ひたすら掘る

またもや砂を掘りに

海底神殿を囲えもしなかったので
今度こそ大量に砂を集めてこようともいます。

ひたすら掘る
ひたすら掘る

線路がつながっている砂漠の村方面を平らにしていこうと
掘って掘って…していたらもうすぐそこに砂漠の村が。
うへぇ…
まさかこんなに砂漠の整地をすることになるとは思いませんでした。
まぁ、平坦になるのはいいことですね。
パワードレールとレッドストーンブロックの節約にもなりますし。

すごいことになった
すごいことになった

砂で覆われてるのは上の方だけで、下に掘り進むと砂岩や石などが多くなります。
まぁ、これはこれで使いますし、
なによりでこぼこするより平らにしたいのでせっせと整地です。
拠点はすぐそこですし、目的の砂以外のものがいっぱいなったら
数に限りのあるシュルカーボックス温存のためにも一度戻りまして
石やら花崗岩やらを倉庫に入れて戻っての繰り返しです。

で…
ご覧ください。
この見事な平らっぷり!
いやぁ…自分でもよく頑張ったと思います。
なにせ広大な砂漠。
丘という丘を消し飛ばす勢いで掘りまくりました。

砂漠の恐怖
砂漠の恐怖

洞窟もりもりも砂漠と言えば付き物という気がいたします。
足元崩壊のおかげで大分埋まったところもあるのですが
それにしても大量の洞窟がこんにちはしております。
近付きたくない…。
できるだけこういう場所は避けて通りたいです…。
表面を平らにするのに少し降りたりしつつ作業を進めていたら
案の定洞窟の入口からスケさんに狙撃されました。
ぐぬぬ…
まだ匠じゃないだけマシですね’`,、(‘∀`) ‘`,、

もういいだろう…
もういいだろう…

今回はシュルカーボックス5つ分の砂を集めました。
海底神殿の周りを囲ったら内側を区切って水抜きをするので
安全な部分を壊して砂を回収しながらやるにしても
あまり少ないとなかなか面倒なことになりますし
なんとなくこれだけでは足りない気もいたしますが
砂漠と向き合うのも(精神的に)疲れてきましたし
シュルカーボックスの空きもそんなにないのでこれくらいでいいかな…。
足りなかったらまた…堀に戻るんですよねぇ…。
うぅ…さすがマイクラ一マゾいと噂の海底神殿です。
つ、つらい…(;´∀`)

今度は馬で
今度は馬で

荷物をシュルカーボックスに入れ、
インベの空いているところにも砂を詰め込み、
もう持てないっす…ってとこまで砂を持って
海上拠点まで連れて行かないのにラバの必要もないので
日頃日の目を見ることのなかったお馬さんで移動です。
お馬さんは馬鎧を装備できるのがいいですね。

と言っても攻撃されるようなこともない近距離(1キロくらい)ですし
うっかり渓谷に落ちなければそんな危ない場所もないわりと安全な陸路なので
馬鎧とか着せてみたかっただけっていう状態ですが。

そしてもお決まりのフェンスの中で待機してもらって
海上は氷渡りでダッシュして海上拠点まで。

完全に荷物置き場
完全に荷物置き場

海上拠点がホントにただの荷物置き場になっております。
水抜きが進めば海底の水抜きが終わった場所に荷物置き場を移動できるのですが
今はまだまったく水抜きなんて遠い状態なので
面倒ですがこの海上拠点との往復になります。

さて、このくらいで少しは作業ができる砂は集まっているでしょうか。
まだ水抜きの段階にさえ辿り着いていないのにすでにつらいです(;´∀`)


コメントは受け付けていません