• タグ別アーカイブ: 動物
  • オウムとヤマネコのリスポーン率を比較してみる

    当ブログに来てくださる方で
    オウムがなかなか見つからない方多いようでしたので
    そんなに大変だったっけ?と思い
    鳥小屋とは別にお城にもオウム部屋を作りたいことですし
    もう一度ジャングルまで行ってきました。

    結論から申し上げますと

    大変でした(@_@。

    まず、今回オウムを探す条件です。

    前回オウムを捕まえたジャングルであること。
    そのバイオームはほぼ全てくまなくと言っていいほど探索済みであること。
    前回見つけたオウムは(見落としはあるでしょうが)全部手懐けていること。
    ヤマネコはかなり見かけたのでほぼ捕まえていないこと。

    以上の条件下でオウムを探してみます。

    オウムの前にまずヤマネコについてですが、
    ヤマネコは比較的よく見かけまして、
    うろうろと歩き回っているので
    追いかけると逃げますし
    開けた場所でないとそっと近付くのが難しいという点があります。

    と、いうことは
    ヤマネコを見つけたらその付近を伐採して見晴らしのいい場所を作り
    そのポイントが見える場所で離れて待機していたほうが効率がいいです。

    Nanoは以前ヤマネコを捕まえに行ったときに
    偶然にもヤマネコがスポーンする瞬間を目撃いたしまして
    わりと開けた場所でもありましたので
    もしかして…とちょうどその場所が見える丘の上から張り込みました。
    すると同じ場所で(ゲーム内時間で)ほぼ1日毎にリスポーンしました。
    これはかなり高い確率でリスポーンしていると思われます。
    ちなみに3匹から4匹まとまってスポーンしていました。

    Nanoの経験上、バイオームから馬や羊や豚などを全部殺してしまい
    動物のいないバイオームにしてしまった場合
    もっといい馬がリスポーンしますように…と願って
    かなりの長期間待ってみても全くリスポーンいたしません。
    勿論草ブロックになっております。

    にも関わらずヤマネコはすごい確率でリスポーンしていることから
    スポーンするバイオームが決まっているレアっぽい動物は
    もしかしてリスポーンする確率が高いのでは?
    と思いましてオウムにも期待して探してみます。

    オウムの探し方ですが、
    ヤマネコと違いオウムは殆ど移動しない上に
    上下には移動するので
    葉っぱの上だったり下だったり水浴びしてたりと
    固定のポイントでは探しづらいので
    待つよりも歩き回ったほうが早いと思われます。

    まぁ…ジャングル全域をくまなく歩き回るとか
    そりゃ大変なわけですが…
    こればっかりは仕方ないので長期戦を覚悟で挑むことにいたします。

    まず、今回は
    ジャングルはすごく遠いので
    前回オウムを根こそぎ捕まえてしまってから
    時間が止まっていると思われますので
    ジャングルに到着してからリスポーンするまで
    しばらく時間はかかるであろうと思われます。
    少なくともヤマネコは1日でしたから、
    一晩を明かすくらいの時間は確実に必要かと思われます。

    ジャングル拠点の周辺はオウム実装前に地図が開いていた場所でしたので
    オウムがスポーンする未開拓のエリアまで
    結構な距離を移動しなければならないので
    あるき回りながら時間が経つのを待ちました。

    前回この辺にいたよなー…って場所を探し回りつつ
    ゲーム内時間で3日以上経ってもオウムは見つかりませんでした。
    えっ…なにこれつらい Σ(゚Д゚)ガーン

    ほんの僅か残されていた地図の開いていないエリア
    つまり前回行ってない場所に行きましたところ
    あっさりオウムさんに遭遇いたしました。

    オウム発見
    オウム発見

    やっぱりそれなりの数はスポーンしているようです。
    大体2羽くらいずつ見つけることが多いです。
    しかしどうにもこの日はリアルラックがなかったようで
    手懐けるまで種1スタックを消費するという…
    わりと苦行でございました(;´∀`)

    そんなこんなで、時間もかなり経過いたしましたので
    再び探索済みのエリアに戻り
    ひたすら探し回ります。

    いない…
    めっちゃいない…
    全然いない…

    ってか、ヤマネコだらけ!

    今回はヤマネコとのスポーン率の差を体感的にですが
    比較してみたかったので
    ヤマネコも見つけたら手懐けていきます。
    魚…たくさん使いました…。
    釣り…大変でした…(;´∀`)

    ひたすら歩き回って
    あ、ここさっきも来たよね
    っていう場所に戻ってしまっても
    ヤマネコはリスポーンしておりました。

    やはりヤマネコはリスポーン率が高いと思われます。
    しかも定点湧き???
    もし定点湧きであれば張り込みが一番効率いいということになりますね。

    そして肝心なオウムですが…
    もう何日過ぎただろう…
    もしかして馬や羊や豚のようにほぼリスポーンしないような確率なんじゃ…
    と心が折れかけていた頃

    やっと発見いたしましたヽ(´ー`)ノ

    2羽セット
    2羽セット

    川で水浴び中のオウム2羽セットです。
    この見つけやすい場所、赤という見つけやすい色、
    間違いありません、この子達はリスポーンです。
    こんな分かりやすいところで見落としということはないと思います。

    その後もとにかくひたすら歩き回り
    数日かけて木の上から、地面に降りてみたり、川を渡ったりしつつ
    ひたすらひたすら探し回りましたところ
    確かにリスポーンはしていました。

    そして探し出したオウムがこちら。

    13羽ゲット
    13羽ゲット

    オウムは2羽くらいセットで見つけることが多かったです。
    ヤマネコが3~4匹だったのに比べて少ないですね。
    ヤマネコは子猫でスポーンしていることもあったので
    全部はて懐けられませんでしたが
    オウムはそういえば子供のオウムって見なかったですねぇ…。
    繁殖できないオウムには子供というものはないのかもしれません。

    リスポーン率ですが、
    わりと広範囲に歩き回って探しにくいヤマネコよりも
    同じポイントに(上下移動はするけど)ずっといるオウムという
    探し方の差はあれど、
    これだけ長時間同じところを、
    このジャングルバイオームをくまなく歩き回ったのですから
    大幅な間違いはないかと思うのですが、
    あくまでNanoの体感としてですが

    ヤマネコに比べてオウムのリスポーン率は低い。
    そして一度にスポーンする数も少ない。

    ということがわかりました。
    あくまでNanoの体感です。
    Nanoはリアルラックがないという点も付け加えておきます…。

    と、いうわけで
    オウムが死んじゃったからまた捕まえてこよーっと
    という安易な気持ちで探すにはしんどすぎます。
    リスポーン率の低さや湧き数の少なさ、
    欲しい色がいるとは限らないことも含め、

    オウムは大事に飼育しましょう(真顔


  • ラマを捕まえに行ってウィッチの小屋も発見

    動物好きのNanoでございます。
    使いみちがない…愛せない…と思っても
    やはり動物はコンプしたかった!

    ということでラマを連れてこようと思います。
    確かあのへんにいっぱいいた…という場所はいくつか覚えてます。
    が…
    はっきりとした場所はわからなくて
    遠いことだけは分かるんですが
    結構無理な進み方をしないといけないし
    エリトラで飛んでいったとしても帰りは徒歩なので…
    なかなかハードな予感がいたします。

    意を決して出発です。
    リードはたくさん用意しました。
    多分切れるし。
    よく切れるし。

    ウィッチの小屋
    ウィッチの小屋

    道中の湿地でウィッチの小屋を発見いたしました(   ̄▽ ̄)ノ
    よく見るとちゃんとウィッチが小屋の横にいますね。
    もちろん安全なところから気付かれる前に弓でばしゅっとw

    小屋外観
    小屋外観

    怖い魔女は退治したので小屋を探索です。
    小さいながらもなかなかセンスのいいデザインですね。
    入り口登れないけど(;´∀`)
    ここはスライムブロックを足場にして登ります。
    さて中はどうなってるのかなっと。

    地味だった
    地味だった

    おじゃましまーすっと(   ̄▽ ̄)ノ
    中は大釜と作業台、後は植木鉢だけの模様…。
    地味っ!w
    大釜があるのに醸造台がないとか。
    ウィッチのポーションはどうやって作ってるんでしょうね。

    特にお宝があるわけでもなく
    これといって珍しいものもないのでさっさと先を急ぎます。

    で…
    なんと大失敗Σ(´д`ノ)ノ
    SS撮ってたつもりなのに撮れてませんでした(´;ω;`)
    多分F1押して余計なもの隠してからF2押したつもりが
    2を押していたんでしょうね(´-ω-`)
    よくやっちゃうんですよね…(´-ω-`)

    というわけで大失敗しました。ごめんなさい。

    でもなんとなくこの辺って思ってたところにラマさんはいまして
    無事に連れてくることができました。
    途中までは。

    テキストのみでホント申し訳ないのですが。。。
    ラマを懐かせると乗ることができます。
    が。
    乗ったところでサドルが装備できるわけでもなく
    ラマに乗って移動することはできません。

    リードを付けると近くのラマも寄ってきて
    律儀に整列してぞろぞろと付いてきます。
    これは懐いていなくても関係ないです。
    別の群れにも近寄ればそちらも駆け寄ってきて付いてきます。

    ラマのお行列ヽ(´ー`)ノ

    ラマにはチェストを装備させることができまして
    持てる個数(枠の数)は個体差があるのですが
    全部の子に荷物を持たせて一度に大量の荷物を運ぶことができます。
    所詮徒歩だけど…。

    先頭の子だけをひっぱっててくてく徒歩で拠点を目指します。
    ただねぇ…
    どうしても難しい場所があるんですよねぇ…。

    途中にそんなに広くない川がありまして
    最初の数匹は問題なく渡ってくれたのですが
    何故か途中でお行列中断。
    渡れた子達を待機させておいて川向うでウロウロしている子達を連れに…
    という作業を何度か繰り返しました。

    2番めの難所は覆われた森。
    スケさんに狙われてるしちらっと緑の不吉なものも見えたし
    さっさと倒しましたがまた湧いてしまうので
    早く通り過ぎたい覆われた森。
    ダークオークの木の枝の下は十分空いていますし
    ここもまた数匹は普通に付いてきたのですが…
    何故か通るのを拒否する子が(;´∀`)
    こちらの場合リードをその子に付けて引っ張っても
    力尽くでも通らない!
    しょうがなしに伐採したり。
    開けた場所で待機させておいた先頭組とやっと合流…
    と思いきや何故か連なることを拒否したり(´;ω;`)

    足元注意な場所では勝手に洞窟に落ちて登れなくなってたり
    溶岩池があればそのまま落ちて燃え尽きてたり
    自分の身も守れんのかい!!
    というストレスフルな家畜でございます(´-ω-`)

    いくら荷物がいっぱい運べると言っても所詮徒歩ですし
    大事な荷物が勝手に落ちたり溶岩に飲み込まれたり
    度々お行列が途絶えて四苦八苦したりでは
    まったく使い物になりません(´-ω-`)
    ある程度整地もされてそこそこ湧き潰しもされてるエリアに戻ってきても
    今度は線路を横断することを拒否し…。
    何故渡れないかな…。
    もうホント、まったく使い物になりません。

    まぁ…完全なるコレクションとして
    全部揃えたかったからという理由だけで連れてきたので
    使えない子でも問題ありませんε- (´ー`*)フッ

    拠点の街に到着いたしまして
    そういえば小屋とかそういうのを用意してなかったと気付きましたが
    とりあえずお行列の先頭を繋いでおけば勝手に何処かへは行かないのでいっかw

    コンプ即ち繁殖
    コンプ即ち繁殖

    早速ラマさんの繁殖です。
    別に増やす必要性もないのですが
    これですべての動物を繁殖させる挑戦が完了になるんですよね。

    2匹ずつクリア!
    2匹ずつクリア!

    二匹ずつの挑戦が完了しましたヽ(´ー`)ノ

    この繁殖させる生き物の中にはラバは含まれていないようです。
    用途のある家畜は既に揃ってたので
    二匹ずつの挑戦は簡単にクリアできました。

    やっつけの牧場
    やっつけの牧場

    場所を決めていなかったので仮置きって感じですが
    一応フェンスで囲っておきました。

    中にスライムブロックがあるのは
    この下にスポーンブロックがあるという目印なので
    なんか邪魔なんですがどこすわけにいかないのです(;´∀`)

    で、こちらのラマさん達、使わないとはいえ
    せっかくですから装備してみましょっか…

    カーペット着せてみた
    カーペット着せてみた

    ラマにはサドルは装備できませんが
    ただの飾りですがカーペットが装備できます。
    なんともカラフル。
    こうしていろんな色を揃えてみると可愛いですねぇ(ノ´∀`*)
    ちょっと愛着が湧いてきましたw

    実用性はさておき、せっかく苦労して連れてきたので
    そのうち小屋にするか牧場にするかはわかりませんが
    ちゃんとした場所に移動したいと思います(   ̄▽ ̄)ノ


  • お馬さん簡易ステータスチェック

    マイクラのアプデと共に使えなくなっていた
    HorseAttribs(ホースアトリブズ) – 馬のステータスを表示するMOD
    がないとなかなかお馬さん繁殖が捗らなくて
    どうしたもんか。。。
    と悩んだ結果、
    簡単にスピードとジャンプ力を計るステータスチェックを作りました。
    この馬はこっちの馬より速いとか
    その程度の目安として数値化するものです。

    全体図
    全体図

    感圧板を踏んで走ると一定時間でフェンスが閉まって
    閉まった場所の数字がその馬(ロバ・ラバ)の速度となります。
    助走が必要なので少し手前から走れる広さが必要です。
    あとは真っ直ぐ走るだけ。
    真っすぐ走っているつもりだけど数値が29だったり30だったり…とかあるので
    何度か計ることをオススメします(   ̄▽ ̄)ノ

    では作り方を。

    スタート地点
    スタート地点

    スタート地点となる場所にブロックを置いて上に看板を置いて
    分かりやすいように0と書いておきます。
    ここからスタートです。

    横を1マス空けて感圧板を設置します。
    馬は幅2マスなので片方でOKです。

    感圧板から横にレッドストーンを3つ、
    縦に11個設置します。
    この先にリピーターを繋げていきますがそれは後回しにして…。

    フェンスとレッドストーントーチ
    フェンスとレッドストーントーチ

    感圧板から10マス目にブロックを置いて
    横にフェンスを設置します。
    その横1マス空けてブロックを設置して
    フェンスに向かってレッドストーントーチを置きます。

    お馬さんに乗って数値を見やすいように左側の(フェンスのある方の)
    ブロックは2段にして、上に看板を設置して10と書いておきます。
    10より遅い馬はいないと思うので…。

    これを11、12、13…と繋げていって…

    つなげる
    つなげる

    ブロック2段、看板に数字、と繋げていきます。
    フェンスとレッドストーントーチも全部のマスに設置します。

    40
    40

    40まで作りました。
    大抵の馬は40まであれば大丈夫だと思います。
    コマンドで出したMAXステの馬だとフェンスが閉まる前に通過しちゃいますが
    そこまでのスピードの馬はまずいないでしょう…。
    通過できたらすっごい馬ってことですね(๑•̀ㅂ•́)و✧

    レッドストーン
    レッドストーン

    レッドストーントーチを置いたブロックの上に
    レッドストーンを敷いていきます。
    ずらっと一列。

    リピーター
    リピーター

    12のところからリピーターを6個設置して遅延を最大にします。
    リピーターの先にレッドストーンを4つ
    ブロックに向かってリピーターを1つ設置します。

    これでスピードメーターの完成ですヽ(´ー`)ノ

    走ってみる
    走ってみる

    助走をつけるために少し手前から
    真っ直ぐに走れるように位置調整してスタートです。

    閉まったところが速度
    閉まったところが速度

    暫く走るとフェンスがバタンと閉まるので
    止まったところの看板の数値がそのお馬さんの速さです。

    …この馬ちょっと遅いですね(;´∀`)

    ついでなのでジャンプ力のチェックも作っておきます。

    ジャンプ力テスト
    ジャンプ力テスト

    何マス飛べるかという単純なチェックです。
    無駄に彩釉テラコッタを使ってみました(ノ´∀`*)

    右から3マス、3.5マス、4マスです。
    3マスすら飛び越えられない馬はいらないとして…
    4マスを飛び越えられる馬は稀なので十分合格点として…
    3マス、3.5マス、4マスの3つでいいかなと。

    スペースを離すタイミングが上手く合わせられないこと多々なので
    ゲージ最大で飛べるか飛べないか何度か試す必要があります。
    Nanoはこういうの苦手でして(;´∀`)

    体力は馬に乗った時にハートで表示されてるのでいいとして
    これで速度とジャンプ力が計れるようになりました。

    足の速い馬を目指して繁殖を繰り返し
    足の速いロバを目指して繁殖を繰り返し
    足の速いラバを目指して繁殖を繰り返す日々が戻ってまいりました(`・ω・´)

    Nanoは速度命でございます。
    が。
    あまりにも体力がないと落下した時に不安なのでハート12個は欲しいですねぇ…。
    ジャンプ力も最低3マスは飛べないと崖登りとか木登りに不自由しますねぇ…。

    と、いうことで
    目指せ最高のラバ!!

    金の人参の消費がはかどります(@_@。

    蛇足
    蛇足

    お馬さんは馬鎧を着たままでも繁殖できます(   ̄▽ ̄)ノ

    。⌒ ヽ(´ー` )
    。⌒ ヽ(´ー` )

    そして先程の鈍足の白馬は川に捨てられましたとさ()


  • ネコのダンボールハウス

    鳥小屋犬小屋ときたら次はキャットハウスでございます(   ̄▽ ̄)ノ
    猫好き猫まみれの生活を送っているNanoにとっては
    猫といえばダンボール!という謎の思い込みがありまして…
    ダンボールハウスを作ろう!
    と思ったのですが…

    ダンボールに見える色合いのブロックって難しいですね。
    色合い的には木材の色合いかなと思うのですが
    木材で作ってしまうと木箱になってしまう(;´∀`)
    茶色のテラコッタとかもっと薄い色のものがあればいいのですけど
    白色のテラコッタだと白でもなければ茶でもない…肌色…ですし。
    悩みまくった末、結局ただのテラコッタにいたしました(ノ´∀`*)

    ダンボールハウス
    ダンボールハウス

    色が均一じゃない辺りとかダンボールに見えなくもないような…。
    そして今度はガムテープで悩みました。
    普通に茶色のよくあるガムテープってダンボールに色が似てますし
    濃くてもいいかなと茶色のテラコッタを使うとオシャレ感ゼロ………。
    と、いうわけでテープはスイカブロックにしてみました。
    たまにあるちょっと可愛いテープだと思い込めばきっとアリ…(;´∀`)

    で、ダンボールハウスだけだとダンボール感ゼロでして
    これはなんの豆腐ハウスだ…ってなったので
    横に小さいダンボールもセットで置いてみました。
    中には入れないただの飾りです(;´∀`)

    ダンボールハウスがやたらでかいのは
    中に色々置きたいものがあったからなんですよねぇ。
    ダンボールに付いてるロゴとかそんな感じのものを意識して
    茶色の彩釉テラコッタをちょっとだけ埋め込み。
    ちょうど2個置くと猫耳みたいに見えませんか?(ノ´∀`*)
    キャットハウスです!とささやかに主張してみますw

    ガラスではない窓
    ガラスではない窓

    正面はダンボールなのでドアを付けなかったのですが
    側面は窓辺が大好きなネコのために登れる窓を作ってみました。
    エンドロット初活用ですね。
    まさかこんなところで初登場するとは…(;´∀`)

    ただ、こちらの窓、大人の猫はお座りにしてなくても出られないんですが
    繁殖して子猫の状態だと出られるんです(;´∀`)
    繁殖させる時は入り口と窓をスライムで塞いでからですね(;´∀`)

    キャットタワー
    キャットタワー

    外見は質素なダンボールハウスですが
    内装はかなり豪華です。
    溢れる猫愛です。

    これが作りたくて無駄にキャットハウスを大きくしたんです。
    エンドロットにネザー水晶のハーフブロックという贅沢なキャットタワーです。
    猫に上下運動は大事ですからね(`・ω・´)

    エサ
    エサ

    キャットフード的なものが思い付かなかったので
    思い切って鶏を監禁してみました()
    え…生き餌…って感じですが(;´∀`)
    鶏はトロッコに乗せられているので動くことができません。
    ずっとバタバタしてますけど。
    トロッコをそのままだと見た目がアレなので
    周りを石のハーフブロックで目隠しです。

    ホントはお水も用意したかったのですが
    色々詰め込みすぎて場所がありませんでした(;´∀`)
    1マス高くなるのも1マス低くなるのもちょーっとねぇ…と。
    でも鶏の隣に大釜を置いてもいいなと今頃思い始めました。
    よし。改装しようw

    毎日が誕生日
    毎日が誕生日

    猫と人の憩い空間ということでテーブルとソファを。
    テーブルにはケーキ。
    ロウソクの代わりに(?)エンドロットを。
    毎日が誕生日でございます(   ̄▽ ̄)ノ
    これだけエンドロットがたくさんあると室内はかなり明るいです。

    お引っ越し
    お引っ越し

    そして倉庫で待機してもらっていた猫様にお引っ越ししていただきました。
    やはり窓辺が好きなようで
    入るなりささっと窓辺を占拠してる子達が…。
    キャットタワーには無理やり乗せました()
    うんうん。いい眺め(゚ー゚*)
    これからもうちょっと増やしたいですね。
    クマノミ釣らなきゃ…。(使いみちのない魚はネコ専用)

    完成
    完成

    完成したダンボールのキャットハウスはこんな感じです。
    斜めから見ると少しはダンボールに見えなくもないような?
    ダンボール感って難しい…。
    Nanoの限界を感じました(;´∀`)

    鳥小屋とか犬小屋と比べてネコだけ豪華だなとかいうツッコミはなしの方向で…(;´∀`)


  • 犬(オオカミ)小屋作りました

    昨日はオウムの鳥小屋を作ったので
    今日はわんこ(オオカミ)の犬小屋を作りたいと思います。

    犬小屋………

    犬小屋………

    実はNanoは犬を飼ったことがありません。
    アニメかなにかで出てくるような庭先にある小さいやつ…
    というイメージしかなく…(;´∀`)

    とりあえずNanoが入れないと繁殖などで困りますし
    そんなに増やすつもりもないので大きい小屋でなくていいし…

    2階建て
    2階建て

    というわけで2階建ての小さめの小屋にいたしました。
    ちょっと小さすぎたようで2Fに連れてくるのが大変だったり(;´∀`)

    でも出入り口をスライムブロックで塞いで出られないようにして
    小屋の中で繁殖できましたので最低限の広さは確保できたかなと。

    階段
    階段

    屋上への階段下はフェンスで簡素に。
    鳥小屋と同じサイズなのが間違いだったのか
    やはりコンパクト感は否めませんが
    まぁ、犬小屋だからいいよね!(ぇ

    本当はドッグランも作ろうかと思ったのですが
    それはただの原っぱじゃ…
    という創造力のなさから諦めました(;´∀`)

    そして気付く…

    オウムの隣にわんこ置いたらめっちゃうるさい!
    オウムがずっとワンワンいってる!!

    はい、近付きたくないエリアになってまいりました…(´-ω-`)

    でもNanoは動物好きなので全種コンプしますよ(ΦωΦ)フフフ…
    あ、コウモリは無理ですがw


  • 鳥小屋作りました

    とりあえず入れるところがないので倉庫に入っていてもらったオウムが
    激しくうるさいので()鳥小屋を作ることにいたしました。

    Nanoの放置場所が倉庫なので
    少し倉庫から離れた場所に作れば静かに過ごせます(   ̄▽ ̄)ノ

    鳥小屋
    鳥小屋

    鳥小屋というかオウム小屋です(ノ´∀`*)

    なんかいい感じの木が欲しいなとアカシアを植えましたら
    なんかいい感じに育ってくれましたのでそのまま活用。
    木の葉っぱの上にオウムを乗せるのが結構大変だったりして(;´∀`)
    位置調整で時間がかかりましたがオウムのいる木ができました。

    で、木だけだと落雷で死んでしまう可能性があるので
    少しは安全なところも作りたいなと小屋を作りました。

    木陰に合わせてめっちゃ小さいですが
    Nanoが入ってジャンプする(オウムを肩から降ろすため)ことはできます。
    小屋の上にもオウムさん。

    屋内
    屋内

    窓がガラスなのがどうも自然ではないですが
    不自然さを中和するために屋内にも葉っぱブロックを設置。
    中和…されたのか?(;´∀`)

    この葉っぱブロックの上にもオウムさんを乗せ………
    るのが大変でして(;´∀`)
    葉っぱブロックの上は高さが2マスしかないので
    Nanoがジャンプして肩から降ろすことができないんです。
    ドアを閉めて勝手に葉っぱの上に乗ってくれるの待ちだったわけですが
    なかなか思ったようにはいってくれないのが動物でございますw

    そして1羽しか捕まえられなかった白のオウムさんは安全のため屋内へ。
    他の色は複数いるのでまぁ…適当にw

    オウムさんの故郷のジャングルとは全く違う仕上がりですが
    この小さい鳥小屋セットはちょっとNanoのお気に入りだったりします(ノ´∀`*)


  • 馬小屋を作りました

    羊小屋に放り込んでおいたスケルトンホースが邪魔すぎて
    とりあえず村に入れておいてる馬が邪魔すぎて…
    いい加減馬小屋を作ることにいたしました。

    個室
    個室

    馬、ロバ、ラバ、スケルトンホースの個室を作っていくので
    結構大きいものになります。
    せっかくプルプァフルーツを手に入れたので
    プルプァブロックを使ってみたいと思います。
    土台と屋根だけプルプァブロックにしようかなっと。

    個室の広さはこんなもんでいいかなぁ…。
    ちょっと奥行きは倉庫拠点の馬小屋より広くしてみました。
    幅は…かなり建物が大きくなるので最低限の2マスで。

    光源にはジャック・オ・ランタンを埋め込んで
    かなり天井が高くなるので上の方は暗くなりますが
    MOBが湧かなければOKなので気にしないことにいたします(ノ´∀`*)

    横入り口
    横入り口

    表玄関ではないのですが入り口は横にも作ってます。
    土台と屋根をプルプァブロックにしたらなんか可愛い感じに…。
    壁面をお馬さんにしてみたんですが馬に見えるでしょうか。
    葉っぱブロックなんかも使ってほんのり自然にしてみました。
    ほんのり…。

    騎乗して通るには幅2マスが必要なので両開きのドアを、
    高さは2マスでも通れるのですが若干ビシッとダメージを受けたりするので
    ドアの上は0.5マス空けてあります。

    正面玄関
    正面玄関

    正面玄関は広くスペースを確保いたしまして
    屋根の形もちょっと変えてみました。
    実はこういう形を作るのは初めてでして
    大きさもあって結構大変でした(;´∀`)

    柱にダークオークを使っているので
    出入り口の上をどうしうようかな…と悩んだ結果
    なんとなくダークオークのラインを入れてみたり。
    画像だと分かりにくいかもですが
    玄関の前にはフェンスと葉っぱブロックで軒下?を作ってみました。
    額縁松明は最早定番ですね。

    スケルトンホース
    スケルトンホース

    特に使いみちのないスケルトンホースも一応保存したいので
    とりあえず入れておいた羊小屋から移動してもらいました。
    なんか…声が怖いです…。

    ロバ
    ロバ

    以前動物がリスポーンしない!と騒いでいましたが
    拠点に初期スポーン地点を移動してから
    バイオームの隅に馬とロバがスポーンしているのを発見いたしました。
    初期スポーンチャンク周辺というのは大事なんですね。
    あ、初期スポーン地点の変更は
    /setworldspawn
    コマンドでできます(๑•̀ㅂ•́)و✧

    で、まだお馬さんMODのアプデがないので
    ステータスを見れないんですよねぇ…。
    でも体感としてこの子めっちゃいい感じがいたします(`・ω・´)
    というわけで期待を込めて馬小屋へご案内(ノ´∀`*)

    馬

    こちらもリスポーンしたお馬さん。
    この子もまずまず優秀な予感がいたします。
    お馬さんMODのバージョンアップを期待して馬小屋で待機していただきましょう。

    牧場
    牧場

    繁殖用の牧場も作りました。
    まだ繁殖は先なので今は空き地ですが…。

    倉庫拠点になかなか優秀な馬がいますので
    その子達も種馬候補として連れてこようと思います。
    やっとお馬さんの設備が整ったので
    馬のステータスを表示するMODのアプデを待って
    また繁殖頑張ろうと思います(`・ω・´)


  • フェンス格納式ムーシュルーム牧場

    ムーシュルーム牧場を作ろうと思います。
    が…
    このほぼ観賞用のムーシュルームさん、
    小屋ではなくて見える状態にしたいとか
    ガラスケースのようなものじゃなくて牧場っぽくフェンスで
    落雷などでフェンスなくなって脱走してた!とかならないように
    でもちゃんと出入りはできるように!
    というわがままな条件がありまして。

    この条件をみたすのはネザーレンガフェンスしかないわけですが…
    ネザーレンガのフェンスゲートというものがないのですよね。
    うーん…(。ŏ﹏ŏ)

    そうだ!
    フェンスを地下に格納できるようにしよう(☆∀☆)
    でも難しいことはできない…。
    シンプルに、とにかく簡単に作ろう。

    というわけで作ってみました。

    ここに埋め込む
    ここに埋め込む

    レバーで地下にフェンスが地下に引っ込んで
    2マスのネザーレンガフェンスが引っ込んで
    中に入ったらまたレバーでネザーレンガフェンスを上がるようにいたします。

    回路のために掘る
    回路のために掘る

    回路を埋め込むためにちょいと掘ります。
    回路って言うほど大したものじゃないのですが(;´∀`)

    粘着ピストン
    粘着ピストン

    ネザーレンガフェンスをひっぱるための粘着ピストンを上向きに設置。
    ムーシュルームをお引っ越しなどで出入りさせることもあるかもなので
    出入り口は2マスにしました。
    1マスだと2匹が道を譲らずにつっかえて出られないことがあるんですよね。

    ネザーレンガフェンス
    ネザーレンガフェンス

    ネザーレンガフェンスを粘着ピストンの上に設置。
    粘着ピストンが伸びるとネザーレンガフェンスが地上に出るという寸法です。

    レッドストーン
    レッドストーン

    コンパクトにシンプルに、ということで
    レバー設置予定の場所から遠い方の粘着ピストンから
    レッドストーンをちょんちょん、
    レバー側に横にちょんちょん、
    レバーの真下までちょんと。

    レバー
    レバー

    レッドストーンの真上にレバーを設置。

    レバーオン
    レバーオン

    レバーオン!
    ガシャコンと粘着ピストンが伸びてネザーレンガフェンスが上がりました。
    粘着ピストン丸見えですが…(´-ω-`)
    そこは妥協するとして…(面倒だから)

    見えにくかった場所
    見えにくかった場所

    ちょっと見えにくかったでしょうか。
    レッドストーンはくるっとレバー真下まで置いているだけです。
    レバーの列は下を1マス掘っているので上の画像ではわかりにくかったですよね(;´∀`)

    反対側も作る
    反対側も作る

    片側だけでもフェンスの向こうのレバーをクリックできるんですが
    それだとちょっと不便なので反対側も作ります。
    全く同じ作り方です。

    動作確認
    動作確認

    フェンスの内側からも開け閉めできるか動作確認です。
    レバーオン!
    ガシャコンと。
    ちゃんとフェンスが上下いたしましたヽ(´ー`)ノ

    安全のための松明
    安全のための松明

    こんな場所にMOBが湧かれては気持ち悪いので松明を入れておきます。

    覆う
    覆う

    回路部分を草ブロックなどで何事もなかったように覆います(・ε・)
    石レンガの道路も元に戻してっと…。

    レバーオン!
    レバーオン!

    そしてレバーをオンにしてフェンスを閉めておきます。
    粘着ピストンが残念感を醸し出していますが気にしないこといたしまして…

    ジャック・オ・ランタン
    ジャック・オ・ランタン

    なんとなく牧場内に松明を置きたくなかったので
    地面にジャック・オ・ランタンを埋め込みました。

    カーペット
    カーペット

    オレンジというかカボチャ模様はちょっと目立つなぁ…と
    緑のカーペットで目隠しです。
    ………。
    色は完璧なんですがやはり凹凸が…(;´∀`)
    でもきっとムーシュルームでいっぱいになれば見えないはず!()

    牧場完成
    牧場完成

    ムーシュルーム牧場の完成ですヽ(´ー`)ノ
    出入り口以外を全部松明置いちゃうのはNanoのデフォですが
    そんなことしなくても粘着ピストンで出入り口は一目瞭然という…
    いや、気にしたら負けです(ぇ

    さて、いよいよ倉庫拠点からムーシュルームを連れてきます。
    ムーシュルーム島とネザー鉄道が繋がってるのは倉庫拠点でして
    倉庫拠点からこちらの拠点までのネザー通路は整備されていません。
    というか、ネザー要塞から少し外を歩くのと
    ちょっと通路にするには面倒な場所、しかも短距離なので
    安全な屋内の道を作っていないんですよね。
    なのでムーシュルーム島からネザー経由で拠点に連れてくるよりは
    倉庫拠点から地上の鉄道で連れてきたほうが安全なのです。

    まぁ、遠いんですけどねε- (´ー`*)フッ

    線路整備
    線路整備

    途中駅で止まってもらうと困るので一部レールを壊して迂回路線を作ります。

    砂漠の村には寄らない
    砂漠の村には寄らない

    こちらの鉄道は砂漠の村で乗り換えなのですが
    今回は一直線に拠点まで来てもらわないといけないので
    レールを一部壊して拠点行き線路と接続いたしまして…

    ふぁ?!
    ふぁ?!

    最後に拠点の駅を迂回して牧場まで線路を…と思ったら…
    線路なくなってるし(  Д ) ゚ ゚
    たまに線路なくなってるんですよね。
    なんででしょうね…。
    落雷でもあったのかな…。
    直しまして(;´∀`)

    お引っ越し
    お引っ越し

    ムーシュルームをトロッコに乗せましたら
    待機させておいた馬で追いかけます。
    エリトラだと速すぎて時間が止まってしまうのと
    自分もトロッコに乗るとムーシュルームのトロッコにぶつかって
    ハイパー逆走で倉庫拠点まで戻ってきてしまうので(;´∀`)
    馬がベストな気がいたします。
    これはシロクマを運んだ時に学びました(;´∀`)
    今回はトロッコの幅をはみ出してダメージを受けるようなことはないので
    安心して送り出せます(ΦωΦ)フフフ…

    もうすぐだよー
    もうすぐだよー

    海を超え石山を超え覆われた森とサバンナと砂漠を超えれば拠点です。
    もうすぐだよー。
    ムーシュルームがどこか哀愁漂う姿を見せております。
    気のせいです。

    到着
    到着

    牧場特着です。
    ネザーレンガフェンの上にはレールを敷けませんし
    フェンスは1マスよりも少し高いので
    フェンスを格納している状態でもここで止まるんですね。
    で、放っておくとゆるゆると逆走を始めますので(;´∀`)
    すかさずレールを壊しまして
    逆走できないようにいたします。

    小麦でホイホイ
    小麦でホイホイ

    トロッコをぽこぽこ殴ってアイテム化させましたら
    小麦を持ってムーシュルームを牧場内にホイホイします。
    地面から微妙に出っ張っているフェンスの上も普通に通ってくれます。
    いい子だね~(*‘ω‘ *)

    ガシャコンとフェンスを閉めておいてもう1匹を連れてきます。
    倉庫拠点に2匹待機させてあるのですよね。
    2匹いればあとは繁殖させるだけなので2匹でいいのです(   ̄▽ ̄)ノ

    いってらっしゃ~い
    いってらっしゃ~い

    さあお引っ越しですよ~。
    いってらっしゃ~い。
    と、また馬で追いかけまして。
    2匹を牧場にご案内いたしました(   ̄▽ ̄)ノ

    お引っ越し完了
    お引っ越し完了

    子供も産んでいただきまして新居は広くて気に入っていただけたでしょうか。
    お引っ越し完了です(๑•̀ㅂ•́)و✧
    これから少しずつ増やしていこうかと思います。
    観賞用ですけどねw
    無限キノコシチュー!ができますが
    スタックできないという致命的な欠点があるため実用的ではありません。

    ちょっと気持ち悪いキモカワイイ頭にキノコ生えてるムーシュルームさん
    ユニークな見た目がNanoのお気に入りです(ノ´∀`*)

    後日談↓

    増えた
    増えた

    いっぱい増やしたのでカーペットは目立たなくなりました。
    うじゃうじゃで見えないだけってのは言ってはダメですw
    粘着ピストンはやはり目立ちますね(;´∀`)


  • 【Minecraftでオウムを見つける】まとめ

    マイクラ オウムで検索してご来訪いただくことがとても多いので
    記事が無駄に長くて分かりにくいですよね…
    すみません…
    というわけでさらっとまとめ記事です。
    テキストのみでさらっとまとめますので詳細は
    Minecraft 1.12でオウムを探したり他追加要素を試してみる+ジャングルの寺院
    をご覧くださいm(_ _)m

    オウムを捕まえてこよう
    オウムを捕まえてこよう
    • オウムはジャングルバイオームにスポーンします。
      行ったことのあるジャングルでもスポーンしますが、
      地図の開いていないエリア(まだ行ってない場所)にしかスポーンしない気がします。
      くまなく探索済みのジャングルバイオームではスポーンしないと思いますので
      その場合は別のジャングルを開拓したほうがいいと思います。
    • オウムは木の上から探すと探しやすいです。
      ジャングルの木を伐採しながら進まなくても、
      ジャングルの木を登って葉っぱの上を歩きながら探すことができます。
      比較的低い位置の葉っぱの上で見かけることが多かったです。
      たまに川で水浴びしていることもあります。
      あまり高い位置にはいませんでした。
      スポーン確率は分かりませんが、ヤマネコより高く、牛とか豚よりは低いような気がします。
      単純に小さくて見つけづらいだけかもしれません。
      結構います。
      群れでスポーンするようで何羽かまとまっています。
    • オウムは種で手懐けることができます。
      一発成功することもあれば10個以上使うこともあります。
      その辺の草を刈れば現地調達可能ですので楽だと思います。
    • オウムは今のところ繁殖できません。
    • 懐いたオウムは右クリックでおすわり(待機)状態にできます。
    • 懐いたオウムは肩に乗ります。
      歩いてると勝手に乗ります。
      ジャンプすると勝手に乗ります。
      ジャンプまたは段差を降りると肩から降ります。
      降りてもまた肩に戻ってきたりします。
      インベントリを開いた時に見える自分の姿に肩に乗ったオウムも表示されます。
    • オウムにクッキーをあげてはいけません。
      死んでしまいます。。。
    • オウムは敵対MOBの声真似をします。
      ゾンビなどの敵対MOBの他に何故か懐いているオオカミの声真似もします。
      近くにいるととてもうるさいです…。
      わんわん言ってもにゃーとは言いません。(なんでだ…)
      声真似はすごくそっくりですが少しだけ本物より声が高いです。
      でも紛らわしいです。
    • tpコマンドでテレポートするとオウムも一緒にテレポートします。
      必ずしも一緒にテレポートするわけではないので、
      ついてこなかったら何度か繰り返す必要があるかもしれません。
      おすわりさせてあるオウムはテレポートしません。

    こんなもんでしょうか…。
    何かご質問あればコメくださいね(   ̄▽ ̄)ノ
    ※答えられるとは言ってない