…(;´∀`)

    ずらっと
    ずらっと

    ガラス・彩釉テラコッタ・ガラスを端までずらっと繋げます。

    うっかりガストが湧いても見つからない安心感を手に入れた気分です()

    反対側も全部
    反対側も全部

    反対側も同じように壁を作り1層目が屋内になりました。

    ここからはハーフブロックを取り除きながらの作業になります。
    途中で中断して離れる場合はここで一旦休憩しましょう。
    ハーフブロックを取り除いて離れるとすぐにMOBが湧きますので…。

    10マス目
    10マス目

    ガラスのある面の端から10マス目
    彩釉テラコッタを1つくっつけます。
    反対側から数えても10マス目になっているか確認してください。

    邪魔になるのでハーフブロックは取り除きます。
    ここからの作業はハーフブロックを取り除きながら進めます。

    穴まで伸ばす
    穴まで伸ばす

    今付けた彩釉テラコッタを穴のところまで伸ばします。
    床と同じ長さになります。

    この彩釉テラコッタのバーを反対側の湧き層にも作ります。

    粘着ピストンとスライム
    粘着ピストンとスライム

    彩釉テラコッタの壁の凹みに
    向かい合った粘着ピストン、
    スライムブロック、
    向かい合った粘着ピストン、と付けていきます。

    もう今歩いている1区画は全部
    湧き潰しのハーフブロックを撤去します。
    暗視のポーションの節約にぎりぎりまでシーランタン置いてますけども()

    スライムブロック
    スライムブロック

    スライムブロックにもう1個スライムブロックを付けます。

    隣にもスライムブロック
    隣にもスライムブロック

    その隣、穴のある側にスライムブロックを付けます。
    床の縁から2マス目の位置になります。

    彩釉テラコッタまで伸ばす
    彩釉テラコッタまで伸ばす

    そのスライムブロックから彩釉テラコッタまで
    1列スライムブロックを伸ばします。

    もう片方も
    もう片方も

    彩釉テラコッタを挟んで反対側も同じように作り
    スライムブロックのバーが床より1マス奥に1列ある形になります。

    穴を挟んで反対側も作りますが位置が変わりますので注意。

    2マス空けて
    2マス空けて

    反対側は床の縁から2マス空けて
    向かい合った粘着ピストン、
    スライムブロック、
    向かい合った粘着ピストン、と作ります。

    そしてスライムブロックにもう1個スライムブロックを付けます。

    穴側にスライム
    穴側にスライム

    今付けたスライムブロックの穴側の隣にスライムブロックをつけます。

    彩釉テラコッタまで
    彩釉テラコッタまで

    いよいよ暗くなったので暗視のポーションを飲みました。
    何度SS撮ってもぐるぐるが写っちゃって…ぐぬぬ…
    見づらくてすみません(´;ω;`)

    穴側のスライムブロックから彩釉テラコッタまで
    スライムブロックを1列伸ばします。

    スライムのバーが床の縁から4マス目の位置になります。

    彩釉テラコッタのバーを挟んで反対側も同じように作ります。

    1段目完成
    1段目完成

    これで湧き層の一番下が完成しました。

    これからどんどん上に登っていきますが
    登る時に付けたスライムブロックを壊す時に
    うっかり穴を塞いでいるスライムまで壊してしまった
    などということがないように気を付けてください(;´∀`)

    上も作る
    上も作る

    上に登って2層目も同じように作っていきます。

    彩釉テラコッタを<の形に置いて…

    同じようにぐるっと
    同じようにぐるっと

    凹みのある壁、ガラスのある壁を1層目と同じように作ります。

    作り方は同じなので省きますw

    尚、危険
    尚、危険

    2層目を作ってる間に下ではMOBが湧いております。
    ちょっと聞き慣れない波の音みたいなのも聞こえてきます。
    ウィザスケ…湧いてるようですねw

    というわけで、1段完成させたらもう下へは戻れないと思いましょう。
    落ちたら危険です(;´∀`)

    こんな感じで一番上の層まで作っていきます。
    Nanoの場合は要塞の構造上可能そうだったので4段にしましたが、
    十字路の上に作る場合は
    十字路の場所、下、上の3段になります。
    あんまり高くしても多分ウィザスケは湧かないっぽいです。

    一番は上は天井になるのでそこから解説しますね。

    一番上の層
    一番上の層

    ちょっと周りをうろうろしてもたついてる間にゾン豚湧いてますが…
    そこは気にしないでいただいて…(;´∀`)

    下の段と同じように壁を作っていくとこのような状態になります。

    中央に3マス幅の穴、
    両サイドに真ん中が彩釉テラコッタで仕切られた湧き層、
    彩釉テラコッタまで伸びるスライムブロックのバーですね。

    天井を作る
    天井を作る

    ガラスで天井を作ります。
    端までしっかり四角く覆います。

    また暗視のポーションのぐるぐるが写っちゃってますが…
    気にしないでいただけると…(;´∀`)

    これで湧き層の内部は完成です。
    お疲れ様でした。

    次はこの外側に回路を作っていきます。
    大変度はさらに上がります…。
    これも長くなるので次回書きますね(`・ω・´)

     


  • ガーディアントラップに簡単な自動仕分けを導入

    先日アリエナイとんでもミスをしてしまったことにより
    応答なしになったマイクラを何度か強制終了させ
    案の定エンティティを大量に消滅させてしまいました。

    とても痛かったのが無限チェストに貯め込んでいた
    資源入りチェスト付きトロッコがほぼ消滅したことでしょうか…。

    そんなわけで簡単に集まるものは補充しておこう!
    ということでガーディアントラップへプリズマリン系の補充にGo!

    イカも湧かせる仕様にしているにも関わらず
    かなりのハイペースでアイテムが貯まりますので
    そんなに放置していられないんですよね。
    ちょっとチェスト足りなかった…。

    この状態
    この状態

    右端に写っているチェストは
    クラフト済みのプリズマリン系ブロックを入れているチェストです。
    これはおいといて…。

    左側に写っているチェストはフグなどのレアアイテムのために
    手動で倒せるスペースを作っているので
    中央のチェストに繋がるホッパーとは別に
    左端だけこちらのチェストに向かってホッパーが接続されています。

    放置メインなのでこのチェストが満タンになって困ることはないので
    これもおいといて…。

    画像中央の3段になっているチェストがメインでございます。
    イカスミ含む放置で集まるアイテムが貯まっていくチェストです。

    3LCって…すぐいっぱいになるんですよね。
    全然足りなかったです。
    自動でクラフトできる仕組みがあればいいのになぁ(;´∀`)

    特にいらないのが生魚。
    最初はせっせと焼いていましたが、
    一生かかっても食べきれないよね…っていう量貯まってしまいまして。

    生魚を自動で捨てたい!

    というわけで面倒だなぁ…と思いながらも
    自動仕分けを作ることにいたしました。

    で…

    雨あられで降ってくるガーディアンの処理層を塞いで…
    とか大規模な工事はしたくありませんし
    難しい回路を作るのも面倒ですし
    回路スペースを広く確保するのも面倒ですし()

    というわけで今回はすごーく簡単な自動仕分けを作ってみました。

    参考にさせていただいたのは「役に立つと思っている」様の
    【マイクラ】仕分け機の作り方と仕組みを解説
    という記事です。
    いつものことですが元サイトの方がわかりやすいと思います(;´∀`)

    自動仕分けは以前から自動仕分け機能付き鶏肉製造機などで
    わりと簡単に作れるものを導入しておりましたが
    こっちのほうが簡単じゃん!と思い
    今回はもっとシンプルな自動仕分けになっております。

    ただし、満タンになっても壊れない高性能なものではありません。
    まぁ、直すのは簡単ですからいいかなって…(;´∀`)

    では早速作り方を。

    チェスト位置
    チェスト位置

    まずチェストの位置の目印にスライムブロックを置いてみました。

    現在のチェストに繋がっているホッパーをそのまま利用しますので
    ホッパーからそのまま自動仕分けのホッパーを繋げて
    並んでいるチェストにそれぞれ格納するようにいたします。

    上から作る
    上から作る

    自動仕分けに限らず、ギミック類って普通下から作りますよね。
    でも今回は既に最上段のホッパーがありますし
    高さを計算して下から順序よく…とか面倒なので()
    上から作っていくことにいたします。

    まずは既存のチェストを壊しまして
    作業スペースを随時掘りながら作っていきます。

    ホッパーを並べる
    ホッパーを並べる

    ホッパーは処理層とは逆方向に向かなければいけないので
    スライムブロックを置いて
    スライムブロックに向かってホッパーを繋げていくやり方で
    必要な分だけ1列にホッパーを追加していきます。

    仕分けるアイテムは

    1. プリズマリンの欠片
    2. プリズマリンクリスタル
    3. イカスミ
    4. 生魚
    5. その他

    でございます。
    …すみません、画像では1個足りないですが
    後から追加してます(;´∀`)

    その他というのは、
    手動でガーディアンを倒した時に
    フグや生鮭やクマノミなんかが結構飛び散りまして
    自動側のホッパーに入ることがあるので
    それも格納するためのものです。

    2段目は何もない方に向ける
    2段目は何もない方に向ける

    処理層からアイテムが流れてくる上の段のホッパーの下に
    仕分け用のホッパーの段を追加します。

    このホッパーの列は全て何もない方に向かって設置します。
    設置にはスライムブロックなどを置いて
    それに向かってホッパーを置いていきます。

    チェストを並べる
    チェストを並べる

    生魚は捨てるんじゃなかったっけ?
    というのは突っ込まないでください(;´∀`)
    既にアイテムがどんどん流れているので
    チェストを置いておいた方がやりやすいんです。。。

    ついでに1つ足りないですが後で気付いて追加しているので
    そこも気にしないでください…(;´∀`)

    2段めのホッパーの1段下にもう1段ホッパーを並べるので
    ホッパーの位置から1段下、1マス横

    各アイテムを収納するためのチェストを並べます。
    チェストとトラップチェストを交互に並べます。
    もちろんラージチェストで(`・ω・´)

    3段目
    3段目

    チェストに向かって上から3段目のホッパーを接続していきます。

    一番上の段はアイテムが流れてくるホッパーで、
    2段目のホッパーは仕分けのためのホッパーで、
    3段目のホッパーは収納のためのホッパーです。
    つまり仕分けのホッパーは2段目にある1列だけです。

    作業スペースの確保
    作業スペースの確保

    作業スペースのためにちょっと広めに掘りました。

    目印に置いたプリズマリンレンガは
    特に意味がないので気にしないでください(;´∀`)

    収納チェスト追加
    収納チェスト追加

    先程並べたチェストだけではとても足りないので
    収納用にラージチェストを2段追加いたしまして
    アイテムが入ってくるチェストの下にホッパーを
    追加したチェストに向かってそれぞれ接続していきます。

    ホッパーが縦に並んでいる場合
    それぞれがチェストに向かって繋がっていても
    下のチェストから順に埋まっていきますので
    画像のように設置した場合
    追加したチェストの下段、上段、最初の一番上のチェスト
    の順にアイテムが入ります。

    まぁ…ちょいちょい上のチェストにも入りますけど。
    そこは気にするほどではないかと。

    回路スペースの確保
    回路スペースの確保

    ここから簡単な回路を組みますので
    回路スペースを確保いたします。

    変なスペースがあるとMOBが湧きますので
    チェスト下はブロックで塞ぎます。

    ホッパーの下を1段開けて
    ここから回路スペースとわかりやすいように
    プリズマリンレンガを置いておきました。

    RSトーチ
    RSトーチ

    チェストとは反対側のホッパーの斜め下にブロックを置いて
    ホッパーの下にレッドストーントーチを置きます。

    リピーター
    リピーター

    レッドストーントーチを刺したブロックの後ろにリピーターを設置します。
    向きに注意。

    1段追加
    1段追加

    もう1段ブロックを追加します。
    レッドストーントーチが見えなくなる感じですね。
    上から3段目のホッパーの隣の位置になります。

    1列追加
    1列追加

    今置いたブロックに1列ブロックを追加します。

    斜め下にブロック
    斜め下にブロック

    その斜め下、リピーターの隣の位置にブロックを1列追加します。
    リピーターが見えなくなる感じですね。

    コンパレーター
    コンパレーター

    既にアイテムが流れているので点灯してたりしてなかったりしますが
    それは気にしないでください(;´∀`)

    何もない方に向いている2段めのホッパーの位置に
    1列コンパレーターを設置します。
    向きに注意。

    レッドストーン
    レッドストーン

    コンパレーターの隣の列と1段下になっている列に
    レッドストーンを敷いていきます。

    全部繋がって格子状になります。

    RSトーチは消灯
    RSトーチは消灯

    ここまで作るとレッドストーントーチは消灯します。
    消えていればOKです。

    仕分け
    仕分け

    2段めの仕分け用ホッパーに
    左に収納するアイテムを18個と
    その隣に関係ないアイテムを1個ずつ入れます。

    18個以上入れても勝手に流れて18個で止まりますので
    1スタック入れちゃって大丈夫です。

    その隣に1個ずつ入れるアイテムは
    この装置では流れてこない関係のないアイテムにします。
    1スタックが64個になるアイテムならなんでもいいので
    適当に手持ちのアイテムを入れてください。

    ちなみに上の方で書きましたが
    この自動仕分け機はどれかが満タンになると壊れます。
    ここで入れたアイテムはチェストに流れますが
    修理する時はまた同じように入れ直せばOKです。

    ざっくりだなぁ…(;´∀`)

    生魚を捨てようか
    生魚を捨てようか

    生魚を捨てるってことをしなければ仕分け自体はこれで完成です。
    お疲れ様でした。
    すごく簡単な自動仕分けだと思います。

    で…

    Nanoは生魚はいりません。
    というわけでがっつりチェストを並べちゃってますが
    この生魚チェストを壊して自動で捨てるようにいたします。

    が…

    ここでも手抜き発動w

    ドロッパー
    ドロッパー

    まず3段あるチェストと収納用ホッパーを壊しまして
    ホッパーから直接ドロッパーを下向きに設置します。

    ここで「え?」と思われた方は正解です()

    ちゃんと作るにはゴミ箱のような回路が必要です。
    入ってきた生魚を吐き出すための回路ですね。

    ですがこの後ろには既に回路がありますので
    干渉しないように作るにはホッパーをさらに下に追加して
    回路のスペースも追加して
    結構掘らなきゃだし面倒なんですよねぇ…(;´∀`)

    ついでにさっさと消滅してもらうためには
    サボテンを置いて生魚をぶつけて即消滅してもらうのが望ましいですね。
    でもそれも面倒なので省きまして()
    どうせブロックで塞いで拾っちゃえないので
    時間経過で消えてもらいます。

    …はい。手抜きです。

    生魚は吐き出される
    生魚は吐き出される

    回路どこいった…って感じですが
    実は後ろにある自動仕分けの回路が干渉しているので
    トーチのオンオフでドロッパーが作動しまして
    地味に生魚を吐き出してくれます。

    ただし、流れてくる生魚は一度にたくさん…なのに
    トーチのオンオフは1回ずつなので
    少しずつドロッパーに溜まっていきます()

    この収納量(ラージチェスト3つ分)ですと
    あまり長時間放置できないんですよね。
    すぐに満タンになってしまう。。。
    (イカが湧いても気にならないほど効率いいんです)

    なので生魚がドロッパーにいっぱいになってしまうより
    プリズマリンの欠片が満タンになる方が早いので
    細かいことは(・ε・)キニシナイ!!方向で
    このズボラな作りにしました。

    ちょこちょこ様子を見に来れるなら
    ドロッパーに溜まった生魚は手動で捨てるといいと思います。

    塞ぐ
    塞ぐ

    ゴミを拾ってしまわないように手前はブロックで塞ぎます。

    スライムチャンクがどこにあるのか調べるのが面倒だったので
    安全のために床部分はシーランタンにしてあります。
    グロウストーンでも大丈夫です。
    でもジャック・オ・ランタンはスライムが湧きますのでご注意ください。

    では(完成前に流れていたアイテムは一度整理して)
    ちゃんと仕分けられているか確認してみましょう。

    できてるできてる
    できてるできてる

    プリズマリンの欠片チェストの中身です。
    ちゃんと仕分けられていますね。

    同様に他のチェストも確認して
    ちゃんと仕分けられていればOKです。

    完成した自動仕分けの全体図をば。。。

    全体図
    全体図

    一番上のホッパーにアイテムが流れます。
    ホッパーは横を向いていますが
    下にホッパーがあると優先的に下に吸い込まれますので
    2段目の仕分け用ホッパーに吸い込まれます。

    この時2段めの仕分け用ホッパーには各アイテムが18個
    既にそれぞれのホッパーに入っていますので
    同じアイテムが吸い込まれます。
    プリズマリンの欠片ならプリズマリンの欠片だけ入ります。

    仕分け用ホッパーにアイテムが入ると18個を超えますので
    超えた分が3段目のホッパーに流れて
    そのままチェストに入るという仕組みです。

    回路部分
    回路部分

    繰り返しますが、どれかのチェストが満タンになると壊れます。
    長時間放置してうっかり溢れてしまった場合は
    2段めの仕分け用ホッパーに
    仕分けアイテム18個と関係ないアイテム1個ずつを入れ直せばOKです。

    そのメンテナンス用に横が通れると便利だなってことで
    自動仕分け機の横は通れるスペースを確保してありますw

    書き忘れましたが
    手動で倒すスペースを作っている場合
    生鮭やフグなどのレアアイテム用の”その他チェスト”を追加してあります。

    その他のアイテム用チェストは仕分けていないので
    仕分け用の2段めのホッパーには何も入れていません。

    チェック
    チェック

    放置しているだけではこのチェストには何も入らないので
    手動で倒す用スペースで少しガーディアンをやっつけてみて
    アイテムが入るかチェックしてみました。

    手動で倒す用スペースのところには
    専用のチェストが用意されてまして
    ここに入るのは飛び散った分だけなので
    そんなに量は入らないのですが
    ちゃんと生鮭が仕分けられておりました。

    というわけでズボラーによる手抜き自動仕分け機の完成でございます♪

    どうせ作るなら壊れない仕分け機作ろうよ…
    という声が聞こえてきそうな気がいたしますが(;´∀`)
    それはまたの機会に…
    機会があれば…あは、あは、あは…(;´∀`)


  • (ちょっと進化した?)簡単な自動釣り機

    以前本当に簡単に作れる自動釣り機の
    穴掘るだけ10分!のタイプのものと、
    もうちょっと見た目を…ってことで
    地上版にしたものを紹介しましたが…

    レッドストーンとか使ったタイプのって
    ちょっとハイテクっぽくてカッコイイよね(?)

    という謎心理から
    今回はレッドストーンを使うバージョンを作ってみました。

    調べてみると結構難しそうで…
    一番簡単そうなものをチョイスいたしまして…

    今回は役に立つと思っている様
    【マイクラ】簡単に作れる放置型自動釣り装置が目から鱗
    を参考にさせていただいて作ってみました(`・ω・´)

    ホントはこれでも足りない
    ホントはこれでも足りない

    まずはチェストを設置いたしまして
    チェストに向かってホッパーを接続します。

    ラージチェスト3つなんて
    まるっと一晩放置したら全然足りないんですが
    あんまり積み重ねるのも邪魔ですし
    無限チェストにすると全部取り出すのが大変なので
    溢れた分は消えるから良しってことにして3つほど。

    左右にブロック
    左右にブロック

    チェストを重ねたので少し高さがありますが
    一番上のホッパーの左右にブロックを置きます。

    ハーフブロック
    ハーフブロック

    チェストの上にハーフブロックを置きます。

    ハーフブロックならチェストはちゃんと開きます(๑•̀ㅂ•́)و✧

    手前にハーフブロック
    手前にハーフブロック

    ちょっと画像が見づらかったですね…ごめんなさい(;´∀`)

    チェストの手前に下付きハーフブロックを置きます。

    上下どちらのハーフブロックも下付きです。
    MOBが湧かない方ですね(`・ω・´)

    左右にブロックを追加
    左右にブロックを追加

    ホッパーの左右にあるブロックの1つ外側にブロックを追加します。

    スライムブロックとかで仮置きするといいです(๑•̀ㅂ•́)و✧
    別にこの状態に浮いている必要はないので
    普通に置きやすいように下にブロックを置いても大丈夫です。

    トリップワイヤーフック
    トリップワイヤーフック

    今追加したブロックにトリップワイヤーフックを付けます。

    後ろを伸ばす
    後ろを伸ばす

    ホッパーの左右にあるブロックと同じ高さで
    今度は後ろ側へブロックを2個ずつ追加します。

    後ろにブロック
    後ろにブロック

    ホッパーの真後ろの場所に高さ2マスでブロックを置きます。

    チェストの数が違う場合は高さが違うと思うので
    ホッパーより1段下になる形で調整してください。

    鉄のドア
    鉄のドア

    今置いたブロックの上に鉄のドアを設置します。

    ホッパーにドアがくっつく向きになるように注意してください。

    音符ブロック
    音符ブロック

    その後ろに音符ブロックを設置します。

    高さは一番上に揃うようにします。

    レッドストーン
    レッドストーン

    鉄のドアの横にレッドストーンを置きます。

    水を入れる
    水を入れる

    ホッパーの上に水を入れます。

    手前がハーフブロックなのでちょっとシュールな見た目にw

    上にブロック
    上にブロック

    鉄のドアの上にブロックを置きます。

    なんか画像が間違い探しみたいになってる気がします…。

    糸

    トリップワイヤーフックに糸を付けます。

    これで一応完成ですヽ(´ー`)ノ
    とっても簡単!

    投げる位置
    投げる位置

    では実際に釣ってみます(`・ω・´)

    立ち位置は低い方のハーフブロックの上です。
    少し後ろに下がる感じに立ったほうが投げやすいです。

    画像で丸をつけた水面ギリギリくらいの場所に投げます。
    右クリックしっぱなしで投げ直しになっちゃわない場所を探してください。
    以前作ったものよりはポイントがシビアでない気がします。

    釣果確認
    釣果確認

    ある程度釣れましたらチェストを確認してみます。

    入ってる入ってる( ̄ー ̄)

    で…

    これで完成でもいいのですが、
    音符ブロックなのでボンボンうるさいですよね…(;´∀`)

    カーペット
    カーペット

    ということで音符ブロックの上にカーペットを乗せます。

    これで音が出なくなります( ̄ー ̄)ニヤリ

    音符ブロックの意味…と思われた方もいらっしゃるでしょうが
    これでも動きますので問題ないです(キッパリ

    全体図
    全体図

    全体を横から見るとこんな感じになりました。
    立ち位置まで登れるように階段を付けました。
    海底に自動釣り機があるというのはちょっとシュールでした…。

    これでディスペンサーに使える弓とか
    なにげいいエンチャントの本とか
    あって困らない名札やトリップワイヤーフックとか
    水中呼吸のポーションに使うフグなどなどが…

    取り放題です!ヽ(´ー`)ノ

    何気に馬鹿にできない経験値が手に入りますので
    寝るときとかPCを使わない時に放置してみると
    かなーり便利だと思います(`・ω・´)

    右クリック押しっぱなしというのはちょっと固定が難しいので
    ゲームメニュー→設定→操作設定から
    アイテムの使用/ブロックの設置のところを
    右クリックから別のキーへ変更して
    セロテープなどで固定しやすいテンキーなどがいいと思いますが
    その辺でいい感じに…

    というのを前の記事では書きましたが、
    フリーソフトなどで連打ツールを使うというのが
    一番楽な方法だと思います(`・ω・´)

    色々なやり方があると思いますが
    自己責任でお願いします<(_ _)>

    ちょっといいエンチャントがあると保管して
    倉庫が大変なことになっております…。
    ついでに予備の弓を…なんてやってたら
    うっかり経験値を100くらい消費しておりました。

    でも放置で取り戻せる!(`・ω・´)

    魚が必要なくても是非作ってみてください(๑•̀ㅂ•́)و✧