同じような光景の記事が続いて
飽きてきた頃かと思いますがまだもう少し続きます。

今日は少し大きめの家が欲しいなと思いまして
”大きめの家”ということ以外
全く何も考えていないノープランな家を作ります。

実際にどのくらいのサイズになるか未定なので
一部屋ごとに作っていきます。

小さい家はワンルームでしたので
部屋がちゃんとある家にしようかなと。

ダイニングキッチン

壁と柱を決める
壁と柱を決める

そこからかよ!って感じですが
壁と柱を考えまして。

他の家に乾燥したコンブブロックを壁に使ってきたので
壁を樹皮を剥いだシラカバの原木に。
柱を乾燥したコンブブロックにしてみます。

土台は他の家と同様に苔むした石レンガで。

床

床を…うーん…
せっかく海の中なのでサンゴブロックを使いたくて
クダサンゴブロックにしようと思います。

…サンゴの名前、覚えられません(´-ω-`)
青いサンゴとかでいいですかね…(´-ω-`)

ダイニング
ダイニング

壁と床を足しながら窓辺に
ダークオークのトラップドアとシーピクルスを飾り、
角に本棚を置いてみて
骨粉をかけて海草を生やしました。

植木鉢が使えないと窓辺が悩ましいです(;´∀`)

テーブルにはシラカバのフェンスとトラップドア
椅子はクォーツの階段を使いました。

キッチン
キッチン

料理は冷めないうちに。
ということでキッチンを付けまして
キッチンの後ろは壁のほうが都合がいいので
これで家の奥行きが決まりました。

地上にキッチンを作るときは
レバーやトリップワイヤーフックなどで蛇口とか
棚にボタンとか
冷蔵庫に鉄のドアなどなどを使うのですが…

水中だとレッドストーン系のものは使えません
ドアを設置すると空気が入るので
冷蔵庫の前が不自然な空気!
となるので使えません。

タオルのつもりの旗も同様の理由で使えないので
キッチンはかなり簡素になりまして
キッチンと言い張る何かになってます(;´∀`)

額縁と看板は使えるので奥に棚を。

感圧板が使えないので厚みが気になりますが
かまどの上に調理台的な何かということで
松のトラップドアを乗せまして
かまどの表面はオーブンのつもりで
額縁にオレンジのガラス板を入れてます。

作業台は…まぁ…うん、ほら、まな板とか?(適当

クォーツの階段をくるっと設置して
広めのシンクを作りました。

蛇口がほしい…
思いつかない…orz

天井で実際には開かなくなるチェストは飾りです。
ダークオークのトラップドアを吊り棚にしました。

シンク横のダークオークの階段にシーピクルスは
ドラウンドの家にしないための光源です。
特に意味はない飾りです…(;´∀`)

壁を作る
壁を作る

さて、一部屋できましたので壁を…

がっつりブロックで作ってしまうと圧迫感があるので
パーティション的なものがいいかなと

とりあえずブロックを設置して
アカシアのトラップドア
をびっしり貼り付けまして…

ブロックを撤去
ブロックを撤去

ブロックを撤去して
アカシアのトラップドアだけにしました。

尚、この作業は床のサンゴが死ぬ前にささっと済ませるか
ブロックを設置するところだけサンゴを後から置く
などのサンゴが死なない気遣いが必要です(;´∀`)

スライムでやればよかった…(´-ω-`)
(死なせたため設置し直した)

これでダイニングキッチンの完成です。

バスルーム

お風呂場
お風呂場

お風呂場は見えちゃまずいので(;´∀`)
壁をしっかり作りまして
浴室なので床は磨かれた閃緑岩に変えました。

窓もすりガラスのつもりで白色のガラス板にいたしました。
見えちゃまずいので。見えちゃ…。

浴槽はクォーツの階段で。
浴槽の中にはこっそりシーピクルスを置いてます。
光源…光源…(;´∀`)

シャワーっぽいものが思い付かなくて…
クォーツの階段の椅子だけあります(;´∀`)

シャワーがあるはずの浴室の角が少し暗いですが
天井付近が明るさレベル8と
ぎりぎり湧かない明るさを確保しております。

正直バスルームは苦しい(´-ω-`)

トイレ

狭いトイレ
狭いトイレ

浴室の広さ的にトイレはまぁそうなるよねっていう
ものすごく狭いトイレです(;´∀`)

クォーツの階段とブロックでトイレなんですが
普段トイレの蓋に使う感圧板は使えません
水を流すためのボタンも同様に

トイレットペーパーもボタンを使うので…

ということですごく欠陥だらけのトイレでございます。

洗面台を作りたかったのですが
大釜を置くと不自然な空気が入るので
シラカバのトラップドアで囲って
最早何かわからない洗面台のはずのものは作りました。

観葉植物的な扱いで
シーピクルスと海草を…。
光源…光源…(必死

1階完成

1F
1F

1Fが完成いたしました。
2階建てにする予定です。

うん?
ということは何か足りないな?

そんなことには気付かなかったNanoは
2階を作り始めるんですけども。

ちゃんと部屋があるだけで
なんとなく家らしさがあるような気がいたします。

2階を作ってそれから…

2F
2F

もう家のサイズは決まったので
1階と同じように壁と柱を作りまして
窓はまだどこに作るか決めてないので
真ん中をすっぽり開けてある状態の2階です。

2階の床はシカツノサンゴブロックにしました。

なーまーえー!!(;´∀`)

1階の床が青いサンゴブロックだったので
2階は黄色のサンゴブロックにしました。

このほうがわかり易くないですかね…。

はい。
とんでも欠陥住宅ですね。
黄色のサンゴブロックを並べ終わってから気付きました。

ねぇ、どこから2階に登るの?

階段とかいう存在を忘れておりました(;´∀`)
もうスペースないし作り直すのは面倒だし…

水中だからね!
水中だからね!

1階の廊下の奥をソウルサンドとマグマブロックにして
気泡で上り下りという無理矢理な住宅になりました。

えーっと…
この町は海底に”沈んだ”ので
本来は地上にあったはずなんですよねぇ…。

ということはそもそもこの移動手段は使えないはず。
そもそも水中ではないはず。
サンゴとか装飾のものは見た目なのでいいとしても
機能的なものでこれは…

盛大な矛盾\(^o^)/

外からは見えないんだからいいよ
と、Nanoの悪い癖が出てこのままで行きます。
(´▽`*)アハハ …

寝室

広い寝室
広い寝室

特に置くものが思い付かなーい
ということでベッドを大きくしました()

羊毛を幅3マス使ってキングサイズのベッドですね( `・ω・´)

ベッドは宮付き(棚付き)の機能的なものです。
シーピクルスが置けます(そこ

ベッドサイドにジャック・オ・ランタンをダークオークのトラップアドアで目隠しした照明を設置。

あぁ…無駄に広い…どうしよう…。

とりあえず適当に壁を区切って窓を作りまして…。

オーディオとかデスクとか
オーディオとかデスクとか

オーディオ設備を…と
テレビ台にダークオークの階段、
スピーカーに音符グロック、
テレビは光源を兼ねてグロウストーンに絵画を、
上をダークオークのハーフブロックで覆って完成です。

テレビを見たり音楽聞いたりしながら
おやつ食べたりするかなと
テーブルと椅子を松で。

奥にはダークオークの階段とハーフブロックのデスクと椅子
本棚を置きまして書斎を兼ねております。
締切との戦いなので壁には時計が必須です。

って、何の仕事だろう(;´∀`)

移動中にうっかり気泡に巻き込まれないように
気泡の横にフェンスを設置しまして
フェンスの上にシーピクルスを。

多分これで明るさは大丈夫なはず…。

窓辺を飾って
窓辺を飾って

ベッド側は広々と………
特に何も置くものが思い付かなかったので(;´∀`)
広いスペースになっております。

窓辺にダークオークのトラップドアを設置して
シーピクルスと海草で装飾&明るさを確保して
2階の完成です。

屋根と外装

ドーマー付き屋根
ドーマー付き屋根

盛大な欠陥住宅は外から見ればわかりません()

石レンガとダークオークで屋根を作りまして
ドーマーと呼ばれる出窓的なやつを付けまして
屋根を作りました。

ドーマー部分は
石レンガ、石レンガの階段、石レンガと置きまして
左右に丸石の塀を、中央はアカシアのトラップドアです。
屋根部分を石レンガの階段で作って
ダークオークの階段で家の屋根と繋げます。

とにかく水中の明るさのための建築ですので
アカシアのトラップドアの奥に
グロウストーンを入れてます。

壁の装飾には頭を抱えました。

いつもの困ったときの葉っぱ!ツタ!花!
が全部使えないのです。

葉っぱは設置できますが
不自然な空気が入ります。

ツタと花、植木鉢などは使えません。

結局壁の空きスペースを埋めるのに
はしごと鉄格子を交互に付けるという
ちょっと地味な装飾になりました。

横

横から見るとこんな感じです。

他の小さい家に羊毛を使っているので
この少し大きい家にも同じく羊毛を使ってみました

オレンジにしましたけど、
こう家がそれぞれ違うアクセントカラーだと
カラフルでこれはこれで可愛いなと思ってたりします。

屋根を高くしたので
ドーマー部分はあまり上にスペースがなく
羊毛を使うと不自然になるので
ダークオークの階段で繋げたので
横から見ないとこのお家は色が見えないのですけどね。

海底に沈んだ町進捗

また1軒家が増え
海面に近い高さにもなりまして
町らしくなってきました。

海底に沈んだ町
海底に沈んだ町

まだまだ寂しい感じですが
少しずつ家が増えてきて
光の木も増やして
ほんのり町です。

家の屋根にももりもりシーピクルスを付けて…
これは最早フジツボ()

シーピクルスの消費量はかなりエグいです。
全自動シーピクルス増殖機を作ってよかったとしみじみ…。

グロウストーンの消費量もかなりなので
またネザーを掘るか聖職者からもらってくるか…
そろそろ補充しなくてはといったところです。

今回作ったちょっと大きい家の隣の空き地に
今度はちょっと違う建物を作ろうと思っております。

 

これからこのブログにどんな記事を書いていこうか
今後の方針を悩み中でございます。
読者アンケートを設置いたしましたので
是非ぽちっとご協力ください<(_ _)>

PCの方は右側のサイドバーに
スマホの方は下にございます。

このブログに期待する内容を教えてください。