待望の色付き

メサに行ってみる

まだ倉庫を建てていないので
地面にチェストを置きまくってなんとかしていましたが
もう限界…これ以上何か建てるには荷物を整理しないと…あうあう
となりまして
ずっと建築に木材ばかり使ってきたので
ちょっとカラフルなものを作ってみたくなりました。
色付き羊毛の量産はまでできておりませんので

そうだメサに行こう!
堅焼き粘土があるじゃないか!

ということでメサの場所を調べましたらそこそこの距離にございまして…
そこそこの…
直線では4キロ半くらいですので行けなくはない距離なのですが
広大な深海を挟んでおりまして
これは迂回するしかない…
ということで、迂回ルートでは何キロになるのか…
かなり遠いと思いますがラバをお供に行ってみようと思います。

村だ
村だ

地図を片手にサバンナを突っ切り順調に進んでおりますと
草原に村を発見いたしました。
これは保護するべきか?
ここはまた通るかもしれないぞ?
一応周囲の確認をいたしましたら…

溶岩の穴
溶岩の穴

縦穴…しかも溶岩…を発見してしまい…
いやーな予感がいたしますが村の中へ。

いい雰囲気
いい雰囲気

村自体はいい雰囲気でございます。
いい感じにオークの木が生えていて、なんか保護したくなる村でございます。
鍛冶屋はなかったけど…。

洞窟
洞窟

が!
村の中にまで洞窟がありまして
いやーな感じが漂っております。

縦穴も
縦穴も

少し入ってみますと早速縦穴に遭遇。
嫌いなんですよねぇ…縦穴…。

水と溶岩のコラボ
水と溶岩のコラボ

最も見たくない光景かもしれません…。
水と溶岩が高い場所から流れ込んでいます。
この先には進みたくないですが一応確認に…
そーっと溶岩にぶつからないように進んでみます。

深い
深い

どうやら先は長そうで、かなり深い予感。
こんな穴ぼこがいくつかありまして、
せっかくきれいな村ですが(場所も近くはないし)諦めることにいたします。
( ´Д`)ノ~バイバイ

ラマがいる
ラマがいる

ここからは山登りです。
タイガを超えなければなりません。
何度目かな…。
お。ラマがいますね。
動物コレクターとしてはお持ち帰りしたくなりますが
ラマは連れてきてもあまり使わないのですよねぇ…。
荷物を大量に運べるのは便利なんですが
乗って移動できるわけではないので
【所詮徒歩】!!
というわけで今は集めていないのです。

なんかいっぱいいる
なんかいっぱいいる

ラマって群れでスポーンしてますよね?
よく複数固まっているのを発見します。
今回のラマもなかなかに大量w
茶色も可愛いですね。

ヒマワリの草原
ヒマワリの草原

花の森はちょいちょい見かけていましたが(現在の拠点もそうだし)
ヒマワリの草原は初めて見ました。
ちゃんと太陽を向いているのが素晴らしい。
でも後ろから見ると残念な見た目なので飾るには注意が必要かと…。
貴重なのでいくつかお持ち帰り。

不自然に浮く島
不自然に浮く島

なんか遠くに不自然に浮いている島を発見。
ラピュタを作るほどの広さではなさそうですが
あんなところに別荘を建ててみたいです。
遠いから建てないけど()

ダークオークの森
ダークオークの森

アプデ前に来るんじゃなかったとしみじみ後悔したダークオークの森です。
もしメサに行こう!と思い立つのがもう少し遅かったら
新しく使いされる館を発見できたかもしれませんね。
(´;ω;`)ウッ…

走りやすい
走りやすい

でもこういった覆われた森は非常に移動しやすいです。
馬とかロバとかラバならね!
徒歩だと白いスナイパーが狙撃してくるでしょうが…。
木の上を走れる、多少の段差はジャンプできる、
うっかり1マスくらい葉っぱがなくなってても落ちない、
馬系の強みですね。
鉄道などの移動手段を整備してしまえば必要なくなるんですが
初めていく場所にはとても便利です。

難関
難関

この断崖絶壁を超えないといけないのですが…
足場がない…
リードで引っ張りながら泳ぐにはちょっと距離もありそうだし…
仕方ありませんので迂回しつつジャンプで無理矢理登りつつ
なんとかエクストリームヒルズ(だったと思う)脱出です。
天然の落下耐性が付いてるみたいな感じで
馬系は少々なら高い場所から落ちても落下ダメージを受けませんし
ビシィッ!っていっても殆どダメージ受けることなく進めたりするので
体力の少ない我が子でも結構あちこち飛び降りながら進んでます。

あ。村だ
あ。村だ

またもやヒマワリ平原がありまして、
意外とあるんだーと感心しておりましたら村を発見いたしました。
場所的に二度と来ないんじゃないかと思うような場所ですが
とりあえず中を拝見。
というか目的は鍛冶屋w

ありました!
ありました!

この村には鍛冶屋がありまして、チェストもありました!
いい物入ってるかなー?

ハズレ
ハズレ

なんか…非常に残念な感じの…
ハズレチェストでございました。

この村にはおそらくもう来ないでしょうし
拠点やその他Nanoの行動範囲からは離れすぎてて時間の止まる距離です。
というわけで特に保護せずスルーでw

メサだ!
メサだ!

待望のメサが見えました!
とりあえず渡る場所を考えましょうか(;´∀`)

広い
広い

めっちゃメサだ!
あんまりカラフルじゃないけどメサでございます。
しかも結構…いや、かなり広い。
マップを開けるためにも走り回ってみます。

お隣のダークオーク
お隣のダークオーク

メサには資源らしき資源がないので豊かな資源が近くにあると嬉しいですね。
切りにはいかないけど…。
って、こちらもダークオークの森じゃないですか…。
あぁ…なんであと数日待てなかったのか…。
アプデ後に来ても館は生成されないんだろうなぁ(´;ω;`)

お隣の崖
お隣の崖

こちら側は断崖絶壁…。
あまり登ろうとは思わないです(;´∀`)
でも羊とかいるし牛もいたし…
食料には困らないです(b´∀`)ネッ!

待望の色付き
待望の色付き

そうそう、これを期待してたのよ!
という色付き堅焼き粘土です。
黄色、白(肌色に見えるけど)、赤…と結構カラフルです。
特に白と赤は使いたいのでいっぱい掘ってこようと思います。

絶景かな
絶景かな

オレンジも茶色もありますね。
それにしても広い!
砂漠はわりと広大なところが多い気がしていましたが
こちらのメサは砂漠と同じかそれ以上に広いんじゃないかというほど。
これは彫り甲斐がありますなぁ( ̄ー ̄)ニヤリ

川を挟んでも
川を挟んでも

あちこち川で寸断されていますが広いメサ本当に遠くまで続いていまして
これだけ広ければもったいないとか思わずにどんどん掘れます。
素敵!

廃坑
廃坑

実はあちこちで目についていけど見ないことにしていた廃坑が
お隣の砂漠にまで生成されていました。
なんとなく地下で全部つながってるような巨大な廃坑だったりして…
という嫌な予感がいたします。
大抵そういう嫌な予感は的中しますので考えないことにします()

村だ
村だ

川沿いをぐるっと回っておりましたら川向うのサバンナに村を発見しました。
メサから近く、ここは作業中に時間が動いてしまうので
大至急保護に向かいます。

アカシアの村
アカシアの村

さすがサバンナ、建物がアカシアでできていて、
これはなんとも素敵!
Nanoはどうしてもオークやダークオーク、シラカバ辺りを使うことが多いので
こういった可愛いデザインは思いつきませんでした。
これは真似したい!
数を集めるのはわりと大変なアカシアの原木も贅沢にそのまま使われてますね。
綺麗だなぁ…。

さて、この村に鍛冶屋はあるかな?

チェストだー
チェストだー

鍛冶屋も木の部分はアカシアでなんだかおしゃれ。
チェストもありました。

素敵な中身
素敵な中身

なんとダイヤが入ってるじゃないですか!
鉄のツルハシは…堅焼き粘土を掘るのに使ってしまいましょう。
パンも…食べてしまいましょう。
鉄のブーツは…溶かしますw
こちらの村はチェストまで魅力的でございました。

急いで保護
急いで保護

さあ、ここからは時間との勝負です。
MOBに襲われないよう、村人が脱走しないよう、
村の周りをフェンスで囲います。
当分来ることはないので出入り口はなくていいです。
ラバでジャンプして出るので…。
Nanoはなんマスおきに松明置くとか考えるのが面倒なので
とりあえず全部びっしり松明置きますw
明るいに越したことはない…ってことで。

あとは村の中の湧き潰しをして、
村の家の中もモンスターハウスにならないように松明を付けていって
屋根から匠が降ってくるのも困るので屋根も湧き潰し…
という作業をいたしまして

夜です
夜です

夜になりまして、湧き潰しできていない場所の確認です。
結構うっかり見逃していた家とかあるんですよね。
夜だと確認が楽です。
盛大にMOBが湧くので昼間になっても燃えない系
(クリーパーとかクリーパーとかクリーパーとか)
に気を付けて移動しなければなりませんが
夜をスキップせずに一夜を明かします。

で、大丈夫そうですのでメサに戻りまして…。
まず、小さなメサ拠点を建てます。
小さくていいんです。
機能的に問題なくて場所がわかりやすければ…。

掘っ立て小屋だった
掘っ立て小屋だった

周りをどのくらいまで削るかわかりませんし、
一番低そうなところを選びました。
ちょっとスペースが狭かったので
正面から見るとなんか埋まってる感がありますが…。
手持ちのダークオークの原木1スタックと
ちょっと登ったところに生えてたオークを伐採して
ガラスは持ってきてなかったのでそこらの砂を焼いて
ちょうど牛がいたよねぇ…と革をゲットして…
はい、現地調達な間に合わせ感ハンパない拠点の完成です。

入り口
入り口

内側から見るとこんな感じの入り口です。
フェンスに繋いでおいても気付いたらリードが切れてる…
なんてことがよくあるので
ラバごと家に入れるようにしました。
なので扉は2枚必要で、高さは扉の高さの2マスでいいのですけど
なんかたまにビシッとダメージを受けますので
一応ハーフブロックで2.5マス確保いたしまして
目隠しを兼ねて表には額縁に入れた地図を貼ってあります。
額縁だとひっかからないんですよね。

ネザーゲートも入れちゃう
ネザーゲートも入れちゃう

メサには今後何度も来ることになると思いますので
何かしらの移動手段を考えなければなりません。
毎回ラバではとても時間がかかりすぎますし
迷子属性のNanoには地図があっても大変です(´-ω-`)

ネザー怖いし方向わからなくなるししんどいし…
4.5~5キロくらいなら上空に線路作っちゃおうかとも思ったのですが
天高くそびえる山というか崖がいくつかありまして
これはこれで面倒かも…と
一応ネザー鉄道も考慮してネザーゲートを作っておきました。
安全を考慮して屋内に!
ラバがうろうろして入ってしまうと困るのでリードで繋いでおきます。
リードが切れるほど長時間ここにいることはないでしょうし
採掘時はラバを連れて行くのでリードでも大丈夫だと思います。
…タブン

というわけで、早速ネザーに下見に行ってみましょう。

え?
え?

溶岩の海の上、足場ありません。
えええええ…
ちょっとこれは想定外でした。
この場所から道を作っていくのはあまりにもしんどいです…。
心が折れたところで悩みつつ帰還。

( ゚Д゚)ハァ?
( ゚Д゚)ハァ?

入った場所に戻れるかと思いきや、ここは………
ジャングル…ですよね?
確かに近くに…いや、地上では近いとは言えないようなきがするけど近くに…
ジャングルがありますが。
なぜ、こんなところに…。
ちゃんと足場のある戻れる場所にネザーゲートを作ったのに…。

とりあえずこんな場所では困るのでこのネザーゲートを壊します。
そしてわりと遠かったのですが拠点に戻りましてリベンジです。

クリエイティブ発動
クリエイティブ発動

まずこの黒曜石で生成されたわずかな足場を壊さなければなりませんので
ここはもうクリエイティブで壊すことにいたします。
いや、ホント(ヾノ・∀・`)ムリムリ

撤去
撤去

撤去しながら近くに陸地を探します。
探し………
ホント一面溶岩ですね…。
嫌過ぎる…。

ネザーゲート設置
ネザーゲート設置

近く…と言えるか不安な場所でしたが
一番近そうな陸地にネザーゲートを作りました。
これで帰れるといいのですが…。

( ゚Д゚)ハァ?
( ゚Д゚)ハァ?

またしてもジャングルでした。
しかも今度は葉っぱの上です…。
遠くにメサが見えるのが「メサから近いです」と主張してますが。
葉っぱの上はないでしょ…
いくらなんでもないでしょ…。
もう一度やり直したらうまくいきますかね…。
どうやら出口は決まった場所に生成されてないようですし。

気分的に嫌だけど…
気分的に嫌だけど…

葉っぱの上のネザーゲートを壊し、拠点に戻り、
再度ネザーに行き断崖絶壁下は溶岩の気分的に嫌なネザーゲートを…
祈る思いで一度壊して作り直します。

座標がかなり低い位置でネザー鉄道作るにしてもかなりしんどそう。
嫌だなぁ…なんでこうなったかなぁ…
と思いつつ周囲を軽く探索します。

岩盤…だと…
岩盤…だと…

穴が空いていたので覗いてみたら岩盤でした。
ネザーの岩盤って初めて見ました…。
そりゃぁ…溶岩の海ですよね…。
80マスくらい上に登る階段を作るのかと思うと気が遠くなります。

開けた場所
開けた場所

少し開けた場所があったので覗いていみると
見事に岩盤でした…。
なにここ嫌過ぎる(´-ω-`)

まぁ、こんな恐ろしい場所ですが足場があるだけマシでしょう。
今度こそ同じ場所へ帰れるでしょうか。

ただいま!
ただいま!

帰れました!
ネザーとの繋がりが一体どうなっているのか甚だ疑問ですが
無理矢理作った足場のあるネザーゲートで
なんとかネザーとの行き来に成功しました。
ただいま!ラバちゃん!
大変な道のりになりそうなのでネザー鉄道はまだ検討中ですが
これで選択しとしてネザーが残りました。
うーん…どうしよw

ついてきたw
ついてきたw

なんかお客様がついてきちゃいましたがw
いつも金をありがとう!ザシュッ!
というわけで金を強奪して一旦チェストへ。

掘るぞー!
掘るぞー!

堅焼き粘土を掘りに来たのに
掘るまでが随分長かった気がいたしますが
目的はあくまで堅焼き粘土でございます。
欲しい色だけ掘りたいところですが
変に穴が空いても、足場がない…となっても困りますので
上から削っていくことにいたしました。
色付きが欲しいけど色付きじゃない堅焼き粘土も染色できますしね。
ここにはない色にもできますから掘れるだけ掘っておきます。

メサ拠点にはしっかりエンダーチェストを設置いたしましたので
わりとお持ち帰りできるかなと。
もちろんラバにも持ってもらいます。

これで!
やっと!
倉庫が作れます!

というか、ホントは倉庫は後回しにしたかったのですが
区画整備大変だから端から順に…と思っていたのですが
もう荷物がどうにもならないものは仕方ないですからね。

行きに飛び降りて進んだということは
当然帰りはもっと苦労いたしましたが…
はい。計画性がないNanoでございます。
なんとか持ち帰ることができましたので
次は倉庫を建てようと思います。


コメントは受け付けていません