トロッコアイテム化の仕組み

駅の中を作ってみました

まだ線路は完成してないんですが
空中鉄道のための空中駅の内装をちょいとやってみました。
狭いのでほんとにちょいとしかできないんですが。

まずは海底神殿側(ガーディアントラップ側)の駅。

ガーディアンTT拠点(駅)
ガーディアンTT拠点(駅)

こちらはガーディアントラップ拠点も兼ねた駅になっておりますので
ベッドも完備でございます。
シングルベッドなので宮付きだけだとちょっとかっこ悪い…
ということでサイドにもなんとなく階段ブロックを付けてみまして。
サイドボードと本棚も置きましてささやかな休憩室を兼ねております。

海を眺める
海を眺める

どこから眺めても海でございますので
上空からのオーシャンビューを楽しむためのベンチなどを作ってみました。

いつもとちょっと違うのがいいかなぁ…と
ベンチにはシート部分も背もたれもトラップドアにしてみました。
窓の外が見えやすいようにちょっと高めのベンチですね。

奥には定番の本棚を。
休憩には欠かせませんよね(๑•̀ㅂ•́)و✧
そしてテーブルと椅子も定番の階段ブロックとフェンスに…
今回は重量感厚板を使ってみました。
理由はないです(きっぱり
でもこれ、スペース的な問題で撤去・縮小することになるんですが…。

そして線路側には場所を分かりやすくするための地図を。
なんか飾りっ気がないのでボタンの花壇を作ってみたりして
小さいながらもくつろぎ空間ができた気がいたします。

問題は線路
問題は線路

できるだけ拠点に向かうのに近くから出発したい!
1マスでも近くから!
との思いで線路を部屋の端に作ったはいいものの、
トロッコをどう回収しようかなという悩みが発生いたしました。
最初から計画的に床を3マスくらいにしておけば
サボテンでアイテム化、回収ができたのですけどね。
床は1マスでして、砂を設置することができません。
完成してから床を増やしていく…しかも下から…というのは大変ですし
毎回ポコポコ殴ってアイテム化させるのも面倒です。

そんなわけでちょっと物騒なアイテム化手段を考えました(   ̄▽ ̄)ノ
とりあえずうっかり自分が乗って発動すると危険なので
フェンスで囲って見た目がアレなのでカーペットを乗せて目隠ししておきました。

トロッコアイテム化の仕組み
トロッコアイテム化の仕組み

トロッコは攻撃を受けるとアイテム化します。
サボテンにあたってアイテム化するのはそのせいですね。
矢だと2本以上当たるとアイテム化します
ということは…
ディスペンサーで矢を発射してトロッコに2本以上当たるようにすれば
サボテンを使わずともアイテム化させることが可能です。

そんなわけですっごく簡単な仕組みですが
トロッコが感圧板を踏むとディスペンサー2つから矢が発射され
矢に当たったトロッコがアイテム化するという方法にいたしました。

感圧板にディスペンサーを直結させてしまうと
作動するには作動するんですが速すぎるのかなんなのか
うまくアイテム化しませんでしたので
リピーターを挟んでみたらうまくいきました。
ちなみに画像ではリピーターを置いただけになっておりますが
この状態だと連射されることがありまして
そんなに撃たなくていいから!ってなりますので
遅延を最大にしておくとその問題も解決いたします。

ちょっと怖い
ちょっと怖い

ディスペンサーを置く位置は感圧板を挟んで両サイドでいいのですが
スペース的な問題で横と前から発射されるようにいたしました。
自分が乗ってるトロッコに向かって矢が飛んでくるとかわりと恐怖ですが
トロッコには矢が当たりますが自分には当たらないので大丈夫です。
そして発射された矢は自分が撃ったことになるので
高確率で回収できます。(たまに行方不明になります)
見た目は物騒ですが低コストで安全な仕組みでございます。

少し線路作る
少し線路作る

せっかく駅ができましたので少し線路を作ってみます。
海を渡るまでかなりブロックが必要になりそうですねぇ。
レールの土台にはガーディアントラップで有り余るほと手に入ったプリズマリンレンガを。
たまに(おそらく落雷で)レールが消えてることがあるので
そういう時は一度降りなければなりませんから
降りたら落下 Σ(゚Д゚)ガーンということを防ぐために周りをガラスで囲いました。
レールの上にはMOBがスポーンしませんが、
真っ暗よりは景色を楽しみたいので適当な間隔で有り余るシーランタンで光を。
ガラスは海底神殿の水抜きに使った大量の砂を焼いたので再利用です(   ̄▽ ̄)ノ

拠点側からも線路を作っていかないと交わる場所がわからなくなるので
地図を見ながら適当な場所まで線路を作って
今度は拠点に戻って拠点の駅から線路を作っていくという作業をしなくては…。
地味に面倒な作業になりそうですが
やることは単純ですのでちまちまと進めていこうと思います(*‘ω‘ *)


コメントは受け付けていません