海底に光の木を生やしても
ドラウンド対策にはなりませんでしたが…

上り下りに不自由しない海暮らしは捨てがたいので
せっかくなら(危ないけど)海底に遺跡でも作りたいなと。

思っているのですが…

遺跡→住居跡がかろうじて分かる程度
というイメージが強いNanoは
どんな感じに作ろうか具体的に浮かばないのです(;´∀`)

で…

とりあえず家を建ててみて壊そう( `・ω・´) 

という乱暴な手段で1軒建ててみたのがこちら。

目次(クリックでジャンプ)

水中に家を建てると…

壊される予定の家
壊される予定の家

全自動コンブ収穫機でごっそり増えた
乾燥コンブブロックを壁に使用したお家です。

柱は樹皮を剥いだシラカバの原木を使ってます。

たまたま直前に羊の毛刈りをしていて
手持ちにあった青緑色の羊毛
屋根を作るときの補助ブロックにしたら

あれ?なんか可愛い…

なんて思ってしまってそのまま使いました。
スライムと違って撤去が面倒だったなんてことは…
な、ないですよ?(;´∀`)

屋根は真っ先に壊すことになるでしょうから
ドーマーとかそういう装飾はなしで()

沈んでついでに埋まっちゃった感じで
土台は苔むした石レンガですが
一部しか見えておりません。

階段ブロックを水中に使っても
不自然な空気が入らないのできれいですね。

あれー…
なんか気に入っちゃったなー…
壊したくないなー…()

内装

どこまで壊すか考えてないので
とりあえず内装も作ってみました。

ちまっ
ちまっ

部屋をどうするか考えずに建てたので
内装がかなり詰まってる感溢れて
ぎゅうぎゅうですが(;´∀`)

水中にベッドを置くと
0.5マスの空気が入ってしまうので
ベッドは羊毛を使って大きくなりました()

本棚とソファーの横には照明にジャック・オ・ランタンを
ダークオークのトラップドアで頑張って隠したものを。

ジャック・オ・ランタン使い切れない…orz
貯めに貯めまくったカボチャが
全部くり抜かれたカボチャになったのは本当に痛いです…。

キッチン
キッチン

水中でも使えるものって多いんですね。

テーブルはシラカバのトラップドアで。

キッチンには松の木材に看板を付けて
額縁にハーフブロックを入れた戸棚
とか
作業台の上に額縁を置いて灰色のガラス板を入れて
シンクにあるなにか()など作ってみました。

レバーは設置できないので
(もったいないけど)コンジットをくっつけて
…ちょっと蛇口には見えないかな?(;´∀`)

家の中は水抜きしてないので
棚の上に骨粉をかけて海草を生やしたり
シーピクルスを置いたり

意外と水の中でもいろんなものが使える!

というのが今回作ってみての大きな収穫でした。
特に額縁が使えるとは知らなかったです。
額縁が使えればいろいろ困りませんね(*‘ω‘ *)

トイレ
トイレ

ボタンは設置できませんでしたので
どうやって水流すのかな…なトイレですw

大釜を設置すると不自然な空気が入るので
洗面台と言い張る感じで松のトラップドア
上の棚にシラカバのトラップドアを。

光源にシーピクルスを使ってます。

どんなトイレだ…(´-ω-`)

こう思いっきり水中のものを使うと
沈んだ遺跡というよりも
水中に暮らしてる人の家になってしまうような…
微妙な気持ちになりつつ(;´∀`)

避けられない空気
避けられない空気

ドアを設置するとやはり空気が気になりますね。

これは沈没船の船室にもあるからいいか…
ということでそのまま使いまして。

トイレは壁を樹皮を剥いだシラカバの原木にしました。
樹皮を剥ぐとシラカバだかオークだかわからない感。

ドアは仕方がないとして
水中で内装に使えるものも多く
コンジットが設置してあれば呼吸にも困らないので
普通に水中暮らしができそうです。

全体

ちょっと遠くから
ちょっと遠くから

ちょっと遠くから見てみるとこんな感じになりました。

巨木のつもりで作った光の木が
そんなに大きく見えないというのも発覚し
さて、これからどうしようか…

海底はまだまだ先送りになりそうです(;´∀`)

屋根の羊毛気に入っちゃったしなぁ…w

 

これからこのブログにどんな記事を書いていこうか
今後の方針を悩み中でございます。
読者アンケートを設置いたしましたので
是非ぽちっとご協力ください<(_ _)>

PCの方は右側のサイドバーに
スマホの方は下にございます。

このブログに期待する内容を教えてください。